川越スカラ座メールマガジン

川越スカラ座メールマガジン 2019.2.15 vol.225

・・・・・・・・・・・・・・・・・

  川越スカラ座メールマガジン
     2019.2.15 vol.225

・・・・・・・・・・・・・・・・・

急遽決まった、
『返還交渉人 いつか、沖縄を取り戻す』
初日舞台挨拶。

昨年11月の、
『止められるか、俺たちを』
舞台挨拶では、井浦新さんのご登壇は
当日のサプライズだったため、
事前告知はできなかった

というか、

当日まで私たちも知らなかったのですが、
今回は数日前にお知らせをいただき、
事前告知をすることができました。

急遽、予約受付をすることにしましたが、
おかげさまであっという間に予約分は完売。

(メルマガ発行日と被らなかったため、
いま知ったという方、大変申し訳ありません!)

当日券は20枚強用意しましたが、
完売は間違いないと思います。

「川越スカラ座を満席にする方」
リストに、あらたに井浦さんが加わりました。

常連の方はよくご存じと思いますが、
うちを満席にできるって、
本当にすごいことですよ!

そして、

4か月の間に2回も井浦さんに
お会いできるなんて、
映画館やってて本当によかった!!


<index>

1.明日からの上映作品案内

2.今後の上映作品

3.ゲストコラム

4.今週観た映画

5.イベント・キャンペーン情報

6.スタッフコラム

7.休館日・サービスデー

8.やさぐれアルバイトの穴埋めコラム


━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.明日からの上映作品案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://k-scalaza.com/

■ぼけますから、よろしくお願いします。

2.16(土)-2.22(金)火曜定休

(1)10:30-12:17 予告5分


※3.1(金)最終

(本編102分/DCP上映)


<作品紹介>
東京でテレビのドキュメンタリー番組
制作を手掛けるひとり娘「私」。

広島県呉市に住む両親の姿を、
帰省するたびに撮っていた「私」は、
あるとき母の異変に気付く。

「お母さん、ちょっとおかしいよね?」

という娘の言葉に父も頷き、
母を病院に連れて行くと、
認知症と診断される。

医師の診断結果を聞いても
ショックを受けない母の姿に、
「私」は母の病気を確信。

かくして、父95歳、母87歳の
老老介護が始まった―。

それまで家事をやってこなかった父が
95歳にして初めてりんごの皮をむき、
ずっとみんなの世話をしてきた母が、
人の世話になることに悲しみ、苦しむ。

症状が進んできた母の、

「迷惑をかけるなら死にたい」

と叫ぶ姿に、なんとも言いようのない
気持ちになります。

全員が認知症になるわけでないですが、
介護自体は、する方もされる方も、
多くの方が避けては通れない道。

ぜひご覧ください。


■悲しみに、こんにちは

2.16(土)-2.22(金)火曜定休

(1)13:00-14:45 予告5分

※2.22(金)最終

(本編100分/DCP上映)


<作品紹介>
母親を病気で亡くした少女フリダは、
カタルーニャにいる叔父家族と
一緒に住むことになる。

バルセロナで育ったフリダにとって、
自給自足の田舎暮らしは
初めてのことばかり。

温かく迎え入れてくれた
叔父夫婦だったが、
母親の入院中に祖母たちから
甘やかされて育ったフリダの言動に
いらだちを見せることも。

多感な時期に、親との死別、
これまでと全く異なる環境への引っ越し、
と大きすぎる変化を経験した
フリダにとっても、
彼らと馴染むには時間がかかり…。

フリダの母の「病気」。

言葉で明示はされませんが、
大人たちの言動により、
それがなんだったのか明らかになります。

本作は監督の実体験をもとにしており、
正直言って映画を観たときは
信じられませんでしたが、
パンフレットのインタビューを読むと、
当時のスペインではよくあったことのようです。

フリダの経験は特殊といえば特殊かも
知れませんが、まだほんの小さな子どもから
少女(あるいは少年)になっていく過程での
独特な繊細さは普遍的なもの。

観ている間、誰もがきっとその
「特別な時期」だった自分を思い出し、
フリダをぎゅっと抱きしめたくなる。

愛おしい作品です。


■返還交渉人 いつか、沖縄を取り戻す

2.16(土)-2.22(金)火曜定休

(1)15:15-17:00 予告5分

※2.22(金)最終

(本編100分/DCP上映)


<作品紹介>
1972年にアメリカから日本に
返還された沖縄。

2010年に返還当時の資料が公開され、
そこから浮かび上がったのは、
対米交渉、対沖縄折衝で大きな役割を
担ったひとりの外交官の存在だった。

人生をかけ、沖縄返還をアメリカに
求め続けた千葉一夫。

彼の半生を描いたNHKドラマに、
新たな映像を加え再編集した本作。

いかに沖縄が耐えてきたか、
いかに苦しんできたか、

そして千葉一夫氏がどれだけ
沖縄のために尽力したか、

よくわかる内容となっています。

いまも基地問題に揺れ続ける沖縄。
本作を見て、観光地としてではない
沖縄について考えるきっかけになればと
思います。


○初日舞台挨拶○

当日券はあまり多くはないですが
ご用意あります。

朝11:00より販売開始。
ぜひお越しくださいませ。

http://event.k-scalaza.com/?eid=1264513


━━━━━━━━━━━━━━━━━
2.今後の上映作品
━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://k-scalaza.com/more/more.html

