ローマから吹く風

クトーナ・イタリアーナ(イタリアの台所)第111号フィレンツェで手打ちパスタレッッスン


カテゴリー: 2018年04月09日
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN"
   "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">
<head>
	<meta http-equiv="Content-type" content="text/html; charset=UTF-8" />
	<meta http-equiv="Content-Style-Type" content="text/css">
	<link href='https://fonts.googleapis.com/css?family=Aclonica' rel='stylesheet' type='text/css'>
	<title>クチーナ・イタリアーナ(イタリアの台所)</title>

	<style type="text/css">
		body {
			font-family: 'Hiragino Kaku Gothic ProN','Hiragino Kaku Gothic Pro','メイリオ','MS Pゴシック', sans-serif;
			font-size: 12px;
			color: #555;
		}
		.main {
			width: 450px;
			margin: 0px auto;
			background: #FFF9E5;
			padding: 40px 0 40px 0;
		}
		p {
			width: 378px;
			border: #00561F solid 1px;
			padding: 10px;
			display: block;
			margin: 15px auto;
			color: #696969;
			line-height: 180%;
		}
		img {
			width: 400px;
			marign: 10px 0 10px 0;
		}
		h1 {
			text-align: center;
			font-size: 28px;
			font-family: 'Aclonica', sans-serif;
			color: #E43903;
			margin-bottom: 10px;
		}
		h2 {
			text-align: center;
			font-size: 15px;
			margin-bottom: 5px;
		}
		p.title {
			border: none;
			font-size: 14px;
			text-align: center;
			font-weight: bold;
			line-height: 175%;
		}
		p.title span {
			font-size: 1.2em;
			color: #B00F0F;
		}
		hr {
			margin: 0 40px 20px 40px;
			color: #B00F0F;
			width: 370px;
		}
		.tc {
			text-align: center;	
		}
	</style>

</head>
<body>
<!-- Google Analytics -->
	<script>
	  (function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){
	  (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o),
	  m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m)
	  })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga');

	  ga('create', 'UA-74449025-1', 'auto');
	  ga('send', 'pageview');

	</script>

	<div class="main">
		<h1>Cucina Italiana</h1>
		<p class="title">
			クチーナ・イタリアーナ(イタリアの台所)<br />
			第111号<br />
		</p>
		<p class="title">
			<span>フィレンツェで手打ちパスタレッスン<br />その1 手打ちパスタの生地作りと形成</span>
		</p>
		
		<h2>はじめに</h2>
		<hr />
		<div class="tc">
			<img src="http://www.ivc-net.co.jp/food/toscana/image/pastas4.jpg" alt="" /><br />(写真左:タリオリ-ニとトルテッリ-ニ、写真中:フェットゥッチ-ネ、写真右:オレキエッテ)
		</div>
		<p> 手打ちパスタの美味しさはパスタの生地作りで決まります。コツさえつかめば美味しい打ちたての自家製パスタをご家庭でも召し上がっていただくことができます。2回に分けた手打ちパスタレッスンの1回目はパスタ作りの要となる生地作りと形成について紹介します。
<br />&nbsp;<br />
 詳しくは→<a href="http://www.ivc-net.co.jp/food/nakajima/foodlogue13.html" target="_blank">こちらから</a>
<br />&nbsp;<br />
イタリアの台所ウェブ版 <br />
→<a href="http://www.ivc-net.co.jp/cucina/index.html" target="_blank">http://www.ivc-net.co.jp/cucina/index.html</a>
</p>
		<p class="title">&nbsp;</p>
		<div class="tc">
			<img src="http://www.ivc-net.co.jp/food/toscana/image/pastamachine2.jpg" alt="" />
		</div>

		<h2>卵と小麦粉で作るパスタ生地の練り方</h2>
<hr />	
		<p>
 レッスンで使う生パスタ用の生地のために、小麦粉200g+卵2個(フェットゥッチーネ)、小麦粉200g+卵2個(タリオリーニ)、これに時間を節約するためにレッスンの1時間前に練ってボ-ル状に丸めてラップで包んでおいたパスタ生地(小麦粉100g、卵1個)(トルテッリ-ニ)を準備します。あらかじめ打ったパスタ生地100gは、どのくらいの生地の硬さになるのが理想的かを触ってみてもらうためにあらかじめ作りおいたものです。いずれも2〜3人前の分量に相当します。
<br />&nbsp;<br />
 キッチンタイマーを10分間に設定して、弾力のある滑らかな生地になるまでまな板の上で手で捏ねていきます。捏ねたパスタ生地は乾燥しないようにラップで包んでしばらく寝かせます。レッスンでは、パスタマシ-ンを通すのに適した固さの生地作りのコツや、生地が固かったり柔らかかった場合の微調整などについても伝授します。
</p>
		<p class="title">&nbsp;</p>
		<h2>パスタマシ-ンを使って生地を延ばしてカット</h2>
<hr />	
		<div class="tc">
			<img src="http://www.ivc-net.co.jp/food/toscana/image/pastamachine.jpg" alt="" />		</div>
		<p>
 フェットゥッチーネ、タリオリーニ用に練上げたパスタ生地を、パスタマシーン(マルカ-ト社のアトラス)で板状に薄く伸ばします。そしてパスタマシ-ン付属のカッターを装着して、3.5mm幅のフェットゥッチーネ、2mm幅のタリオリーニに切り分けます。
<br />&nbsp;<br />
 手打ちパスタのレッスンでは、パスタマシーンの使い方や手入れの仕方、いつでもご家庭で手打ちパスタが楽しめるような便利な冷凍保存方法についてもご説明いたします。また、フィレンツェ市内でパスタマシ-ンの購入をお考えの方には、キッチン用品の老舗のお店をご紹介します。
マルカ-ト社のアトラスは→<a href="http://www.ivc-net.co.jp/food/nakajima/foodlogue14.html" target="_blank">こちらから</a>
</p>

