綾小路亜也の「本に書かれていないビジネスの流儀」

(参考)いいハンコの選び方


---------------------------------------------------------------------
本に書かれていないビジネスの流儀         VOL00074 2018.04.17発行
----------------------------------http://ameblo.jp/mamoru-gijutsu/ --


■  (参考)いいハンコの選び方
---------------------------------------------------------------------
こんにちは。綾小路亜也です。今日は、新年度も始まったこともあり、いい機
会と思い、「いいハンコの選び方」についてお話しいたします。
あなたの心機一転に役立つかもしれません。


私は長い間、いいハンコとはどういうハンコかわからないでいました。
漠然と、象牙など価格が高い印材を使ったもの、書体に凝ったハンコがいいハ
ンコではないかと思っていました。


そこには、服や靴、ネクタイ、スカーフ、ベルト、財布、名刺入れなどを選ぶ
ときと違って、自分の気に入ったものを選ぶという感覚はありませんでした。


だから、ハンコの話は、全然楽しくないのです。


しかし、ちょっと物の見方を変えてください。
ハンコには、蒔絵がほどこされたハンコもあり、チタンに色をつけているハン
コもあるのです。


そんなハンコは持ってみたいと思えるハンコであり、用途別に使い分けたらい
いなとも思います。


ハンコも、自分に合ったもの、自分だけのものを選ぶ時代です。
ハンコの通販サイトなどを見ると、正直、目がチカチカして「もう十分」とい
う気持ちになってしまいますが、Amazonなどで、「きれいなハンコはな
いか」「ちょっとおしゃれなハンコはないか」という感覚で、ぜひ見てくださ
い。


そうして、選んだハンコは、あなただけのハンコとなります。
いいハンコとは、「自分が選んだ」と思えるハンコなのです。
もちろん、印材にこだわってもいいし、書体にこだわってもかまいません。
自分にしっくりくるという感覚で、ハンコを選んでもらいたいと思います。
 

自分にしっくりハンコを選ぶと、ハンコを大事に扱います。丁寧に押します。
このことが、あなたの印象アップにつながっていきます。


新しい年度がスタートしました。
いままで仕事があまり順調ではなかったという人は、ハンコを替えてみるのも
手かもしれません。



詳細記事はHPで公開しています。 
http://shinyuri-souken.com/?p=45484

アメブロでも、本日公開予定です。
 

 
編集後記


私はハンコの本も書いていますが、ハンコの話はどうも気乗りしないという人
が多いと思います。
ハンコの話は、いいハンコの選び方とハンコの押し方の話に集約できます。

次の機会に、印象がよくなるハンコの押し方について、お話いたします。


---------------------------------------------------------------------

◆新百合ヶ丘総合研究所の「こっそり差をつけたい」人のための本

・『ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!』
 https://goo.gl/PM8uyO

・『なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか』
 https://goo.gl/3wRVGZ

・『企業で働く 営業女子が輝く35のヒント』
 https://goo.gl/ogGaZp

・『印象アップに踏み切れない人が、ある日突然注目を浴びるハンコの押し方』
 https://goo.gl/2w9Lzs

・『サラリーマンの本質』
 https://goo.gl/jPDYQl

---------------------------------------------------------------------
株式会社 新百合丘総合研究所  綾小路亜也

http://shinyuri-souken.com/


ビジネスマン・ウーマンの生き抜く技術(ブログ)
http://ameblo.jp/mamoru-gijutsu/

Facebook
https://www.facebook.com/shinyurisouken

Twitter
https://twitter.com/ShinYuri88
---------------------------------------------------------------------
メルマガの解除は、お手数ですが、こちらからお願いいたします。

http://www.mag2.com/m/0001671070.html
---------------------------------------------------------------------

綾小路亜也の「本に書かれていないビジネスの流儀」

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 週刊
最新号 2018/09/21
部数 43部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

綾小路亜也の「本に書かれていないビジネスの流儀」

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 週刊
最新号 2018/09/21
部数 43部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング