失敗しない為の家造り

光熱費に危険信号

カテゴリー: 2017年01月09日
□□==========================================================□□
 
失敗しないための家造り vol.8

2017年1月9日号

発行:長野 和麿
 
□□==========================================================□□


こんにちは!

今回はZEH(ゼッチ)を詳しく学びましょう!

と…その前に


新年あけましておめでとうございます。

不定期配信にもかかわらず数多くの読者様に恵まれて

本当に嬉しく感じております。

今年は更新頻度を高め、皆様のお役にたてるよう

精一杯の努力を致しますので、温かな愛情をお願い致します。


さて前回最後の方にお話ししたZEHにつきまして

家の新しい段階だと説明いたしました。

いうなれば近未来の標準住宅です。

ええ、標準というくらいなので今後は新築する皆様が

この新基準で家を建築する訳なのですが

それはもう少し先のお話です。


1か月の光熱費を考えましょう!

一体いくら使ってますか??

これまで私が担当したライフプランニング結果よれば

通常のご家庭では…(地元四国中央市の30名程度の主婦より)

年間平均すると

電気代:1.1万円

水道代:5.5千円

ガス代:1.0万円

暖房機用灯油:3千円

合計=2.95万円を毎月の光熱費として支払っています。

そう考えれば1年間で35.4万円

住宅ローンを支払う期間である35年で計算すると…

1,239万円!!!!!!

生きるためには、光熱費だけでこんだけ掛かるんです

今は昔と比べ贅沢に裕福にもなりました。

少しお金を掛ければ快適は手に入ります。

しかし…お金を使った快適を本当に快適と呼べますか?

その光熱費で家族旅行にも行けるし、妻や夫への感謝の○○にも

遣えちゃうんですよ!!


なのでZEHです。

ZEHは救世主です。

ZEHは太陽光発電等の創エネ設備により造りだされるエネルギーが

消費されるエネルギーを上回る住宅のことです。

この場合のエネルギーは(お金)って考えれば早いですね。

家そのものを省エネ設計で造るので、昔みたいに大きな太陽光発電は

もはや不要の長物。。。

逆に大きな太陽光は重量がすごく重いので耐震にとっても懸念を残します。

なので優秀な家ほど小さな太陽光でエネルギーを0にできます。

あっ光熱費をゼロにできますって意味です!

なもんで、大きな太陽光を載ってZEHを達成しても、国の補助金は

利用できないと思っていただいて結構です。

国は性能の優秀な家に補助金を付加します。

これは補助金採択の第一要件ですので忘れずに!!


当社のZEHははっきり言って地元じゃ実績も販売価格もNO1で

今後数年は他の工務店も真似できません。

それはひたむきに、まじめにZEHと向き合って目をそらさなかったからです。


ZEHってなに?そんなん知らんでも家は売れるし…

って数年前まで豪語していた工務店が血相を変えて取り組んでます。


当社のZEH住宅は販売価格も地域NO1に安く性能もよく地震に強い!

おまけにおしゃれなデザイン住宅!

だからこそ当社は沢山家を造れません。


今後もこれからも着工数は地域で12棟までです。

何よりもお客様の手に渡る住まいの品質を落としたくないからです。

家造りは造って数を競うものではありません。

お客様の満足こそが最大の目的なのです。


そして家を手に入れることで訪れる豊かな暮らし…

その為に必要なのは、洗練られたZEH住宅です。

なのでまだ家造りを開始していないご家族はチャンスです!

家造りはZEHでお願い致します。

失敗しない為の家造り

発行周期: ほぼ 月刊 最新号:  2017/01/09 部数:  11部

ついでに読みたい

失敗しない為の家造り

発行周期:  ほぼ 月刊 最新号:  2017/01/09 部数:  11部

他のメルマガを読む