ジャーナリスト嶌信彦「時代を読む」

【嶌信彦】時代をよむ EVによる自動車革命


カテゴリー: 2018年07月02日
2018年 7月 2日 vol.243

=================================
EVによる自動車革命
==================================

 電機メーカーのパナソニックが電機自動車(EV)分野に参入することになった。パナソニック(旧松下電器産業)といえば、戦前から家電製品を手掛け、電機業界の雄にのし上がってきた企業だ。戦前の二股ソケットの開発から始まり、戦後はラジオ、電気洗濯機、トースター、電気釜、掃除機、テレビなど家庭生活を便利で豊かにする商品群を次々と開発し、東芝や日立製作所と並び電機業界をリードしてきた。

 電機業界と並んで戦後の産業を引っ張ってきたのは、自動車業界だった。日本の産業、家庭生活はまさに電機製品と自動車が中心にあった。その電機産業のリーダー役だったパナソニックが、自動車産業へ参入することになったわけだ。今後は他の電機メーカーも参入する可能性があるので、これからは自動車産業と電機産業が一体化する時代がやってくることになろう。

 自動車についていえば、日本はまだ圧倒的にガソリン自動車が主流で一気にEVに大転換する気配はない。しかし世界は着々とEVへと動いており自動車産業に革命的変化を起こすのではないかとみられている。ガソリン車からEVへの転換を表明しているのは欧州と中国だ。英国とフランスは2040年までにディーゼル車やガソリン車の新車販売を禁止すると公表している。もっと熱心なのが中国である。

 中国は大気汚染がひどく、国民の健康に大きな被害を与えているため、国内の環境対策から二酸化炭素(CO2)を排出するガソリン車の規制を打ち出し、昨年天津で開いた自動車産業フォーラムで、規制のロードマップ(行程表)を作ると発表している。当面は新エネルギー車に力を入れ、16年に50万台だった新エネルギー車を25年には700万台にしたいとしている。

 中国の自動車販売は16年で2800万台。アメリカの1.6倍、日本の5.6倍にあたり、いまや世界一の自動車王国なのだ。その中国が公害規制に本格的に乗り出しCO2を出すガソリン車、ディーゼル車を廃止の方向にもっていこうとしているのである。いわば世界の大市場が方向転換し、ルールを変えたようなもので、今後中国で車を売りたいメーカーは中国のルールに従わざるを得なくなってきたといえる。

 ガソリン車の部品は1台あたり3万~4万点といわれるほど膨大だが、EVになると部品点数は約半分に減るといわれ、車の形や構造も一変しそうだ。当然部品メーカーの集約やリストラも起こってくるから一大革命になる可能性がある。またEVに最重要な柱は車を動かす電池となる。ここに電機メーカーが自動車に参入する機会が出てきたのだ。従来のガソリンスタンドも電気を急速充電したり、取り換え用の電池を供給する場に変わってくるだろう。

 16年の世界の自動車販売台数は9311万台で、ガソリン車が76%、ディーゼル車が20%を占めており、EVがまだ0.5%しかない。しかし25年になると販売台数1億1034万台の予測の中でガソリン車は54%まで落ち込み、ガソリンと電気を使うハイブリッド車が23%(ただしハイブリッドはEVとみなされていない)、EVは3.4%に伸びるという。中国の自動車販売は世界一で、今後の車市場の動向は中国が握っているといえる。日本のメーカーも中国の動向を見ながら車づくりを行わなければならない時代にきたのだ。
【電気新聞 2018年6月27日】

◆お知らせ
・昨日 TBSラジオ『嶌信彦 人生百景「志の人たち」』音源掲載
 ゲスト:お化け屋敷プロデューサーの五味弘文様
 これまでの納涼お化け屋敷のイメージから一新、25年余りにわたって予想外の恐怖を演出、大勢を絶叫させてきたお化け屋敷のプロフェッショナルに、最新のお化け屋敷事情などについてお伺いしました。来週水曜正午までの期間限定配信です。
 
 次回(7/8)も、引き続き五味様をゲストにお招きし、日本で唯一「お化け屋敷プロデューサー」を名乗るようになったきっかけや、最新の音響や映像技術も取り入れながら 人間が演じる「生身のお化け」にもこだわり、背筋も凍る怪奇の館を創り続ける人生観などにつきお伺いする予定です。
 http://nobuhiko-shima.hatenablog.com/entry/20180702

==================================
嶌信彦オフィシャルサイト   http://www.nobuhiko-shima.com/

「日本兵捕虜はシルクロードにオペラハウスを建てた」特設サイト
http://navoi.nobuhiko-shima.com

嶌信彦公式ツイッター https://twitter.com/shima_nobuhiko

嶌信彦公式Facebook    https://www.facebook.com/nobuhiko.shima.1

NPO法人日本ウズベキスタン協会サイト http://homepage2.nifty.com/silkroad-uzbek/
==================================

ジャーナリスト嶌信彦「時代を読む」

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 平日刊
最新号 2018/07/13
部数 1,621部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

ジャーナリスト嶌信彦「時代を読む」

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 平日刊
最新号 2018/07/13
部数 1,621部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング