夢を叶えるワンランクアップのフラワーアレンジメント

クリスマスのディナーとバラの花

*☆*:;;;:*☆**☆*:;;;:*☆**☆*:;;;:*☆**☆*:;;;:*☆**☆*:;;;:*☆**☆*:

あなたの夢を叶えるワンランクアップのフラワーアレンジレッスン
                               vol.1
*☆*:;;;:*☆**☆*:;;;:*☆**☆*:;;;:*☆**☆*:;;;:*☆**☆*:;;;:*☆**☆*:

こんにちは。
あなたの人生に火をつけるフラワーアーティストのTAMAKIです。
                          http://www.tamaki-flower.com/

このメルマガでは、思いを形にするワンランク上の花贈りや
花の演出方法などお伝えしていきます。


クリスマスの夜、ロマンティックに外食されるカップルもいらっしゃる事でしょう。
始めてのデートかもしれないし、長年連れ添ったご夫婦や、
そろそろプロポーズをと考えている方もいらっしゃるでしょう。

そんな場面でかっこよく花が登場したら、
あなたの印象はその美しい花と共に忘れられない思い出になります。

女性に贈る花ならば、やはりバラです。
愛と美の女神ビーナスの花と言われ、クレオパトラが愛した花でもあります。

お好みもあると思いますが、淡色で明るい色よりも
ワインレッドかパープル系などをお勧めします。
ロマンティックな色で女性に好まれるという事もありますが、
これは私の経験上、枯れてもなかなか色褪せないので、
なんだか捨てるのが惜しくてドライフラワーにしたくなるのです。
そしてずっとずっとその人との思い出が捨てられなくなる…という具合に。

渡すタイミングはディナーの終わった後。
又は、別れのタイミングが一番印象に残ります。
たった一輪のバラでも、丁寧にラッピングされ素敵なリボンが結んであったら
感動のハッピーエンディング!

花って、なくても生きていけるし、花好きでなかったら
さほど普段から興味を持たれない事でしょう。
でも、花が生活の中にあるだけで、自分のご機嫌をとることができて
心が癒え、幸福感が上がります。
目には見えない思いを形にしたフラワーギフトは相手の心にずっと残るもの。
だから、プレゼントされるよりもプレゼントする側の方こそ、幸福感を得られるのです。

こんなに良い事が沢山やってくるのに、こだわらないのはもったいないです!
これから少しずつ、普通の毎日が輝いて行くフラワーアレンジメントをお伝えして行きます。

みなさまの毎日が輝きを増しますように!

TAMAKI
☆。,・~~・,。★。,・~~・,。☆。,・~~・,。★。,・~~・,。☆。,・~~
◆サイト
http://www.tamaki-flower.com/
◆ブログ
http://ameblo.jp/tamakiflower/
◆LIMIA
http://limia.jp/user/tamakikumagai/
◆プロフィール
フラワーデザインを学ぶため渡仏。
1年後、フランス国立園芸協会検定取得。パリ市開催アートフローラルインターナショナルコンクールにて1位獲得。
2年の留学を終え帰国後、アトリエ兼フラワースクールTAMAKI設立。
プランタン銀座「クラブ・ド・マリアージュ」のブライダルフラワーデザイナーに就任。
ウェスティンホテル東京において、ブライダルフラワーデザイナー契約を結ぶなど、ホテルやレストランウェディングのブライダル装花を担当する。
いち早く、プリザーブドフラワーを取り入れ、 「TAMAKIプリザーブドフラワー展」を都内百貨店で開催。
後に爆発的な人気を誇るプリザーブドフラワーの普及に貢献した事により、生産国で あるコロンビア大使より感謝状を授与。
日本橋三越におけるフランス展で、TAMAKIブランド商品を展開、トーク&デモンスト レーションを行い、 テレビ東京「レディース4」に2回出演し、 数々のデモンストレーションを行う。
フジTV「ジャスト」出演。
NHKまる得マガジン「暮らしを彩るフラワーアレンジメント」に講師としてレギュ ラー出演。
テキストも同時発売され、メディアに度々取り上げられる。
花の専門誌では数々の作品を発 表し、「フローリスト」においては一年間の連載を担当。
マリ・クレールやエル・ア・ターブルなどの女性誌にも掲載され、 子供のファッション雑誌「キッズスタイル」にて、“TAMAKI Kid’s”を連載。
子どもと花のコラボイベント企画開催など、早くから花育を意識した活動を始める。
2013年、フラワー・エデュ協会を立ち上げ、花育活動を開始。
J:COMチャンネル「粋人」に出演。
枠にとらわれない、エンターテイメントフラワーの世界を広げている







このメルマガは現在休刊中です

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です