(僕が思う)理想のコンビニバイトさん ~コンビニバイト力テスト メルマガ版~

「お客様が商品を落とした時」


-------------------------------



   (僕が思う)理想のコンビニバイトさん



-------------------------------



 こんばんは、タダエです。

 

 春は別れのシーズンでもありますよね~。この時期、ずっと頑張ってくれていたバイトさんが卒業や就職で去って行く季節。

 せめて笑顔で送ってあげよっと……。



 しみじみ……。



-------------------------------



 ■ コンビニバイト力テスト ~メルマガ版~



   「お客様が商品を落とした時」




 Q.お客様が、売り場にあった瓶入りのドリンクを取ろうとした際、手を滑らせて床に落として割ってしまいました。この時、あなたはお客様に何と声をかけ、どういう流れで対応しますか?



 コンビニでは実際しばしば発生する状況ですので、現実に対応した経験のある方も多いと思います。でも、慣れてないと咄嗟に言葉が出てこなかったり、おろおろしているうちに他の人がさっさと対応してくれたり……。

 お店で対応のルールが明確に決められている場合もあるかもしれませんが、おそらく多くの場合、先輩などが対応している場面を参考に、自分なりに見よう見真似で対応しているのではないでしょうか?

 こういうことは実際その場面になったことを想像して、いわゆる『イメージトレーニング』をしておくと本当に発生したときに慌てないで済みます。また、言葉遣いや対応の手順のおかしいところを落ち着いて自己発見できたりもするのでお勧めです。



……



 あなたの実体験や、密かに使っているテクニックなどなど教えてください。タダエを超える発想がきっとあるはず。待ってるよ!
 【メールは konbinibaito @excite.co.jp ※空白は詰めてね】



……



   「お客様が商品を落とした時」



   ~タダエ店長の見解~



 では、私なりに見解をお話ししたいと思います……。



 ■ まずタダエが一番ダメだと思うのは、そういう場面が発生していることに気が付いても自分で動かずに、他の人が対応してくれるのを待っているタイプのバイトさんです。

 「そういう事は私の関知することではない」

 とでも言うように、あからさまに見て見ぬ振りをするような強者もたまにいますが、タダエが見る限り、最初からそのように意識的に対応を避けているバイトさんよりも、いつの間にか『引っ込み思案』のように振る舞うことが習慣化してしまったバイトさんのほうが多いような気がします。



 最初のうちは誰だって、どうしていいか分からず迷ってしまい上手く動けないのが当たり前です。

 でも普通多くのバイトさんは他の人が素早く対応している姿を見たりすれば

 「自分も早く、同じように対応できるようになろう」

 と考えると思います。



 しかし一部のバイトさんはそのように自分のこととして考えるのではなく、何度かそういう場面を経験するうちにむしろ、

 「あ、こういう時は少し動かずに待ってれば……他の誰かが対応してくれるんだ」

 ということを(本人が意識するかどうかは別として)体で理解して身に付けてしまうんですね。

 その結果、本当に『動かない(動けない)人』になってしまうんです。



 働き始めた最初の頃は難しいかも知れませんが、コンビニで働いていればいつか必ずそういう場面に遭遇します。そこで『つい対応を逃げてしまう』と、次には対応するのはもっと怖く面倒くさくなります。

 ですから、まず何はともあれ、そういう咄嗟の時こそ自分が積極的に対応に当たろう! と普段から意識していることが大事だと思います。



 ■ さて、何とか自分で対応できるとします。ただ、あまり経験がなかったり、いつもその場しのぎ的な対応ばかりしていると、自分では気が付かずに『やってはいけない対応のパターン』に当てはまってしまう危険性があります。

 もちろんケースバイケースのところもありますが、たとえば一般的に、タダエが思う『やってはいけない対応』の典型的なパターンを挙げると、次のようなものがあります。

 1 お客様を気遣うより、商品の処理に意識が行っている。
 2 商品の弁償を(暗にでも)求めるような言い方をする。
 3 処理の動作が緩慢なため、対応を嫌がっているように見える。
 4 無表情に行動したためお客様を非難しているように見える。



 これを踏まえれば、設問の状況でふつう考えられる第一声はたとえば

 「お客様、お怪我などはございませんか?」

 というように、お客様ご自身に問題が発生していないかを確認する言葉になります。

 ですから最初にかける言葉として、たとえば

 「私のほうで掃除しますから」とか、
 「あ、大丈夫ですよ」

 といった台詞を思い浮かべた人は注意が必要です。



 また、もちろんあからさまに

 「こちらの商品はお買い上げいただきます!」

 とか言っちゃうようなバイトさんはおそらくいないと思いますが、はっきり言わないとしても、さらには、バイトさん本人にまったくそんな気持ちがなかった場合ですら、お客様側から見ればちょっとした言葉遣いや態度の端々から

 「お客様の責任でしょ?」
 「この場合お客様が弁償するべきじゃないですか」

 とか、あるいは

 「余計な仕事増やさないで下さいよ」

 といった気持ちがあると勝手に思われてしまう危険性があります。

 ですから、対応時には、逆に『これらの意図を明確に否定する言葉や態度』が必要になります。

 たとえば、

 「申し訳ありません、取りにくかったでしょうか?」

 というように、お店側に落ち度がなかったか確認するような言葉や、お客様が「すいません」とか謝ってきた場合には

 「とんでもございません、どうぞお気になさらず……」とか逆に
 「いいえ。お心遣いありがとうございます」

 というような返事。あるいはいつも以上に終始笑顔で、てきぱきと甲斐甲斐しく振る舞うことなど……。


 再度強調しますが、そういう気持ちでやりましょう、といった観念だけではなく、自分に『否定的な意図がない』ということを明示する言葉や態度を、お客様に対してはっきり表すには、どうお声かけし、どのように動作すれば一番良いか……をはっきりシュミレーションしておくことが有効だと思います。



 ■ 余談かも知れませんが、ほとんどのお店は、こういう状況が発生した場合、明確に

 『弁償してもらう』とも
 『絶対弁償させてはいけない』

 とも決まっていないと思います。

 つまり、事実上、お客様のほうが弁償すると申し出れば弁償してもらい、その意思を現さないお客様だったらお店側の負担にする、というように、ちょっと曖昧な方針になっているお店が多いように想像します。



 タダエ自身の意見としては、ある意味日本人的というか……やはり基本的には最初は「いいですよ~」と遠慮するような申し出をして、それでもお客様のほうが「いえいえ、私のせいですからお支払いします」と強く希望された場合には「そうですか~? では申し訳ございませんが」という形で渋々、弁償してもらうと言う流れが一番自然かと思います。



 ■ さて、とりあえず上記のポイントを踏まえて……それでは実際にイメトレをしてみてください。



 もうしましたか?



 じゃ、聞きますけど……。あなたがイメージした内容をもとに、次の各質問に答えてみましょう。



 1 お客様の年齢、性別は? お連れの方はいますか?
 2 割った瓶の破片と中身はどの売り場でどの程度広がってますか?
 3 それを見た瞬間、あなたの第一声は?
 4 その時他のバイトさんや店長はどこにいる?
 5 あなたはまずどう行動しましたか?
 6 行動しながらお客様にかけた言葉は?
 7 それに対するお客様の反応は?
 8 そのお客様がお店から出る時、あなたは何と声をかけた?
 9 それに対するお客様の反応は?
 10 お客様対応が終わった直後にあなたがしたことは?



 ……これらの質問に、ある程度瞬間的に答えられた方、あなたは実際の場面をある程度はっきりイメージして、自分の行動などを具体的にシュミレーションする技術があります。

 もしここで、上の質問を見てから

 「えー? どうだっけなー……」

 とあらためて考えあぐねた方。あるいは

 「えー? そんな細かいことまで考えなかったよー」とか
 「そんなの場合によるじゃん、一概に言えないよー」

 と反射的に思った方、あなたはイメージトレーニングが上手くできていません。



 実際の場面で咄嗟に対応するには、このようにかなり詳しく、明確な想像をしておく必要があります。そうでないと実際にそれが発生したときにはほとんど役に立たないのです。もう一度ゆっくりイメトレをしておくことをお勧めします。

 その時自分が発するセリフも具体的に言葉にしようとすると、おそらく最初はスムーズに出てこないでしょう?

 何となく、このような類のことを言えばいいんだろうなー、という程度に漠然とイメージしているだけだと、実際にはその場になっても言葉が口をついて出てくることはなく、しどろもどろになってしまう可能性が高いです。



 ■ さらに理想を言えば……。



 おそらく、ほとんどの方が、自分自身がそのお客様に一人で完結的に対応することを想像したのではないでしょうか?

