かみさまとのやくそく

~祝・アップリンク吉祥寺Open~

━★ かみさまとのやくそく ★ ━━
     2018.12.26発刊   Vol.0213

★-- 監督・荻久保則男の「自主上映会レポート」 

いつも大変お世話になっております。
吉祥寺パルコの地下に新たにオープンしたアップリンク吉祥寺で
1/4(金)と1/21(月)に「かみさまとのやくそく」が企画上映されます。

1/4(金)は映画の中で、すみれさんとインタビューを受けていた
加藤姉妹のご両親、加藤ご夫妻が上映後の舞台挨拶に登壇されます。
子どもたちの人格を尊重し、可能性を笑顔で応援する胎内記憶を活かした
子育てについて興味深いお話が盛りだくさんです。

https://joji.uplink.co.jp/movie/2018/226

先日20(木)に本企画上映の第一弾があり、
池川明先生と舞台挨拶させていただきました。
当初は池川先生のお話を私が記録撮影させていただこうと考えていたのですが、
池川先生と劇場側のご厚意で私と池川先生のトーク形式となりました。
私はビデオカメラで撮影しつつトークさせていただく格好となりました。

実際に舞台上でカメラを構えると 池川先生の真横におりますので、
ベストポジョンのカメラ位置でした!
しかも舞台前スピーカーのすぐ横に池川先生がおられたので、
録音状態もベストな位置でした!
かみさま ありがとうございます。

池川先生の多岐にわたるお話がとても深く、私は目に涙を浮かべながら、
何度も頷きつつカメラを廻しておりました。

これから助産師さんになろうとするお嬢様を持つお母さんからのご質問への
池川先生からの優しいメッセージにとても心を撃たれました。

新人の助産師さんには10件の赤ちゃんの出産に立ち会う過程があるとのことです。
死産に立ち会うこともあり、心が激しく揺れてしまったりすることもあり、
これからしっかりやっていけるだろうか?と悩んいます、とのご質問でした。

池川先生はご自身のご経験を交え、
死産になることもあるお産の現場の厳しさを丁寧にご説明くださり、
その際にブレない精神状態を保つことの重要性もご説明くださいました。
そして、最後にこう仰ったのです。
「でも、そんな優しい心の持主にこそ、医療に携わってほしいし、
お嬢さんの優しさは才能なのですから『あなたには才能があるのよ』
とお母さん応援してくださいね」と。

優しい心が才能であると、はるか彼方を孤高に歩む大先輩に
人格の本質を応援していただけること、なんてありがたいことでしょう。
若い人が励まされ、立てた志を大切にのばしていくために
最高の応援だと感動したのでした。

いつか自分も若い人にそんな言葉をかけてあげられる人になりたいです。
池川先生、スタッフの皆さま、お越しくださいましたお客様、
本当にありがとうございます。

加藤ご夫妻、かがみ知加子先生の舞台挨拶も短い時間にも関わらず、
人生を変えるくらいの大きな力をもった本物の講演会です。
1/4(金)、1/21(月)どうか、吉祥寺アップリンクにいらしてくださいませ。

メールマガジンをお読みくださり、本当にありがとうございます。

良い年末年始をお過ごしくださいませ。

「かみさまとのやくそく」監督:荻久保則男

★-- 映画の感想
この映画を人に勧めたいとおもいますか?
1.そう思う
理由:大人になって忘れてしまったことを知ることができたから

この映画に出会えてよかったです。
子どもと接する機会がなく、どう接したらいいかわからず
苦手、と思う事もありましたが、
友達の赤ちゃんや子どもと会う事が増えてきて、
この映画を観て愛おしい存在だと感じました。

映画最後の試練について、とても響くものがありました。
次のページを開こうとしない自分がいましたが、
開く勇気をいただきました。
私もまだ未熟です。
人の役に立ちたい、という思いは常にありました。
本能的なものなのかもしれません。
使命と自覚して、新しい試練に明日から臨みます。
ありがとうございました。(30代女性)

☆彡劇場公開☆彡

【東京・吉祥寺】アップリンク吉祥寺

アップリンク吉祥寺にて「かみさまとのやくそく」
上映があと2回ございます。
真新しい映画館で、皆様のお越しをお待ちしております。

●1月4日(金) 午前中の上映
【上映後舞台挨拶】加藤よしひろ、加藤あい(出演者・加藤姉妹両親)

●1月21日(月) 午前中の上映
【上映後舞台挨拶】かがみ知加子先生(出演者・一般社団法人 ママ育協会代表)

