宇久田進治の「伝言板」

モノが売れない時代

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃□■□                            ┃
┃         宇久田進治の 伝 言 板          ┃
┃                           ■□■ ┃
┗━━┳┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳┳━━┛
   ┃┃                       ┃┃
   ┗┛                       ┗┛
――――――――――――――――――――――――――――――――
お伝えしたいこと、聞いて欲しいこと、チャレンジして欲しいこと・・・
など、税理士の宇久田進治が勝手に発信しています。
もし何かのお役に立てていただければ嬉しいです。
話材は、経済・経営、教育・健康、相続・法律、家庭・・・雑多な
ことがらを、自分の言葉でお伝えできればと思います。
――――――――――――――――――――――――――――――――
NO.0163
――――――――――――――――――――――――――――――――
■モノが売れない時代
――――――――――――――――――――――――――――――――
「いま欲しいものは何ですか?」と問うと、「とりあえず欲しいものは
ない」との答え。
これは各年代共通でもある。もうタンスもいっぱい、置き場所にも困る。
 高齢者の中でも「断捨離」とか言って、モノを増やさない、捨てる、
整理していく、がひとつの流れをつくりつつある。
 モノを求め、あるいは便利さを求めて生活の目標とした時代は終わった
のか?

 有名店が次々と閉店に追い込まれていくすがたを見るに、その感を強く
する。
スマホに変わり、リアルな店舗は縮小を余儀なくされていく。
でもこれは形あるモノのはなしであり、形なき役務サービスは際限なく膨
らむ。
 卑近な例で家事サービス、お掃除、洗濯、お買い物、そして修理メンテ
ナンス・・・
 
 現代みな忙しい。高齢者は時間があっても身体がいうことを聞かない。
お金で時間を買う、料理など作っている時間がない、「もう少し寝ていた
い」が優先する。

 そして、少し値が張る買い物はシェアして使う。何も自分で持たなくて
も・・・。
これからは形なきものに価値がある。お金も使う。
そしてみんながもっと賢明になっていくかもしれない。
例えば健康は自分でつくっていくもの、人に宿る生命力に目覚め、活性化
する方向に歩を進めるのではないかと思うが・・・。
(この項また次回にお付き合いください)
  
――――――――――――――――――――――――――――――――
■宇久田進治税理士事務所 経営センターグロウ
■〒251-0042
藤沢市辻堂新町1-1-2 クロスポイント湘南6F
TEL:0466-36-0627  FAX:0466-33-4892
■HP http://www.ukuta.net/
――――――――――――――――――――――――――――――――

宇久田進治の「伝言板」

発行周期: 週刊 最新号:  2018/12/11 部数:  33部

ついでに読みたい

宇久田進治の「伝言板」

発行周期:  週刊 最新号:  2018/12/11 部数:  33部

他のメルマガを読む