 でも、実際にこのような場面である程度場数を踏んでいる人、お客様対応に一定の自身を持っている人でないと難しいかも知れませんが、イメージトレーニングといって、想像したときに

 『他のバイトさんなどに指示を出して動いてもらう』

 ことを想定した人はいますか?



 あくまで一例ですが、たとえばこのように対応することもできるわけです。



 1 まず自分がお客様のそばに駆け寄り「大丈夫ですか? お怪我ございませんか?」と笑顔で落ち着いた口調で尋ねる。

 2 「あ、いや、自分は大丈夫です……」と、お客様が不安げに答える。

 3 すかさず「○○さーん、こちら清掃お願いしますー!」と、他のバイトさんを呼んで清掃を依頼する。

 4 流れ的にお客様は今呼ばれた○○さんに対して「あ、すいません……」というように清掃してくれることにお礼を言う(はず)。

 5 そこで○○さんは「いいえ……」と笑顔で答える(はず)。

 6 清掃は○○さんに任せて、お客様に対して「お探しの商品はこちらでしたか?」と、取ろうとしたと思われる商品の代わりを差し出す。

 7 お客様がお店を出るまでの一連の流れを(今は長いので省略します)自分が対応し、お客様を見送る。

 8 清掃を頼んだ○○さんにお礼とねぎらいの声をかけるとともに、さりげなく『清掃状態』のチェックを行い、不完全ならばあとで自分でさらに清掃しておく。

 ……といった具合です。



 ある程度の実践を重ねていくと現実のお店の中では複数のバイトさんが連携して一人のお客様に対応する場面が意外に多いことに気が付くと思います。



 本当は、今回の設問のような突発的な状況の時というのは、自分だけではなく周囲の他のバイトさんなどの動きまで含めて適切に指示を出したり、連携したりするコントロール力が問われる場面です。イメージとして自然にそういう面にも考えが至った人はかなりバイト力が高いとタダエは思います。



……



 ■ あなたのバイト力は? (100点満点)



 お客様が商品を落とした時は……。

 「他のバイトさんにも協力を仰ぎつつ、素早くその場を仕切る」・・・95点

 「お客様を気遣いつつ、一人で対応する流れと発する言葉を具体的に説明できる」・・・75点

 「何となくイメージできていると思っていたが、あらためて聞かれると最後まで通して説明できない」・・・30点

 「行き当たりばったりになり、慌てて良くない対応をしてしまうかもしれない」・・・25点

 「きっと自分が対応することはない。いつも他の人に任せている」・・・5点



 どうでしたか?



……



 「そう言えば、こんなことがあったけど、どうなんだろ……」

 と思った方。ぜひぜひ教えてください。タダエを超える発想がきっとあるはず。いや本当に待ってるんですけど!
 【メール】konbinibaito @excite.co.jp(空白は詰めてね)



 ※このテストはタダエの主観と願望に基いて作成しておりますのであなたが働いているお店で必ず通用するという保証はまったくありません。ご利用の際は、あなたのお店の規則やマニュアル、店長さんの性格などをご確認の上ご自身の責任でお願いしますね!



-------------------------------



   「理想のアルバイトさんに会いたい!」



   ~ 『明るく元気な人』って? ~



-------------------------------



 コンビニでも、飲食店などでもよくありますが、

 募集ポスターで

 『明るく、元気な人』

 と書いてあるのを見かけます。

 ですけどね、

 これはそのまま文字通りに受け取らなくていいと思いますよ。

 タダエ自身、

 自分がバイト生活していた頃に思ってたんですけど、

 『明るく元気な人』と言われると、

 なんか誰彼かまわず気さくに話しかけてくる、

 押しが強くておしゃべり好きのオバちゃんっているじゃないですか、

 ああいうイメージの人を思い浮かべてたんですね。

 タダエは勝手に

 「わあ、そんなパワフルな人たちに囲まれて

 バイトすんの、正直きついなー」

 とか考えて、絶対応募なんかしようと思わなかったですね。

 そんなヤツじゃないとやってけない職場なのか?

 うぇー恐ろしいーって、敬遠していました。

 でもね、実際お店やってると、

 別にそういう人が求められてるわけじゃないんだって

 分かりました。

 だから、そもそも募集のポスターとか、

 求人誌の記事でそういうキャッチコピー書くのって、

 どうなんだろ?

