股関節全快!『構造動作トレーニング』

2019年・構造動作トレーニング

股関節全快!構造動作トレーニング

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽
NO.49

2019年・構造動作トレーニング

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
     リニューアル
┗━━━━━━━━━━━━━━━┛

もうすぐ2月になるというのに、今年はじめ
てのメールマガジンの発行になってしまいま
した。私は毎年恒例になった構造動作トレー
ニング合宿で1月2日から始動し、日々股関節
トレーニングに励んでいます。

1年で最も寒い時期ですが、山道を2~6時間
くらい歩いて足慣らしをしています。雪が降
ることもありますが、身体は動いて暖まって
いますので雪の景色を楽しみにしているくら
いです。昨年は接地に集中して動いていまし
たので、その成果は日に日に移動距離が延び
ています。

たまには手足を使って山登りもします。地図
の稜線をたどって直登しますので、とても山
道というものはありませんが、これも身体が
身軽になったような成果を感じます。

室内では足指から股関節のつながりを集中し
てトレーニングしています。接地は足の指先
が重要だということを実感してからというも
の牧神の蹄にフィットさせる足指の意識が高
まり、気づくと1時間以上も牧神の蹄に乗っ
ていることもあります。

足指がある程度整ってから股割りで股関節を
動かしていきます。はじまりはヨガブロック
をトライアングルベースの下において骨盤底
の確認をします。骨盤底がある程度クリアに
なったら股割りで重心を移動さていきます。

股割りは足と体幹をキープします。足と体幹
がキープされていない状態では股関節を滑ら
かに動かすことができません。股割りでは足
と体幹をキープすることが難しいのです。

股割り練習会では参加者の方達にサポートし
てもらうことができますが、ひとりでは足指
から股関節のつながりを、とにかく集中して
トレーニングしなければなりません。

トレーニングは成果を出さなければ効率が悪
いと思います。私の場合はわずかでも日に日
に股関節の可動域が広がっているのでトレー
ニングが楽しくてついつい集中してしまいま
す。これは自分の内部感覚がわかってくると
楽しくなってくるのだと思います。

今年は足指トレーニング会を定期的におこな
えるようにしていきたいと考えています。正
月のトレーニング合宿を見ていても圧倒的に
足指のトレーニング不足がいなめません。こ
れは競技をやっている人だけでなく、心身の
不調で悩んでいる人にもいえます。まず、地
に足をつけ、自分の足で歩き続けることがで
きる足づくりが必要です。

それから、えにし治療院のホームページがリ
ニューアルされました。リンクのおススメサ
イトにドイツのピアノ教師でフォーカルジス
トニアの研究をされている草間律先生を紹介
させていただきました。今後もおススメのサ
イトがありましたら紹介していきたいと思い
ます。

┏―━―━―━―━―━―━―━―┓
       講座
┗―━―━―━―━―━―━―━―┛

☆構造動作トレーニング・東京教室
⇒http://bit.ly/1OdB2m3

☆足指トレーニング会
⇒http://asiyubi.info/entry21.html

☆股割り練習会・名古屋
⇒http://matawari.net/entry86.html

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

☆発行責任者:中村考宏
☆公式サイト:http://sinbu.info/
☆ブログ  :http://ameblo.jp/eni4/
☆お問合せ :http://sinbu.info/

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

■無断での転載・コピぺは厳禁!
Copyright(C)Takahiro Nakamura
     All Rights Reserved.

ついでに読みたい

股関節全快!『構造動作トレーニング』

発行周期:  不定期 最新号:  2019/01/28 部数:  370部

他のメルマガを読む