かみさまとのやくそく

~前世の記憶を癒す~

━★ かみさまとのやくそく ★ ━━
     2018.11.28発刊   Vol.0209

★-- 監督・荻久保則男の「自主上映会レポート」 

いつも大変お世話になっております。
すごい本に出会いました。
過去生記憶を語る男の子と母親の物語をご紹介させてください。

「ぼくはのっぽの大リーガーだった ~前世記憶をもつ野球少年の、真実の物語~」
キャシー・バード 著 / 釘宮律子 訳 (ナチュラルスピリット)

http://amzn.asia/d/gT9InyS 

キャシー・バードさんは2児の母親ですが、
息子が語る過去生記憶にまつわるお話をまとめた本書で作家デビューし、
本書はハリウッドで映画化が決定しているそうです。

序文のジャック・キャンフィールド(「こころのチキンスープ」の著者)の文章、
エベン・アレクサンダー(「プルーフ・オブ・ヘブン~脳神経外科医が見た死後の世界」)
の推薦文からひたすら興奮し、あっという間に読み終えてしまいました。
すごい物語です!

野球の話だけではなく、過去生記憶を持つ子どもと母親の永遠のストーリーが展開されます。

読み進めているうちに「これはぜひ、映画化したい!」と私も思ってしまうほど、
イメージがありありと浮かんでくるのです。

「フィールド・オブ・ドリームス」や「ナチュラル」など、
野球をベースにした傑作映画は多数ありますが、
それと共通する開放感、ワクワクとした素晴らしさが詰まっています。

もちろん予備知識なしでお読みいただくのがベストなのですが、
本のための予告編映像をご紹介させてください。
英語なのでわからぬままですが、観ていて思わず涙ぐんでしまいました。

予告編の中にも「お空からやってきた」という子どもの胎内記憶の台詞があり、大感動です。
ぜひ、ご覧ください。
2分27秒です。
https://youtu.be/uf2tORRZAVc

早く映画が観たい!
アメリカでもきっと、過去生のお話や胎内記憶が導く魂の存在、
魂の声を大切にした生き方に人々を導いていく波が広がっているに違いない!
と、感激しました。
ワクワクと待ちましょう。

いつもメールマガジンをお読みくださり、ありがとうございます。

「かみさまとのやくそく」監督:荻久保 則男

★-- 映画の感想 
この映画を人に勧めたいとおもいますか?
1.そう思う
理由:人はお母さんや、その他の人の役に立ちたい、と思って生まれてきた
ということを、子育てで悩むお母さん達に伝えたいです。

映画の感想:
私も少しですが、生まれる前の記憶があります。
(空から地上を見下ろした風景)
0歳の時も、断片的にですが、記憶があります。
だから、乳児、幼児の時に感じていた様々な大人の態度で
今も嬉しかったこと、悲しかったことがあります。
乳児、幼児だからといって、きっとわからない、なんていう
前提はないことを知って、全ての母親は愛を注ぐことにもっと
一生懸命になって欲しいと思っていました。

私はそのような記憶があるのは、あまり信じてもらえない、と
思っていたので、他言していませんでしたが、
他にもそういう子どもがいるのがわかって、今日は嬉しいです。

それから、親の事を悪く言う人にいつも思っていたこと
→「あなたが選んで生まれてきたんだよ。」と思っていました。

この映画は全く真実です。ありがとうございました。
子どもが語ってくれたことと、同じことを思っています。
(50代女性)

考えたこともない映画を見せていただきました。
何ともショックで、私は反対のことばかり考えて生きてきました。
自分を好きになる!これが課題です。
(30代男性)

☆彡劇場公開☆彡

【東京・渋谷】アップリンク

荻久保監督をはじめ、映画出演者、関係者が
可能な限り、上映後トークに伺っています。
短い時間でも、生の声でお伝えできることを届けたい、
また、ご質問にもお答えしたい。
そして、ロビーでは個人的なお話や感想を
聞かせていただき、双方向のやり取りが
できる時間を少しでも作れれば、と思っています。
直接、思いをシェアできる、という場となり
おかげさまで大好評です。
何人もの方が列を作り、和気あいあいの場が出来ています。
ぜひ、映画+双方向コミュニケーションの場
アップリンクにお越しください!

●11月29日(木)10:15~11:55
【上映後舞台挨拶】登壇者:加藤よしひろ、加藤あい(出演者・加藤姉妹両親)

●11月30日(金)10:30~12:10
【上映後舞台挨拶】登壇者:加藤よしひろ、加藤あい(出演者・加藤姉妹両親)

●12月1日(土)10:15~11:55

●12月2日(日)10:15~11:55

●12月3日(月)10:15~11:55

●12月4日(火)10:15~11:55
【上映後舞台挨拶】登壇者:加藤よしひろ、加藤あい(出演者・加藤姉妹両親)

●12月5日(水)10:15~11:55
【上映後舞台挨拶】登壇者:荻久保則男(本作監督)

