ジャーナリスト嶌信彦「時代を読む」

再送【嶌信彦】時代をよむ 「虫の目、鳥の目、歴史の目 その1」 南北、米朝対話は本当に動き出すか


カテゴリー: 2018年03月14日
2018年 3月 14日 vol.217【タイトル変更再送】

昨日配信いたしましたvol.217「南北、米朝対話は本当に動き出すか――カヤの外に置かれる日本――」のタイトルを本日配信の内容との関連性が大きいことから「虫の目、鳥の目、歴史の目シリーズ」としてタイトルに追加いたします。内容は同じですが、念のため改めて再送いたしますのでご了承いただけると幸いです。

=================================
「虫の目、鳥の目、歴史の目 その1」
南北、米朝対話は本当に動き出すか
――カヤの外に置かれる日本――
==================================

 朝鮮半島情勢が一気に動き出し始めた。まず3月6日、韓国大統領府は、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が4月末に南北の境界線のある板門店で韓国の文在寅大統領と首脳会談を開くことで合意したと発表。
さらに(1)首脳間にホットラインを設置し、首脳間の首脳会談前に電話協議する(2)北朝鮮が対話の継続中は核、ミサイル実験をしない(3)北朝鮮が非核化問題を話合うため、米国と協議する用意があると表明(4)米韓が4月に合同演習を行なうことに北朝鮮が「理解」を表明(5)北朝鮮は軍事的脅威が解消する理由がないと表明した――と約束したのだ。さらに核兵器だけでなく通常兵器で韓国を攻撃しないことも確約したのである。

 一方、北朝鮮の真意を知ったトランプ米大統領は8日午後、会うなら早い方がよいとし、4月末までに米朝首脳会談を提案したという。朝鮮半島の南北首脳会談から一気に米朝首脳会談へと話が進んだのだ。

 金正恩委員長は昨年8月「グアム島周辺への射撃作戦を検討している」と述べると、トランプ大統領は「世界がみたことのない炎と怒りを受けることになる」と応じていたし、北朝鮮は同年11月29日にICBM火星を発射し「ミサイル強国の偉業が実現した」といえば、トランプ大統領は「小さなロケットマン。金正恩は病んだ子犬だ」とこきおろしていた。

 ただその間に北朝鮮は新年に「平昌五輪に代表団の派遣も十分に可能だ」と言い、水をかけ1月9日に南北協議が始まった。これを受けて正恩氏の妹・金与正氏が訪韓し、文在寅大統領に訪朝を要請し、2月10日に金与正氏が訪韓。3月5日には韓国特使団が訪朝し、両国は「南北首脳会談について満足な合意に達した」と述べていた。またアメリカ政府は「南北対話を指示している」と述べるとともに、米朝間でも水面下で接触を続けていた模様だった。
こうした一連の接触、流れを受けて朝鮮半島の南北首脳会談、さらにはトランプ大統領と金正恩委員長の直接対話の段取りが急速に進展していったのだ。

 この急速な流れと進展に対し日本政府は、「北は日米韓の連携を分断しようとしているのだろう。北朝鮮の過去の対話は非核化につながってきておらず、アメリカの北朝鮮に対する制裁の効果が出ているので、平昌五輪参加などを通じて必死に“ほほえみ外交”を試みているのだろう」と冷ややかにみていた。

 しかし、アメリカが米朝首脳会談に応ずる姿勢をみせ始めたことから、日本の頭越しに話が進んでいることに警戒感を示している。

 実際、ここへ来て急速に南北対話、米朝対話の動きが進展していることに疑念の声もあることは事実だ。アメリカの制裁が厳しくなり北が音をあげてきたため、いつもの北の時間稼ぎだろうという見方など、だ。ただ、アメリカが本気で北を攻撃するとなれば、北の体制は一挙に崩壊しかねないので、対話路線に切り換えたという見方も有力だ。

 いずれにせよ、北が核廃棄を約束したとしても実現までには相当な時間がかかるし、検証も必要になる。事は4月末以降から本格的に動き出すとみられるが、日本はまた完全にカヤの外に置かれている格好だ。また拉致問題などがどう扱われるかも気になるところだが、米朝対話で重要な議題となるかどうかも定かでない。日本はまたもアメリカのシリを追いかけるしか術がないのか。

◆お知らせ
・11日 TBSラジオ『嶌信彦 人生百景「志の人たち」』(21:30~)音源掲載 来週水曜正午までの期間限定配信
 ゲスト:夏井いつき様(「プレバト!!」の俳句コーナーでの辛口コメントでも人気の俳人)二夜目 
 俳句の都で知られる愛媛県松山市で俳句を始めて俳人になったいきさつや、ラジオで俳句の種まき活動を長年続けてこられた夏井様が今進めている企画などについてお伺いしました。
 http://nobuhiko-shima.hatenablog.com/entry/20180312

 次回(3月18日)はゲストに将棋ソフト「PONANZA」の開発者 山本一成様をお迎えし、理系だがパソコンは苦手、数カ月間必死で勉強して最初のソフトを完成させた時の話から、佐藤天彦名人を破った「PONANZA」の開発秘話などについてお伺いする予定です。
 https://www.tbsradio.jp/233165
 
・慶應義塾機関誌「三田評論」3月号の社中交歓に寄稿が掲載
 今月のテーマは3月28日のシルクロードの日にちなみ「絹」となっており、「砂漠の中の日本人伝説」を寄稿しています。
 http://www.keio-up.co.jp/mita/mokuji/index.html

・3月24日に嶌が会長を務める日本ウズベキスタン協会の主催の「嶌信彦の出前講座」を開催
 出前講座は、嶌が時流の政治・経済・社会問題等の話題を分析・解説するものです。多くの方のご参加をお待ちしております。
  
  テーマ:(1)どうなる米中および朝鮮半島の首脳会談
      (2)おいてけぼりの日本
      (3)終末に近づいた? 安倍政権
       (4)ゆれる原子力政策 
 場 所: 日本フードサービス協会会議室 東京都港区浜松町1-29-6  浜松町セントラルビル10F 
 http://nobuhiko-shima.com/2017uzbekucourse.html 

==================================
嶌信彦オフィシャルサイト   http://www.nobuhiko-shima.com/

「日本兵捕虜はシルクロードにオペラハウスを建てた」特設サイト
http://navoi.nobuhiko-shima.com

嶌信彦公式ツイッター https://twitter.com/shima_nobuhiko

嶌信彦公式Facebook    https://www.facebook.com/nobuhiko.shima.1

NPO法人日本ウズベキスタン協会サイト http://homepage2.nifty.com/silkroad-uzbek/
==================================

ジャーナリスト嶌信彦「時代を読む」

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 平日刊
最新号 2018/10/12
部数 1,613部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

ジャーナリスト嶌信彦「時代を読む」

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 平日刊
最新号 2018/10/12
部数 1,613部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング