加藤ていじゅ シタールLIVE情報♪

心林浴を終えて パート3

ニャオ〜最終章


ツアー最終日の2日間は、静岡県の山の中でハンモックに揺られながらシタールを聴くというイベントでした。

今年で3回目の出演でした。

最初の年は、音量の小さいシタールを屋外で生音演奏なんか無理、、

と思っていましたが、今回は余裕と自信を持って挑めました。


そんな余裕があったからか、鳥の鳴き声や風、木のざわめきなど自然の音と
いかに調和できるか、という目標を持って演奏しました。

演奏の合間には、自分自身でハンモックに揺られながら空を眺め、ボーッと感じる時間を
過ごしました。



ツアーを終えて帰宅した後の数日間で、ツアー前からなんとなくイメージしていた
「より自然な音の流れ」を奏でられる新しい演奏法にたどり着きました。

大地に根をしっかりと張ることによって、その上に伸びていく音はより自由に
大きく羽ばたくことができ、強く激しく揺らいでも途切れて飛んでいってしまうことがない。

自然から感じ取り、自分の性分とアジャストし、調和融合する。

自然体ってとこですかね^^



ちょっと日にちが空いたらとりとめのない文章にニャってしまった。

そして、来週は早くも北海道。

イサム・ノグチが遺したモエレ沼公園のガラスのピラミッド「HIDAMARI」
でのLiveです♪♪












加藤ていじゅ シタールLIVE情報♪

発行周期: ほぼ 月刊 最新号:  2018/11/07 部数:  32部

ついでに読みたい

加藤ていじゅ シタールLIVE情報♪

発行周期:  ほぼ 月刊 最新号:  2018/11/07 部数:  32部

他のメルマガを読む