宇久田進治の「伝言板」

年の瀬を前にして感傷的に思い出します

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃□■□                            ┃
┃         宇久田進治の 伝 言 板          ┃
┃                           ■□■ ┃
┗━━┳┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳┳━━┛
   ┃┃                       ┃┃
   ┗┛                       ┗┛
――――――――――――――――――――――――――――――――
お伝えしたいこと、聞いて欲しいこと、チャレンジして欲しいこと・・・
など、税理士の宇久田進治が勝手に発信しています。
もし何かのお役に立てていただければ嬉しいです。
話材は、経済・経営、教育・健康、相続・法律、家庭・・・雑多な
ことがらを、自分の言葉でお伝えできればと思います。
――――――――――――――――――――――――――――――――
NO.0164
――――――――――――――――――――――――――――――――
■成熟社会の次にくるもの
――――――――――――――――――――――――――――――――
 産業革命を経て、20世紀は戦争の世紀であったといってよいでしょう。
わがニッポンは脅威的な発展をとげ、世界の驚嘆の的になり、ニッポン
は怖いものなしとなり、いささかテングになり、高度成長とともに団地
の乱立、ひたすらモノの獲得競争を演じ、そして現在、静かな平成の時
代に入りました。

 モノに囲まれ、あれだけあこがれであった生活をいざ得てみると、こん
なはずではなかった、これが求めに求めた幸せ生活でもない・・・と満
たされなさを感じるに至り、むしろ精神的な豊かさを求めはじめました。

したがって、モノはほんとうに必要最低限のモノのみの傾向です。
反面、コレ!と思うものには惜しげもなく使います。
芸術、文化など教養を高める支出も増えてきます。
成熟社会の特徴でしょう。

 もう一つは、使い捨てや、大きいものはいいことだという思考がなく
なり、モノを大事に、長持ちさせる思想が芽生えました。
これは良いことです。

根っこにあるのは、地球環境を考える余裕が生まれてきた、人類がこの
地球に出現してきた原点回帰がこの先の先にあるのかも知れません。

――――――――――――――――――――――――――――――――
■宇久田進治税理士事務所 経営センターグロウ
■〒251-0042
藤沢市辻堂新町1-1-2 クロスポイント湘南6F
TEL:0466-36-0627  FAX:0466-33-4892
■HP http://www.ukuta.net/
――――――――――――――――――――――――――――――――

宇久田進治の「伝言板」

発行周期: 週刊 最新号:  2018/12/11 部数:  33部

ついでに読みたい

宇久田進治の「伝言板」

発行周期:  週刊 最新号:  2018/12/11 部数:  33部

他のメルマガを読む