あなたも豆屋を始めませんか。

今年最後のご挨拶。

美味しい深煎り珈琲豆の店 南方郵便機のホームページ
http://www.nanpouyuubinki.com/
コーヒーフレンチ倶楽部
http://nanpou1616.blog.fc2.com/


今年もありがとうございました。


今日は好天の一日でした。今日は吉祥寺店に居ますが、結構忙しく、ハンドピックをしたり、豆をビンに詰めたりしているうちに、たちまち暗くなって来てしまいました。豆屋の仕事は無数にあり、やれば切りがなく、店ではなかなかブログを書いたりは出来ないものです。


いよいよ今年も、残すところあと数日になりました。店は、吉祥寺店も府中店も、31日(月)午後7時まで営業致します。新年は1月4日(金)より営業致します。毎年そうやって営業してきましたが、銀行は明日28日(金)で終わりです。以前は、銀行も31日まで営業していた様に思うのですが、記憶違いかも知れません。


私としては、来年は仕事をしたいと思います。府中店の売り上げをどうやって伸ばしてゆくのか、店・発送共に考えて行かなければならないと思っています。


実はこれが一番難しく、30年以上やってきた店の売り上げを増やすというのは並大抵の事ではありません。宣伝すればお金が掛かるし、宣伝しなければ売り上げは変わらないのは当たり前の事です。


基本的にお金の掛からない事から始め、お金が掛かる場合は出来るだけ失敗のないようにという事を頭に入れてやっていくしかありません。そうした意味ではインターネット通販というのは、お金の掛からない代表の様な仕事かも知れません。ただ難しいだけです。


最初に、今、止まってしまっているホームページを動かす事辺りから、始めないといけないのだと思っています。


カフェ講座⇒開店指導に付きましては、10軒の開店が終わった後に動き始めましたので、現在オファーのある方々とまずは話を詰めて行こうと思っています。暖かくなるまでにどれだけ話を詰めて行けるかが、この冬の仕事の成否を決めて行くのだと思っています。


3月になれば、又、<春のカフェ講座>を開催し、豆屋を作りたいと思う新しい方達とお会い出来ればと考えています。


来年は、世界は更に不安定になって行くと思います。新しい外国人労働者が来日し、スキルを持たない人達は、仕事をどんどん奪われて行くのかもしれませが、来日する外国人の方も決して幸せな状況にはならないのかも知れません。私としては長く続けて来た店の仕事を頑張るしかありません。


お正月は、何時もの様に、松陰神社にお参りし、今、嵌っている真山 仁さんの<ハゲタカ>シリーズでも読みながら過ごそうと思っています。


今年もありがとうございました。来年も宜しくお願い致します。


南方郵便機 府中店
住所:183-0055
   東京都府中市府中町2-20-13 遠藤ビル1F
TEL&FAX:042-335-5292
Eメール:tempo@nanpouyuubinki.com

あなたも豆屋を始めませんか。

発行周期: ほぼ 週刊 最新号:  2018/12/27 部数:  126部

ついでに読みたい

あなたも豆屋を始めませんか。

発行周期:  ほぼ 週刊 最新号:  2018/12/27 部数:  126部

他のメルマガを読む