<p class="title">&nbsp;</p>
		<h2>フェットゥッチーネ</h2>
<hr />	
		<div class="tc">
			<img src="http://www.ivc-net.co.jp/food/toscana/image/fettuccine.jpg" alt="" />
		</div>
		<p>
 小麦粉と卵で作るイタリア中北部の伝統的な平打ちのパスタ。主に北イタリアではタリアテッレ(tagliatelle)、ロ-マや南イタリアではフェットゥッチ-ネ(fettuccine)と呼ばれ、地域によって呼び名は異なるもののイタリアではほぼ同等のものとみなされています。
<br />&nbsp;<br />
 幅は約4mm〜8ミリ前後まであって定義づけにおいては千差万別ですが、大手パスタメ-カーはフェットゥッチ-ネをタリアテッレより若干幅広のパスタとして商品展開しているところが多いようです。ひき肉を使うボロネ-ゼからクリ-ム系ソ-スまで、様々なパスタソ-スと相性の良い代表的な平打ちのパスタです。
</p>
		<p class="title">&nbsp;</p>
		<h2>タリオリーニ</h2>	
<hr />
		<div class="tc">
			<img src="http://www.ivc-net.co.jp/food/toscana/image/pastas2.jpg" alt="" /><br />タリオリ-ニ(手前)とフェットゥッチーネ(奥)
		</div>
		<p>
 ロング・パスタの一種で、小麦粉と卵で作る平打ちのパスタ。タリオリ-ニ(tagliolini)は、細めのタリアテッレ(tagliatelle)という意味で、幅は2〜3mm。上の写真は、レッスンで作るタリオリ-ニ(手前)とフェットゥッチーネ(奥)の太さを比較した写真です。同じ卵を練り込んだ平打ち麺でも、幅が数ミリ違うだけで名称が変わります。ピエモンテ州ではタリオリーニはタヤリン(Tajarin)として知られています。
</p>
<p class="title">&nbsp;</p>
		<h2>トルテッリ-ニ</h2>
<hr />	
		<div class="tc">
			<img src="http://www.ivc-net.co.jp/food/toscana/image/tortellini2.jpg" alt="" />		</div>
		<p>
 トルテッリーニは、ボローニャやモデナを代表する具を詰めたパスタで、牛肉や鶏肉の出汁が効いたブイヨンのスープに浮かべて食べるのが伝統的な食べ方です。また生クリ-ムソースで和えたトルテッリーニは、ボローニャのレストランやバールでよく見かける定番メニューです。
<br />&nbsp;<br />
 具には様々な組み合わせがあります。レッスンでは肉詰めのトルテッリーニをブイヨンまたは生クリ-ム和えのどちらか一つを選んでいただいて試食します。
</p>

		<h2>手捏ねのオレキエッテ作り</h2>
<hr />
	
		<div class="tc">
			<img src="http://www.ivc-net.co.jp/food/toscana/image/orecchiette1.jpg" alt="" />
		</div>
		<p>
 パスタマシーンを使わずに作る南イタリアのプーリア州の伝統的な手打ちパスタ。耳(イタリア語ではオレッキオ)の形をしている為に、イタリア語でオレキエッテと名付けられたパスタです。セモリナ粉と水と塩だけで生地を打ちます。乾燥したオレキエッテも生のオレキエッテもイタリア全土のスーパ-で流通していて、イタリア各地で食べられています。 
<br />&nbsp;<br />
 棒状にした生地を小さく切り1個づつ親指またはナイフで手前に引くようにして作っていきます。生地を表裏ひっくり返すと淵が厚く内側がざらざらとしたオレキエッテ独特の形状のパスタが出来上がります。レッスンでは、オレキエッテ作りのコツを丁寧にお教えします。

</p>

		<h2>次回予告</h2>
		<hr />
		<p> パスタは、その地方の食材に合わせて独特な形状が発達してきました。レッスンで作る手打ちパスタは、それぞれのパスタに適したパスタソースを作って仕上げます。次回はレッスンで作った生パスタをそれぞれに適したパスタソースで和えて、パスタを試食します。
<br />&nbsp;<br />
 フィレンツェで1日パスタレッスンは→<a href="http://www.ivc-net.co.jp/food/toscana/pasta.html" target="_blank">こちらから</a>
<br />&nbsp;<br />
ウェブ版イタリアの台所→<br /> <a href="http://www.ivc-net.co.jp/cucina/index.html" target="_blank">http://www.ivc-net.co.jp/cucina/index.html</a>
</p>

		<p class="title">&nbsp;</p>

		<h2>発行</h2>
		<hr />
		<div class="tc">
			<img src="http://ivc-net.co.jp/images/top/logo.png" alt="ITALIAN VIDEO COLLECTION NET" /><br />
			&nbsp;<br />
			株式会社イタリアンビデオコレクション<br />
			情報の投稿・ご意見・お問合せは<br />
			→<a href="mailto:info@ivc-net.co.jp">info@ivc-net.co.jp</a><br />
			イタリアでのビジネスや旅行は<br />
			→<a href="http://www.ivc-net.co.jp/" target="_blank">http://www.ivc-net.co.jp/</a>
		</div>

	</div>
</body>
</html>

ローマから吹く風

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 月刊
最新号 2018/07/05
部数 33部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

ローマから吹く風

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 月刊
最新号 2018/07/05
部数 33部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング