宇久田進治の「伝言板」

年の瀬を前にして感傷的に思い出します。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃□■□                            ┃
┃         宇久田進治の 伝 言 板          ┃
┃                           ■□■ ┃
┗━━┳┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳┳━━┛
   ┃┃                       ┃┃
   ┗┛                       ┗┛
――――――――――――――――――――――――――――――――
お伝えしたいこと、聞いて欲しいこと、チャレンジして欲しいこと・・・
など、税理士の宇久田進治が勝手に発信しています。
もし何かのお役に立てていただければ嬉しいです。
話材は、経済・経営、教育・健康、相続・法律、家庭・・・雑多な
ことがらを、自分の言葉でお伝えできればと思います。
――――――――――――――――――――――――――――――――
NO.0165
――――――――――――――――――――――――――――――――
■年の瀬を前にして感傷的に思い出します。
――――――――――――――――――――――――――――――――
 ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。
よどみに浮かぶうたかたは、かつ消えかつ結びて、ひさしくとどまり
たるためしなし。
世の中にある人とすみかと、またかくのごとし。

 ご存知、方丈記の頭の文章です。実によく世の中の移りかわりを、水の
泡になぞらえて写しています。栄枯盛衰、絶えずとどまらず動いている
ということでしょうか。
今年だけをとっても、いろいろなことがありました。

 何といっても自然災害でしょう。地震、がけ崩れ、水害、竜巻・・・。
今は飢饉こそありませんが、昔でしたら飢饉でしょう。
有名企業の不祥事も多発し、今なおとどまることを知りません。

私自身、変わらぬ一日を過ごしていますが、考えてみますと今日と同じ
日は二度とやってきません。頭ではわかっていても・・・。
今がこの先もずっと続くかの錯覚です。限界は意識の外です。

一日一生、肝に銘じ過ごしていきたいと思います。
   
――――――――――――――――――――――――――――――――
■宇久田進治税理士事務所 経営センターグロウ
■〒251-0042
藤沢市辻堂新町1-1-2 クロスポイント湘南6F
TEL:0466-36-0627  FAX:0466-33-4892
■HP http://www.ukuta.net/
――――――――――――――――――――――――――――――――

宇久田進治の「伝言板」

発行周期: 週刊 最新号:  2019/01/22 部数:  34部

ついでに読みたい

宇久田進治の「伝言板」

発行周期:  週刊 最新号:  2019/01/22 部数:  34部

他のメルマガを読む