●12月6日(木)10:15~11:55

●12月7日(金)10:15~11:55
【上映後舞台挨拶】登壇者:加藤よしひろ、加藤あい(出演者・加藤姉妹両親)

 http://www.uplink.co.jp/movie/2018/51898

****************************

★-- 「かみさまとのやくそく」自主上映会情報

    http://norio-ogikubo.info/?p=13026

●11月29日(木)宮崎県・宮崎市/宮崎市男女参画センター パレット

●11月30日(金)沖縄県・那覇市/てぃるる

●12月1日(土)宮崎県・宮崎市/明星幼稚園

●12月1日(土)東京都・立川市/ピーチスノウハウス立川店

●12月1日(土)沖縄県・沖縄市/二フェーデビル

●12月1日(土)2日(日)兵庫県・明石市/ウィズ明石

  ☆羽生すみれさんお話会☆【エデュケーショナル版】《満席御礼》

●12月2日(日)神奈川県・茅ケ崎市/ジャム・イン・ザ・ボックス

●12月2日(日)兵庫県・伊丹市/人権啓発センター

●12月2日(日)大阪府・大阪市/Babel cafe

●12月2日(日)沖縄県・名護市/為又公民館

●12月2日(日)3日(月)東京都・東村山市/ライズ久米川接骨院

●12月2日(日)東京都・杉並区/保護猫カフェふしぎねこんち☆W上映会☆

●12月4日(火)東京都・中野区/地球コミュニティ中野サロン

●12月7日(金)奈良県・北葛城郡/こころの玉手箱

●12月7日(金)鹿児島県・鹿児島市/JEWNEListサロンPONTE

●12月8日(土)9日(日)東京都・新宿区/小林ビル2階

●12月9日(日)東京都・足立区/ファスティング・サロン HALe

●12月9日(日)愛媛県・新居浜市/新谷ウィメンズクリニック アンデルセンホール

●12月9日(日)千葉県・千葉市/生涯学習センター ☆羽生すみれちゃんお話会☆

●12月9日(日)東京都・杉並区/保護猫カフェふしぎねこんち☆W上映会☆

★-- 「ひかりの国のおはなし」自主上映会情報

  http://bit.ly/2du1pfs

●12月1日(土)神奈川県・茅ケ崎市/アロマココロ

  ☆どいしゅうさんのおはなし会☆

●12月2日(日)東京都・杉並区/保護猫カフェふしぎねこんち☆W上映会☆

●12月9日(日)鳥取県・八頭郡/宿坊光澤寺(こうたくじ)

  ☆どいしゅうさんお話☆

●12月11日(火)愛知県・名古屋市/一般社団法人日本文化レクリエーション協会

●12月13日(木)愛知県・名古屋市/一般社団法人日本文化レクリエーション協会

●12月13日(木)鹿児島県・鹿児島市/JEWNEListサロンPONTE☆3作品上映会

●12月14日(金)北海道・札幌市/札幌市資料館☆W上映会☆

●12月16日(日)東京都・杉並区/保護猫カフェふしぎねこんち☆W上映会☆

★-- 「介護講談」自主上映会情報

  http://bit.ly/2dtZVlb

●12月9日(日)東京都・杉並区/保護猫カフェふしぎねこんち☆W上映会☆

●12月11日(火)愛知県・名古屋市/一般社団法人日本文化レクリエーション協会

●12月13日(木)鹿児島県・鹿児島市/JEWNEListサロンPONTE☆3作品上映会

●12月23日(日)東京都・杉並区/保護猫カフェふしぎねこんち☆W上映会☆

★-- 編集後記
監督が上で紹介している、前世記憶のある男の子はアメリカ在住ですね。
キリスト教では前世や輪廻転生という概念が無いそうで、
(昔はあったようなのですが、553年の宗教会議で否定されてからは
無いもの、になってしまったようですね。)
教義に反してしまうので、あまり大っぴらに話せない、と
聞いたような気がしますが、
最近はそのような風潮も変わってきたのでしょうか。

他にも、最近テレビで取り上げられた事例として
「ぼくは”風と共に去りぬ”の脚本家だった」という
男の子の話があります。
これもアメリカ・イリノイ州の男の子です。

私は個人的に一番びっくりしたのは、
もうずいぶん前にテレビ番組で見た
大門先生が調査に関わった、退行催眠により
ネパール語を話し出した日本人主婦の話でした。

今世では全くネパール語も習った事もないし、
ネパールに行ったこともないし、という女性が
退行催眠下で、ネパール語で過去生の名前、様子などを
話し始める、という驚きの映像でした。

この内容については大門正幸先生の著書
「なぜ人は生まれ、そして死ぬのか」宝島社
に詳しく書いてあります。
興味のある方は、ぜひ読んでみてくださいね。

実行委員 加藤あい

━━━
 ◇映画「かみさまとのやくそく」HP  http://norio-ogikubo.info/
 ◇公式facebook   https://www.facebook.com/kamisamatonoyakusoku/?fref=ts
 ◇お問い合わせ先  kamisamatono@gmail.com

 発行:株式会社 熊猫堂
   「かみさまとのやくそく」実行委員会 

★------------------------------------------------------------- 
 当メールマガジンの内容については、発行者・執筆者に
 著作権がございます。転載・複写に関しましては
 「かみさまとのやくそく」実行委員会にお問い合わせください。
   kamisamatono@gmail.com

ついでに読みたい

かみさまとのやくそく

発行周期:  ほぼ 週刊 最新号:  2019/03/20 部数:  1,586部

他のメルマガを読む