お申込み方法、上映時間など詳細は、アップリンク吉祥寺のサイトをご確認ください。

https://joji.uplink.co.jp/movie/2018/226

****************************

★-- 「かみさまとのやくそく」自主上映会情報
    http://norio-ogikubo.info/?p=13026

●12月27日(木)愛知県・名古屋市/一般社団法人日本文化レクリエーション協会

●12月27日(木)鹿児島県・鹿児島市/JEWNEListサロンPONTE☆三作品上映会

●1月5日(土)東京都・渋谷区/シェアビズBlossom

●1月6日(日)東京都・杉並区/保護猫ハウスふしぎねこんち☆W上映会☆

●1月6日(日)京都府・京都市/アロマテラピーサロンLakshmi薫森館

●1月6日(日)香川県・高松市/ぬちどぅ宝

  ☆池川明先生・飛谷ユミ子先生講演会☆

●1月8日(火)愛知県・名古屋市/一般社団法人日本文化レクリエーション協会

●1月11日(木)愛知県・名古屋市/一般社団法人日本文化レクリエーション協会

●1月11日(木)千葉県・佐倉市/イオンタウンホール

●1月13日(日)東京都・杉並区/保護猫ハウスふしぎねこんち☆W上映会☆

●1月13日(日)東京都・足立区/ファスティング・サロン HALe【満員御礼】

●1月15日(火)鹿児島県・出水市/花*花サロン

★-- 「ひかりの国のおはなし」自主上映会情報
  http://bit.ly/2du1pfs

●12月27日(木)愛知県・名古屋市/一般社団法人日本文化レクリエーション協会

●12月27日(木)鹿児島県・鹿児島市/JEWNEListサロンPONTE☆3作品上映会

●1月6日(日) 東京都・杉並区/保護猫カフェふしぎねこんち☆W上映会☆

●1月8日(火)愛知県・名古屋市/一般社団法人日本文化レクリエーション協会

●1月11日(金)愛知県・名古屋市/一般社団法人日本文化レクリエーション協会

●1月18日(金)愛知県・名古屋市/一般社団法人日本文化レクリエーション協会

★-- 「介護講談」自主上映会情報
  http://bit.ly/2dtZVlb

●12月27日(木)鹿児島県・鹿児島市/JEWNEListサロンPONTE☆3作品上映会

●1月8日(火)愛知県・名古屋市/一般社団法人日本文化レクリエーション協会

●1月13日(日)東京都・杉並区/保護猫ハウスふしぎねこんち☆W上映会☆

●1月20日(日)東京都・杉並区/保護猫ハウスふしぎねこんち☆W上映会☆

★-- 編集後記
皆様、メールマガジンをいつもお読みいただいてありがとうございます。
私事ですが、本日をもちまして熊猫堂の業務から卒業することとなりました。
上映主催者の皆さま、アップリンクなどで直接お話させていただいた皆さま、
映画をご覧になって感想文をお寄せくださったり、
「上映会って私でもできるのかな?」とお問合せ下さった皆さま、
本当にありがとうございました。

この映画を通して、多くの方にお会い出来たことが宝物です。

舞台挨拶でもよくお話したことなのですが、
感想文を読んでいると不思議な事に気づきました。
子育て真っ最中の方は、この映画を
自分とお子さんに当てはめて考えます。
「私は子どもを一人の人格を持つ人間として扱ってきたかしら?」
「私が笑顔でいることが、まず必要なんだ。」
お母さんの立場からの気づきが綴られています。

では、子育てが終わった世代の方はどうかというと
自分と子ども、より、自分と母親、に当てはめる方が多いのです。
「私も母を笑顔にしたくて、この世に生まれてきたとわかりました。」
「母の介護に明け暮れる毎日ですが、
こんなに大変なのは私だけ、という感覚から
ようやく恩返しをしている、という感覚になりました。」

でも中には「もう父母はとっくに他界してしまい、
映画を観て感じた思いも、もう伝えられない…。」
という方もいらっしゃいます。

もし皆さんが、何か伝えたい、という方が
この世にいらっしゃるのであれば、
行動をとっていただきたく思いました。

感想文を読んできて、そのような傾向がわかりました。

年末年始で帰省される方も多いと思いますので、
ご家族に伝えるいい機会として、
何かお伝えしていないことがある方は
お話されてはいかがでしょうか。

それでは皆様、よいお年をお迎えください。

実行委員 加藤あい

━━━
 ◇映画「かみさまとのやくそく」HP  http://norio-ogikubo.info/
 ◇公式facebook   https://www.facebook.com/kamisamatonoyakusoku/?fref=ts
 ◇お問い合わせ先  kamisamatono@gmail.com

 発行:株式会社 熊猫堂
   「かみさまとのやくそく」実行委員会 

★------------------------------------------------------------- 
 当メールマガジンの内容については、発行者・執筆者に
 著作権がございます。転載・複写に関しましては
 「かみさまとのやくそく」実行委員会にお問い合わせください。
   kamisamatono@gmail.com

かみさまとのやくそく

発行周期: ほぼ 週刊 最新号:  2019/01/16 部数:  1,598部

ついでに読みたい

かみさまとのやくそく

発行周期:  ほぼ 週刊 最新号:  2019/01/16 部数:  1,598部

他のメルマガを読む