宇久田進治の「伝言板」

墓参りでいつも感じることがあります

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃□■□                            ┃
┃         宇久田進治の 伝 言 板          ┃
┃                           ■□■ ┃
┗━━┳┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳┳━━┛
   ┃┃                       ┃┃
   ┗┛                       ┗┛
――――――――――――――――――――――――――――――――
お伝えしたいこと、聞いて欲しいこと、チャレンジして欲しいこと・・・
など、税理士の宇久田進治が勝手に発信しています。
もし何かのお役に立てていただければ嬉しいです。
話材は、経済・経営、教育・健康、相続・法律、家庭・・・雑多な
ことがらを、自分の言葉でお伝えできればと思います。
――――――――――――――――――――――――――――――――
NO.0151
――――――――――――――――――――――――――――――――
■墓参りでいつも感じることがあります
――――――――――――――――――――――――――――――――
お盆月で墓参りされた方も多いことでしょう。私は墓参りでいつも感じ
ることがあります。それは、来ている方みな穏やかな表情なのです。
いえそれだけでなく、挨拶したり会釈したりで、とてもなごやかなので
す。知らない方どうしがです。

何かあるのでしょうか? むかし聞いたことがあります。神社や仏閣の
ご近所さんは穏やかな人が多いと。
これ当たっているかもしれません。
ご先祖と繋がって、いのちの連続を確認したからでしょうか。
・・・でいつも墓参りのあとは豊かな気持ちで帰ってこられるのです。

終戦から73年となり、平成最後の終戦記念日も終わりました。
南方の島々で武器なし食料なし、援軍を待つもあらわれず、まったく
絶望の中で死んでいった兵士、戦う前に死に追い込まれた人たち・・・。
祖国には妻、こども・・・母も父もいたでしょうに・・・可哀そうで言
葉になりません。
無念だったことでしょう。

そのような兵士の無残な死があって今があります。
何のための戦争だったのでしょうか?

人間の欲、利己心・・・最初は小さなものがだんだん組織をつくり一定
の規模になると保身も加わり組織があらぬ方向に猛進してしまいます。
戦争はダメと止めた人たちもいました。しかし世間もヤレヤレと「神風
が吹く」と支持もありました。人間の叡智とはどこで発揮されるので
しょうか?

――――――――――――――――――――――――――――――――
■宇久田進治税理士事務所 経営センターグロウ
■〒251-0042
藤沢市辻堂新町1-1-2 クロスポイント湘南6F
TEL:0466-36-0627  FAX:0466-33-4892
■HP http://www.ukuta.net/
――――――――――――――――――――――――――――――――

宇久田進治の「伝言板」

発行周期: 週刊 最新号:  2018/12/11 部数:  33部

ついでに読みたい

宇久田進治の「伝言板」

発行周期:  週刊 最新号:  2018/12/11 部数:  33部

他のメルマガを読む