ジャーナリスト嶌信彦「時代を読む」

【嶌信彦】時代をよむ 締め付け厳しい習政権 ―政治から経済、文化、報道、海洋進出などまで

2019年 2月 8日 vol.288

=================================
締め付け厳しい習政権
―政治から経済、文化、報道、海洋進出などまで
==================================

 習近平政権の国内締め付けが、このところ急速に強まっている。米中貿易摩擦の激化で中国経済の成長が落ち込んできていることもあるが、習近平氏が「新時代中国の特色ある社会主義思想」を打ち出してから、習近平氏の語る方針の一つ一つが党の指導内容を決定するようになったためだ。指導内容に従わない党員は、昨年10月の規則で処分されることになったので規制が一段と厳しくなったという。

続きは、本日配信のメールマガジン「まぐまぐ」”虫の目、鳥の目、歴史の目”にてご覧ください。(初月無料)
https://www.mag2.com/m/0001678876.html

続きに掲載されている本記事の見出し
■世界経済のわしづかみ目指す一帯一路構想
■先端技術でアメリカと覇権争う
■部品や中間財ではまだ出遅れ?

◆お知らせ
・日曜(10日) TBSラジオ『嶌信彦 人生百景「志の人たち」』21:30
 ゲスト:中江有里氏(女優・作家)
 子どもの頃に両親が離婚、母子家庭で育った思春期についてや、脚本家になりたくて上京、親元を離れ一人暮らしを始めた頃のエピソードなどにつきお伺いいたします。
 http://nobuhiko-shima.hatenablog.com/entry/20190208

・【ウズベキスタン情報】東京タワー文化フェスタティバルIII 世界の文化を、東京で─世界×日本による芸術祭 開催のお知らせ
 世界に認知される東京タワーを拠点とし、世界と日本の文化交流、文化情報発信活動を通して、日本の文化発展を支援することを目的に実施される文化芸術イベントです。

 今回、ウズベキスタンの伝統楽器と日本の伝統楽器「箏」とのコラボレーションや立正大学 安田治樹教授による「ウズベキスタン─バクトリア美術」と題した講演、展示などが予定されています。

 開催日時:2019年3月2日(土)11:00-19:30
 場所:東京タワーホール(東京タワーフットタウン地下1階)
 入場料:無料(ただし、音楽部門の座席は2500円と有料になります。立見は無料)
 詳細は以下を参照下さい。
 http://nobuhiko-shima.hatenablog.com/entry/201902041

==================================

嶌信彦オフィシャルサイト   http://www.nobuhiko-shima.com/

「日本兵捕虜はシルクロードにオペラハウスを建てた」特設サイト
http://navoi.nobuhiko-shima.com

嶌信彦公式ツイッター https://twitter.com/shima_nobuhiko

嶌信彦公式Facebook    https://www.facebook.com/nobuhiko.shima.1

NPO法人日本ウズベキスタン協会サイト http://www.japan-uzbek.org/

==================================

ついでに読みたい

ジャーナリスト嶌信彦「時代を読む」

発行周期:  ほぼ 平日刊 最新号:  2019/03/18 部数:  1,691部

他のメルマガを読む