宇久田進治の「伝言板」

「産後うつ」あなたは一人ではありません

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃□■□                            ┃
┃         宇久田進治の 伝 言 板          ┃
┃                           ■□■ ┃
┗━━┳┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳┳━━┛
   ┃┃                       ┃┃
   ┗┛                       ┗┛
――――――――――――――――――――――――――――――――
お伝えしたいこと、聞いて欲しいこと、チャレンジして欲しいこと・・・
など、税理士の宇久田進治が勝手に発信しています。
もし何かのお役に立てていただければ嬉しいです。
話材は、経済・経営、教育・健康、相続・法律、家庭・・・雑多な
ことがらを、自分の言葉でお伝えできればと思います。
――――――――――――――――――――――――――――――――
NO.0154
――――――――――――――――――――――――――――――――
■「産後うつ」あなたは一人ではありません
――――――――――――――――――――――――――――――――
 最近のショッキングなニュースに、産後うつによる母親の自死が多いと
聞く。
いかにも悲しい。何とかならなかったのかと思ってしまう。
まわりの期待を背負っての子育て、ひとりぼっち感がどうにもならなか
ったのか。通常、普通とは違う。出来ない、劣っている・・・悩みはだ
んだん自分を追い込んだのだろう。可哀そうでならない。相談、話し相
手でもいたら・・・。

 子育てや母親自身のメンタル雑誌には事欠かない。情報は山ほどある。
あり過ぎる情報が惑わせる。わが子と照らしてどうか?考えが悪い方悪
い方にいってしまったのか。こんな時いつも思ってしまう。
「ご近所のちからが欲しい。」おせっかいおばさんに登場して欲しい。

 ご近所のちからはいざという時、絶大だ。今回の台風や地震災害でも
ご近所力が細かいところで支えになっている。遠くの親戚よりご近所で
あろう。
近年の殺伐としたご近所(隣組)は大変なロスを生んでいる。
行き過ぎた個人情報保護は再考せねばならないだろう。

「公助」「共助」「自助」を機能ならしめるためにも、ぶつぶつと分断
された地域ではもったいない。いつ来てもおかしくない地震災害への備
えとしてもご近所力を育てたい。

 地域のイベントやお祭り、さまざまな賑わいづくりに努力している住
民が最近増えてきている。

本音ではみんな人間はつながっていたいのだ。  

――――――――――――――――――――――――――――――――
■宇久田進治税理士事務所 経営センターグロウ
■〒251-0042
藤沢市辻堂新町1-1-2 クロスポイント湘南6F
TEL:0466-36-0627  FAX:0466-33-4892
■HP http://www.ukuta.net/
――――――――――――――――――――――――――――――――

宇久田進治の「伝言板」

発行周期: 週刊 最新号:  2018/12/11 部数:  33部

ついでに読みたい

宇久田進治の「伝言板」

発行周期:  週刊 最新号:  2018/12/11 部数:  33部

他のメルマガを読む