川越スカラ座メールマガジン

川越スカラ座メールマガジン 2018.9.21 vol.204


カテゴリー: 2018年09月21日
・・・・・・・・・・・・・・・・・

  川越スカラ座メールマガジン
     2018.9.21 vol.204

・・・・・・・・・・・・・・・・・

私が大変推している、

『1987、ある闘いの真実』。

思ったよりはるかに多くの方が
来てくださっていることに
日々喜んでおります。

民主化闘争を描いた
社会派な作品ではありますが、
エンターテイメントとしても
優れているところが
さすがです。


<index>

1.明日からの上映作品案内

2.今後の上映作品

3.ゲストコラム

4.今週観た映画

5.イベント・キャンペーン情報

6.支配人コラム

7.休館日・サービスデー

8.やさぐれアルバイトの穴埋めコラム


━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.明日からの上映作品案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://k-scalaza.com/

■1987、ある闘いの真実

【9.22(土)-9.28(金)】火曜定休

 (1)10:30-12:44 予告5分
 (2)15:00-17:14 予告5分

※9.28(金)最終

(本編129分/DCP上映)

<作品紹介>
1987年に起こった、
韓国民主化闘争を描いた作品。

監督は当時高校3年生で、

「面白いビデオを観に行こう」

と友人に誘われ行った
地元の教会で

『タクシー運転手』

に登場したドイツ人記者が撮った
光州事件の映像を観たそうです。

当時住んでいた全州と光州は
それほど離れていないのに、
なぜ何も知らなかったのかと
鳥肌が立ったという監督。

キネマ旬報のインタビューで

「多くの人々、それぞれが、
自分の引き受けた場所で

最小限の良心を守りながら
起こした行動が集まり、

まるで雪玉のようにどんどん
膨れ上がっていって歴史を動かした

というのが87年の本質であり美しさ」

と語っている通り、
すべての人が主人公となる
構成のこの作品。

この時偶然に、
自分たちにできることを
見過ごさなかった人たちが
それぞれの場所にいたという
歴史の妙。

誰かひとりでも欠けていたら、
韓国は今でも軍事政権
だったかも知れません。

そして、逆のことが、
これからどこかで
起こるかも知れません。


■女と男の観覧車

【9.22(土)】

 (1)13:00-14:46 予告5分
 (2)18:00-19:41 予告なし

【9.23(土)-9.28(金)】火曜定休

 13:00-14:46 予告5分

※9.28(金)最終

(本編101分/DCP上映)

<作品紹介>
ウディ・アレン監督にとって
人生とは、

「いくつかの面白いエピソードが含まれた悲劇」

だそうですが、
作る映画もまさにその通り。

出会い、恋に落ち、
しばしの幸福な時を経て
また別の出会いがあり、
新しい恋に落ちて
関係がもつれにもつれ……。

という展開は、
ウディ・アレン作品には
頻繁に見られるものですが、
ご本人の人生もそうであるのは
有名な話。

ニューヨーク、
バルセロナ、
ローマ、
パリ、

と、さまざまな都市を
舞台に映画を撮っている
ウディ・アレン監督。

それぞれの街から
インスピレーションを受けて
作っているそうですが、
もし東京を舞台に撮ったら
どんな悲劇が生まれるでしょうか。


━━━━━━━━━━━━━━━━━
2.今後の上映作品
━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://k-scalaza.com/more/more.html

港町
フジコ・ヘミングの時間
ラ・チャナ
判決、ふたつの希望
○○ー○○の○○○○○
ちえりとチェリー
チェブラーシカ 動物園へ行く
兵隊やくざ
おとうと
眠狂四郎勝負
眠狂四郎無頼剣
陸軍中野学校
大菩薩峠
雪之丞変化
炎上
座頭市物語
悪名
薄桜記
○き○○○○○○の○○
止められるか、俺たちを
武蔵野~江戸の循環農業が息づく~※再上映
〇〇〇〇〇
〇〇〇K
○○の○○○ー○
銃
それいけ!アンパンマン かがやけ!クルンといのち
返還交渉人 いつか、沖縄を取り戻す
悲しみに、こんにちは


━━━━━━━━━━━━━━━━━
3.ゲストコラム
━━━━━━━━━━━━━━━━━

もっと映画を見たいと常々言いながら、結局今年もあまり映画を見ていない。
今年何を見たかということさえ、既におぼろげにしか憶えていない。
先日ケータイを汲み取り便所に水没させてしまい、データとして残していた鑑賞リストもなくなった。
自分が今年何本映画を見たのかどうかなんて、気にしているのも結局自分だけだとは分かっているのでまあ差し支えは
ないのだけれど。

昔見た映画のことなどほとんど憶えてないし、いま何本見たって数年後に憶えているのは同様に2割、3割くらいなんじゃないだろうか。
そんなにすぐ忘れてしまう映画というものを、なんで見たいと思うのかが不思議なものだ。
自分は映画が好きなのか、映画を見るという体験が好きなのか。
以前見た何かのSF映画で、[映画を見た]という記憶を買う描写があった。
あらゆる体験を全て記憶として買えるその世界では、既に映画というものは脳内でだけ見るものとなっていたのだ。

