採用から退社まで! 正しい労務管理で、運命の出会いを引き寄せろ

就業規則のチェックポイント その241

=====================================================

採用から退社まで!
    正しい労務管理で、運命の出会いを引き寄せろ

                        第241号
=====================================================
【このメルマガの趣旨】

就業規則とは、入社から退社までのルールを示した「ルールブック」であり、労使トラブルを未然に防ぐための「ワクチン」であり、
効率的な事業運営や人材活用を行うための「マニュアル」でもあり、会社と従業員を固く結びつける「運命の赤い糸」でもあります。

労使そして社員全員が一丸となって、同じ方向に向かって前進していくための「道しるべ」でもあります。

そうであるならば、就業規則は、企業にとっても、そして働く人にとっても、絶対に必要なものであり、かつ、最も重要なものの一つなのです。

就業規則の条文一つ一つが、会社を大きく発展させることに寄与し、更には、働く人たちの幸せにも直結します。

ぜひ、この場を通じて御社の就業規則をチェックしていただき、問題が生じそうな箇所は見直していただきたいと思います。

現役社会保険労務士である私が、そのお手伝いをいたします。

=====================================================

おはようございます、東京都府中市の社会保険労務士 飯田弘和です。


 ↓ 本日のチェックポイントはこちらです↓


【チェックポイント その241】

御社は、不正リベートについて厳しく対処していますか?


【解説】

取引先に商品代金や発注金額を水増し請求させ、水増し分を個人的に受け取るような従業員への対処について考えていきたいと思います。

取引先企業は、受注欲しさに相手先企業担当者への接待や上記のようなリベートを渡すことがあります。
過剰な接待やリベート等がなければ、会社はもっと安く購入できたであろうから、上記のような水増し分は明らかに会社の損害です。
ですから、従業員の忠実義務違反や職場規律違反に当たります。

会社は3つの観点から、このような従業員に対応する必要があります。
1.	懲戒処分の検討
2.	刑事事件としての告訴
3.	損害賠償請求

1.懲戒処分の検討
まずは事実関係を調査する必要があります。
そして、その調査結果をもとに、就業規則の懲戒事由に該当するかどうかを判断します。
ですから、就業規則がなかったり、就業規則の懲戒事由の中に該当するものがなければ、懲戒処分を科すことができません。

就業規則を確認していただき、懲戒事由の中に、
「職務上の地位を利用して私利を図った場合」
「取引先より不正に金品を受け取った場合」
「故意または重大な過失により会社に損害を与えた場合」
などの定めがあれば、会社はこの従業員を懲戒処分に科すことができます。

就業規則に該当事由があったとして、次に考えるのが処分の重さです。
不正行為を行った回数や金額、行った理由、不正に得た金の使途や普段の勤務態度等を考慮しながら処分の重さを判断します。
懲戒解雇や諭旨退職とする場合には、弁明の機会を与えるようにします。

2.刑事事件としての告訴
次に、この従業員について、会社は刑事告訴するかを判断する必要があります。
事件が公になることで、会社の評価・評判が下がることも考えられます。
他の従業員や取引先、お客様への影響も考慮すべきです。
そういった中で、会社はこの従業員を刑事告訴するかどうか判断していくことになります。

3.損害賠償請求
また、従業員への損害賠償請求についても検討していく必要があります。
最初の調査の段階で、会社が支払った金額や会社が受領した商品・サービスの価値などから、水増し請求金額を特定しておくことが望ましいでしょう。
従業員が損害賠償に応じるかどうか、応じる場合であっても損害全額について賠償するかどうかによって、
懲戒処分の重さや刑事告訴を行うかどうかを判断するのも良いでしょう。

とにかく、このような従業員に対しては、会社は厳しく対処する必要があります。
社内に不正がはびこって是正されないようであれば、それが蔓延していきます。
厳しく対応することが、社内の不正の芽を摘む唯一の方法だと考えます。
不正で得た利益よりも明らかに重い不利益を課すことが、不正抑止につながると思います。
(まぁ、処分の相当性との兼ね合いが難しいのですが…)


以上を踏まえて、改めてお聞きします。
「御社は、不正リベートについて厳しく対処していますか?」


SmartHRmagにて、新しい36協定についての解説を行っています。
よろしければ、ぜひ業務のご参考に一読いただければと思います。
https://mag.smarthr.jp/labor/detail/hatarakikatakaikakuhou_36kyoutei_tokubetsujoukou/


「まぐまぐ大賞2017」の中で、
http://www.mag2.com/events/mag2year/2017/
この「採用から退社まで!正しい労務管理で、運命の出会いを引き寄せろ」が、知識・ノウハウ部門で第4位に選ばれました。
みなさんに感謝です。
これからも、みなさんの役に立つメルマガを発信できるよう精進してまいります。
これからもよろしくお願いいたします。

過去記事については、すべて公開しています。
また、アメーバブログでもご覧いただくことができます。
☆ブログ「御社の就業規則 ヤバくない?!」
       :https://ameblo.jp/soudan-iida

☆こちらのメールマガジンも合わせてお読みください。 
「働くあなたが幸せであるために 知っておいて欲しい労働法規」
登録・解除 :http://www.mag2.com/m/0001652327.html

「訪問介護・訪問看護 労務管理のポイント」	
登録・解除 :http://www.mag2.com/m/0001681190.html

=====================================================
【発行者紹介】

東京都府中市の社会保険労務士 飯田弘和と申します。
就業規則の作成や労務管理、ハラスメント防止や女性活躍などの各種セミナーに特化した社労士事務所です。
労働問題、労使関係でお悩みの企業はぜひ、当事務所へご相談ください。

当事務所ホームページである「労働相談所 労務管理処」も、ぜひご覧ください。
https://soudan-iida.jimdo.com/

メールマガジン 
「採用から退社まで! 正しい労務管理で、運命の出会いを引き寄せろ」
☆発行責任者 :社会保険労務士事務所いいだ 飯田 弘和
☆問い合わせ :soudan_iida@yahoo.co.jp
☆登録・解除 :http://www.mag2.com/m/0001656310.html

ついでに読みたい

他のメルマガを読む