がんになる前に知っておくこと
僕の帰る場所
津軽のカマリ
そらのレストラン
バスキア、10代最後のとき
ギャングース
家(うち)へ帰ろう
若おかみは小学生!
まわる映写機 めぐる人生
世界一と言われた映画館 酒田グリーン・ハウス証言集
YUKIGUNI
華氏119
私は、マリア・カラス
メアリーの総て
○○○家の○ ○○○○の○○
誰がために憲法はある


━━━━━━━━━━━━━━━━━
3.ゲストコラム
━━━━━━━━━━━━━━━━━

ないならば  作ってしまおう  誕生日
不明だったうさぎの誕生日が今年から2月15日になりました。
うさぎの誕生日につき……休載!
(5歳になりました)

http://k-scalaza.com/column_images/20190215column_image001.jpeg


━━━━━━━━━━━━━━━━━
4.今週観た映画
━━━━━━━━━━━━━━━━━
観た映画と場所を記録します。

2019.2.8-2019.2.14

ミスター・ガラス(ユナイテッド・シネマわかば)
サムライマラソン(ギャガ本社試写室)
ハロウィン(東宝東和本社試写室)
バンブルビー<プレミアム マスコミ試写>(TOHOシネマズ日比谷)
がんになる前に知っておくこと(川越スカラ座)
ぼけますから、よろしくお願いします。

2月観た映画12本


━━━━━━━━━━━━━━━━━
5.イベント・キャンペーン情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://event.k-scalaza.com/

・2.16(土)
『返還交渉人 いつか、沖縄を取り戻す』初日舞台挨拶
http://event.k-scalaza.com/?eid=1264513

・2.23(土)
『がんになる前に知っておくこと』トークイベント
http://event.k-scalaza.com/?eid=1264512

・2.24(日)
『僕の帰る場所』舞台挨拶

・3.2(土)、3.3(日)
『津軽のカマリ』舞台挨拶&三味線生演奏
初日ゲスト:佐々木鶴藤さん(鶴藤会)
2日目ゲスト:山本竹勇さん(竹勇会)

・3.16(土)
『ギャングース』入江悠監督初日舞台挨拶

・3.23(土)
『家(うち)へ帰ろう』アフタートーク
ゲスト:渋谷哲也さん(ドイツ映画研究)、月永理恵さん(映画ライター)

・4.6(土)
第15回弁士・伴奏付き無声映画『サンライズ』上映会
http://event.k-scalaza.com/?eid=1264510


・無期限タイアップ

あぶり珈琲さん
http://event.k-scalaza.com/?eid=1264354

本渡第一映劇さん
http://event.k-scalaza.com/?eid=1264350

メガネフラワー神明町店さん
http://event.k-scalaza.com/?eid=1264345

上映作品・時間・イベントは予告なく変更になる場合がございます。
ご確認のうえご来場くださいませ。


━━━━━━━━━━━━━━━━━
6.スタッフコラム
━━━━━━━━━━━━━━━━━

コラムは、雨の九州出張の為休載(涙)

支配人・舟橋


━━━━━━━━━━━━━━━━━
7.休館日・サービスデー
━━━━━━━━━━━━━━━━━

・休館日
 毎週火曜日(祝日の場合営業、翌平日休館)

・サービスデー
 毎週月曜日
 毎週木曜はママ&ベビーデー
 http://event.k-scalaza.com/?eid=1264418


━━━━━━━━━━━━━━━━━
8.やさぐれアルバイトの穴埋めコラム
━━━━━━━━━━━━━━━━━

コラム、休載


─────────────────

最後までお読みくださいましてありがとうございました。
みなさまのお越しを、スタッフ一同心よりお待ちしております。

メルマガの配信停止はこちらからお願いいたします
http://www.mag2.com/m/0001642559.html

発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/


川越スカラ座
350-0062
埼玉県川越市元町1-1-1
tel/fax 049-223-0733

公式サイト http://k-scalaza.com/
Twitter公式アカウント https://twitter.com/k_scalaza
メルマガ担当:飯島

Tシャツ&サコッシュ販売中! https://suzuri.jp/k_scalaza

LINEスタンプ販売中! https://line.me/S/sticker/3513607

─────────────────

川越スカラ座メールマガジン

発行周期: ほぼ 週刊 最新号:  2019/02/15 部数:  808部

ついでに読みたい

川越スカラ座メールマガジン

発行周期:  ほぼ 週刊 最新号:  2019/02/15 部数:  808部

他のメルマガを読む