 ちょっと断っておきますと、

 この場合の「明るく、元気」というのはですね、

 実は(あくまでタダエの解釈ですが)

 単に性格が明るいとか、

 だれとでも気さくにしゃべれる

 とか言うのとは、

 ちと違うような? ……気がするんです。

 たぶん、明るければいいってもんじゃない。

 たとえば、さっき言ったような

 押しが強くて遠慮のないタイプの人って

 今どきの、チェーン展開しているような店舗だと

 使い辛いのでむしろ避けられちゃうかもね……て思う。

 他にも、いくら明るいってキャラの人でも

 言ってることがいつも支離滅裂で要領得ないのに、

 そこを笑顔と大声でうやむやにしちゃう

 というようなタイプの人だったら困る。

 (そういうタイプのバイトさん、周りにいませんか?)

 もちろん、

 「いらっしゃいませ~」

 とかを、はっきりした声でちゃんと言えるとか

 それは大切ですよ? 前提的に。

 でも、考えてみると、

 そんなん明るいとか暗いとか関係ないでしょ?

 ちゃんと言えばいいだけでしょ?

 それより、実際には

 性格が暗いとかどうとかじゃなくて、

 バイトさんの中で時々、

 なんか不満げ?

 もしかして不機嫌?

 っていうような態度で働いてる人いますよね?

 実はけっこうよくあるんですけど、

 ちょっとバイト先で仕事に慣れてきた頃になると、

 な~んか態度が変っていうか、

 何考えてるかイマイチはっきりしない人。

 「なんか言いたいことあんの?」

 って突っ込みたくなるような人。

 もちろん、こういう人に

 「何かあるんだったら、言ってね」

 と単刀直入に言っても

 「いえ、別に……」としか答えない。

 だけど態度は変わらない。そのまま。

 タダエが思いますに、

 まず、お店というところは何かと忙しいので

 そういう、なんか煮え切らない、はっきりしない態度は困る。

 はっきり言うと

 ゆっくり付き合ってる余裕がないんですよ誰も。

 そんなことしてると店が回らないんですよ。

 ……という感覚が先にある。

 その不満だか悩みだか分かんないけど、

 とにかくそのペースに付き合ってると

 時間なくなっちゃうじゃないですか!

 だから、

 そういう人を見ている周囲の人は、

 その人は『なぜそうやっているのか』ってことよりも前に、

 「何? なんなの? 何かあるんだったらさっさと言って」

 っていう感覚になっちゃう。

 そちらにも言い分はあるのかもしれませんけどね……。

 ……だから、その言い分を早く言えよ、みたいな。

 実際ね、だれだって仕事していれば

 つい不機嫌になったり、

 態度が悪くなったりすることもあると思いますよ。

 だけど、ふつうは周囲の目線で気が付いたり

 少なくともだれかに指摘されたりすれば

 「いっけね!」と思ってすぐ直すでしょ。

 こういうのって、

 本来は性格が明るい、暗いということとは

 ちょっと違う気もするんだけど。

 たとえば、こういう面で問題ある人はダメ。

 それを、ふつうに公に言える表現として一言で言うと

 「明るく、元気な人 募集!」

 って言う表現になるんじゃないでしょうか?

 タダエはそう解釈しています。

 だって、募集要項とかに

 「仕事以前のことでぐだぐだ変な感じを醸し出して

 周りに変な気を使わせたりしない人募集!」

 とは書けないですからね。



-------------------------------



 最後まで読んでいただき感謝します。ではまた次回~。



 ■ 次回のコンビニバイト力テスト



 次回のコンビニバイト力テストは……。



   「一人で店番できますか?」



 です。



 お楽しみに!



 ※読者様からのご質問やご相談にタダエが答えます。メルマガ内で取り上げた話題の他、あなたのバイト先での経験談、単なる不満や愚痴でもOK! タダエが店長目線で勝手に解説したり説教したり慰めたりします。お気軽にメールくださいね。待ってます!
 【メールは konbinibaito @excite.co.jp ※空白は詰めてね】



-------------------------------



 (僕が思う)理想のコンビニバイトさん
 ~コンビニバイト力テスト メルマガ版~
 発行サイト:http://imaneetal.blog77.fc2.com/
 登録・解除:http://www.mag2.com/m/0001648793.html
 メール:konbinibaito @excite.co.jp ※空白は詰めてね
 Copyrightコンビニバイト力テスト all right reserved.
-------------------------------

このメルマガは現在休刊中です

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング