宇久田進治の「伝言板」

最高の生産性アップ法

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃□■□                            ┃
┃         宇久田進治の 伝 言 板          ┃
┃                           ■□■ ┃
┗━━┳┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳┳━━┛
   ┃┃                       ┃┃
   ┗┛                       ┗┛
――――――――――――――――――――――――――――――――
お伝えしたいこと、聞いて欲しいこと、チャレンジして欲しいこと・・・
など、税理士の宇久田進治が勝手に発信しています。
もし何かのお役に立てていただければ嬉しいです。
話材は、経済・経営、教育・健康、相続・法律、家庭・・・雑多な
ことがらを、自分の言葉でお伝えできればと思います。
――――――――――――――――――――――――――――――――
NO.0161
――――――――――――――――――――――――――――――――
■最高の生産性アップ法
――――――――――――――――――――――――――――――――
生産性をいかにして上げるか? の議論が経済界を今、支配している。
人手不足があいまって、生産性を上げねば立ち行かなくなっている。
あわせて働き方改革をここで一気に乗せねば、ニッポンの将来がない、
とまで言われている。私もそう思う。

もちろんIT、ロボット、あるいは自動化のちからを借りねば、到底
達成困難であろう。それは当たり前として、私はここで人、ヒトの能力
はどんな時にパワーが全開になるのだろう?と問いたい。
 能力にブレーキがかかった状態では生産性も何もない。

 果たして今、能力全開状態で世の中動いているだろうか?すすんでい
るだろうか?
組織、規則、体裁、名声、しがらみ、人間関係・・・。
何か障害となっているものがないだろうか?風通しが良いだろうか?

 まさにこれは人間心理学の探求かも知れない。会社風土に代表される
見えない会社に存する「徳」が大きく生産性に影響しているのではない
だろうか。
気兼ねなく、のびのびやっている仕事は、自分を成長させ仕事を好きに
なり結果として生産性はアップする。
これが根底に流れているか否か・・・の差は大きい。
 
どうだろう、ともども人間学を学びなおしてみたいと思う。

――――――――――――――――――――――――――――――――
■宇久田進治税理士事務所 経営センターグロウ
■〒251-0042
藤沢市辻堂新町1-1-2 クロスポイント湘南6F
TEL:0466-36-0627  FAX:0466-33-4892
■HP http://www.ukuta.net/
――――――――――――――――――――――――――――――――

宇久田進治の「伝言板」

発行周期: 週刊 最新号:  2018/12/11 部数:  33部

ついでに読みたい

宇久田進治の「伝言板」

発行周期:  週刊 最新号:  2018/12/11 部数:  33部

他のメルマガを読む