映画というものを記憶として思い出す時、それは少しだけ夢に似ている。
もしも好きな夢を見られるならば、それは自分だけの映画を見るということに近いのかもしれない。
先週くらいだったか、部屋でDVDを見ながら眠ってしまい、夜中に目を覚まして、再び半分寝たまま映画を見たことがあった。
そして翌朝その映画を思いだそうとしても、頭の中の映像が本当に映画だったのか夢だったのか判別がつかないといった事があった。

もうひとつ思い出したことがある。昔、シネセゾン渋谷にヤン・シュヴァンクマイエル作品のオールナイト上映を見に行った時のことだ。
長編と短編をいくつか合わせた上映の終盤で、フィルムの掛け替えに何かトラブルでもあったのか、アナウンスもないまま数分間客席がほったらかしにされたことがあった。
真っ暗なままの場内では誰の喋る声も聞こえず、周りの観客の気配だけが静かな暗闇の中に漂っていた。
このまま上映が再開されず、皆で朝まで眠るのも良いかもしれないと、そんな事をぼんやり考えていると何事もなかったかのように上映が再開された。
あの時何が上映されていたのかは憶えていない。
もしかしたらあの出来事も夢だったのかもしれない。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
4.今週観た映画
━━━━━━━━━━━━━━━━━
観た映画と場所を記録します。

2018.9.14-2018.9.20
寝ても覚めても(イオンシネマ板橋)
フジコ・ヘミングの時間(川越スカラ座)

9月観た映画15本


━━━━━━━━━━━━━━━━━
5.イベント・キャンペーン情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://event.k-scalaza.com/

・8.18(土)~
『シューマンズ バー ブック』タイアップ
http://event.k-scalaza.com/?eid=1264498

・9.30(日)13:00の回
『ラ・チャナ』フラメンコパフォーマンス&トーク
http://event.k-scalaza.com/?eid=1264499

・10.13(土)
『ちえりとチェリー』中村誠監督初日舞台挨拶

・11.24(土)
『武蔵野~江戸の循環農業が息づく~』原村政樹監督初日舞台挨拶

・11.25(日)
第14回弁士・伴奏付き無声映画『瀧の白糸』上映会
http://event.k-scalaza.com/?eid=1264500


・無期限タイアップ

あぶり珈琲さん
http://event.k-scalaza.com/?eid=1264354

本渡第一映劇さん
http://event.k-scalaza.com/?eid=1264350

メガネフラワー神明町店さん
http://event.k-scalaza.com/?eid=1264345

上映作品・時間・イベントは予告なく変更になる場合がございます。
ご確認のうえご来場くださいませ。


━━━━━━━━━━━━━━━━━
6.支配人コラム
━━━━━━━━━━━━━━━━━

樹木希林さん 逝去

いつまでも存在し続けると勝手に思っていました。訃報が届いた時、スタッフも皆戸惑っていました。
本当に偶然ですが、パリから急遽戻って希林さんのお通夜に参列した直後の是枝監督と道で行き合いました。
明日の早朝にまたパリに戻らなければならないという監督から、是非希林さんの追悼上映を、と言葉を掛けられました。
なにかしら樹木希林さんへ敬意を表する上映をしたいと思います。
樹木希林さん、安らかにおやすみください。

ご冥福をお祈り致します。


━━━━━━━━━━━━━━━━━
7.休館日・サービスデー
━━━━━━━━━━━━━━━━━

・休館日
 毎週火曜日(祝日の場合営業、翌平日休館)
 10.20(土)-10.26(金)川越まつり、研修、メンテナンス等のため

・サービスデー
 毎週月曜日
 毎週木曜はママ&ベビーデー
 http://event.k-scalaza.com/?eid=1264418


━━━━━━━━━━━━━━━━━
8.やさぐれアルバイトの穴埋めコラム
━━━━━━━━━━━━━━━━━

休載です。


やさぐれアルバイト:Y


─────────────────

最後までお読みくださいましてありがとうございました。
みなさまのお越しを、スタッフ一同心よりお待ちしております。

メルマガの配信停止はこちらからお願いいたします
http://www.mag2.com/m/0001642559.html

発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/


川越スカラ座
350-0062
埼玉県川越市元町1-1-1
tel/fax 049-223-0733

公式サイト http://k-scalaza.com/
Twitter公式アカウント https://twitter.com/k_scalaza
メルマガ担当:飯島

Tシャツ&サコッシュ販売中! https://suzuri.jp/k_scalaza

LINEスタンプ販売中! https://line.me/S/sticker/3513607

─────────────────

川越スカラ座メールマガジン

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 週刊
最新号 2018/09/21
部数 812部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

川越スカラ座メールマガジン

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 週刊
最新号 2018/09/21
部数 812部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング