かみさまとのやくそく

~死産した赤ちゃんが教えてくれたこと~

━★ かみさまとのやくそく ★ ━━
     2018.11.21発刊   Vol.0208

★-- 監督・荻久保則男の「自主上映会レポート」 

いつも大変お世話になっております。

18(日)名古屋で開催されました上映会と大門正幸先生、羽生すみれさんの
トークと歌のライブイベントにお伺いさせていただきました。

大門先生の胎内記憶についての丁寧なご説明は録画しておきたいくらい感動的でした。

すみれさんとお母さんゆきさんのお話も笑顔に満ちたものとなりました。

すみれさんの歌は今回2曲。

大門正幸先生のCD「生まれてきてくれてありがとう」から
「かみさまとのやくそく」と、初めて歌う同CDからの「想い」。

新しい歌を歌うためにすみれさんは分からない言葉があれば辞書を引いて、
歌詞の意味を丁寧に噛みしめながら、一生懸命練習したそうです。

トークには私もゲストとして、
帰国したばかりのロシアでのお話を少しさせていただきました。

お客様をお見送りさせていただく際に こんなお話をお聴きしました。
感動したので、ご了解を得てシェアさせていただきます。

現在は2人のお子さんの子育て真っ最中のお母さんなのですが、
一人目のお子さんを死産されたのだそうです。

もうこれ以上ないくらいの深い悲しみの中で
「かみさまとのやくそく」をご覧になり、
池川明先生のご著書を読んで、立ち直ることができたのだそうです。

なぜなら、死産の深い悲しみを身を以て知ったことから
死産の経験のある方からその苦しみ、悩みを聴くことができ、
相手に少しでも楽な気持ちになっていただけるお役目を得たのだ
と思えるようになったから。

経験した者にしか分からないほどの深い悲しみだから、
なかなか死産の悲しみをわかってもらえない、
と口を閉ざしている方がたくさんいたのだそうです。

彼女たちからお話を聴くことで、その悩みを軽減してあげることができる。
お空に帰ったあかちゃんとともに、そのための経験をしたのだ、と。

辛い経験や悲しみでなく、喜びも通り越して
その体験がキラキラと輝いているように感じるそうです。

私と別の人ではなくその子と私が合体したみたいな統合したみたいな感じ。

そんな体験をしたくてこの地球にきた気がします、と。

少し見方を変えるだけで、人生というテーマパークは輝き出します。

素晴らしいお話を ありがとうございます。

大門先生、すみれさん、ゆきさん。

上映会主催の砂山様、スタッフの皆様、応援に駆けつけてくださった片山様。

おいでくださいましたお客様、本当に本当にありがとうございます。

いつもメールマガジンをお読みくださり、ありがとうございます。

「かみさまとのやくそく」監督:荻久保則男

★-- 映画の感想 
この映画を人に勧めたいとおもいますか?
1.そう思う
理由:流産死産を体験した友人、生きることに難しさを感じている友人の
心が軽くなるのかなぁ、と思いました。

映画の感想:
日常で経験する他人、身内の愚痴、悲しみ、淋しさに、
他の人以上に感じやすく、苦しさや無力感を感じて生きてきたので、
とても自信を無くしていました。
すみれさんの言う通り、笑顔で平和な世の中になるように
私が笑って、幸せ(みんなの)を望んで生きて行けばいいんだ。
今までもこれからも、そうやって自信を持って生きていきたい、
と思え、なんだかスッキリしました!!
またこの映画みたいです。
ありがとうございました。(30代女性)

映画の感想:
私には来月2歳になる息子がいます。
毎日一緒に生活する中で、最近ひどくいらいらしてしまいます。
ダメだとわかっていても、息子に、来るな、あっちいけ、
うるさい、泣くな、ダメなど、本当に良くないことを言ってました。
私なんか選んだのまちがい、バカだなー、とか思ってしまってました。

でも今日話を聞いて、優しい息子、かわいい息子、大好きな息子に
そんな素敵な言葉をいっぱいかけてあげたいな、と思いました。
完璧な母になろうと、食べ物、あそび、全てにおいて
あれこれ決めつけていた自分に、大変反省しました。
少し力を抜いて、子どもと遊び、まじめになりすぎず、
笑顔(^^)でいようと思いました。
今日は本当にありがとうございました。(20代女性)


☆彡劇場公開☆彡

【東京・渋谷】アップリンク

荻久保監督をはじめ、映画出演者、関係者が
可能な限り、上映後トークに伺っています。
短い時間でも、生の声でお伝えできることを届けたい、
また、ご質問にもお答えしたい。
そして、ロビーでは個人的なお話や感想を
聞かせていただき、双方向のやり取りが
できる時間を少しでも作れれば、と思っています。
直接、思いをシェアできる、という場となり
おかげさまで大好評です。
何人もの方が列を作り、和気あいあいの場が出来ています。
ぜひ、映画+双方向コミュニケーションの場
アップリンクにお越しください!

●11月21日(水)10:15~11:55 
【上映後舞台挨拶】登壇者:かがみ知加子(出演者・一般社団法人 ママ育協会代表)

●11月22日(木)10:15~11:55 
【上映後舞台挨拶】登壇者:加藤よしひろ、加藤あい(出演者・加藤姉妹両親)

●11月23日(金)10:25~12:05

●11月24日(土) 10:15~11:55

●11月26日(月)10:45~12:25

●11月27日(火)10:15~11:55

●11月28日(水)10:15~11:55

●11月29日(木)10:15~11:55

●11月30日(金)10:30~12:10

 http://www.uplink.co.jp/movie/2018/51898


****************************

★-- 「かみさまとのやくそく」自主上映会情報

    http://norio-ogikubo.info/?p=13026

●11月21日(水)23日(金・祝)富山県・富山市/フューチャーシティーファボーレ

●11月22日(木)鹿児島県・鹿児島市/JEWNEListサロンPONTE

●11月23日(金)神奈川県・川崎市/多摩市民館5F和室☆W上映会☆

●11月23日(金)神奈川・横浜桜木町/横浜市市民活動支援センター4階

●11月23日(金)山形県・酒田市/東北公益文科大学キャンパス内公益ホール

  ☆羽生すみれちゃん・ゆきさんお話会☆

●11月23日(金・祝)愛知県・名古屋市/MariCafe

●11月23日(金)24日(土)神奈川県・川崎市/シェアハウス「しかくい空」

●11月24日(土)京都府・舞鶴市/舞鶴市商工観光センター【エデュケーショナル版】

●11月24日(土)北海道・野付郡別海町/マルチメディア館

●11月24日(土)25日(日)北海道・札幌市/市内各所

●11月25日(日)大阪府・大阪市/しぇあさろんゆるり

●11月25日(日)東京都・杉並区/保護猫カフェふしぎねこんち☆W上映会☆

●11月26日(月)北海道・標津郡中標津町/ushiyado

●11月28日(水)鹿児島県・姶良市/えきまえ

●11月29日(木)宮崎県・宮崎市/宮崎市男女参画センター パレット

●11月30日(金)沖縄県・那覇市/てぃるる

●12月1日(土)宮崎県・宮崎市/明星幼稚園

●12月1日(土)東京都・立川市/ピーチスノウハウス立川店

●12月1日(土)沖縄県・沖縄市/二フェーデビル

●12月1日(土)2日(日)兵庫県・明石市/ウィズ明石

  ☆羽生すみれさんお話会☆【エデュケーショナル版】《満席御礼》

●12月2日(日)神奈川県・茅ケ崎市/ジャム・イン・ザ・ボックス

●12月2日(日)兵庫県・伊丹市/人権啓発センター

●12月2日(日)大阪府・大阪市/Babel cafe

●12月2日(日)沖縄県・名護市/為又公民館

●12月2日(日)3日(月)東京都・東村山市/ライズ久米川接骨院

●12月2日(日)東京都・杉並区/保護猫カフェふしぎねこんち☆W上映会☆


★-- 「ひかりの国のおはなし」自主上映会情報

  http://bit.ly/2du1pfs

●11月22日(木)鹿児島県・鹿児島市/JEWNEListサロンPONTE

●11月23日(金)神奈川県・川崎市/多摩市民館5F和室☆W上映会☆

●11月25日(日)広島県・広島市/広島市まちづくり市民交流プラザ

  ☆どいしゅうさんお話会☆

●12月1日(土)神奈川県・茅ケ崎市/アロマココロ

  ☆どいしゅうさんのおはなし会☆

●12月2日(日)東京都・杉並区/保護猫カフェふしぎねこんち☆W上映会☆

●12月9日(日)鳥取県・八頭郡/宿坊光澤寺(こうたくじ)

  ☆どいしゅうさんお話☆


★-- 「介護講談」自主上映会情報

  http://bit.ly/2dtZVlb

●11月22日(木)鹿児島県・鹿児島市/JEWNEListサロンPONTE

●11月25日(日)東京都・杉並区/保護猫カフェふしぎねこんち☆W上映会☆

●12月9日(日)東京都・杉並区/保護猫カフェふしぎねこんち☆W上映会☆

●12月11日(火)愛知県・名古屋市/一般社団法人日本文化レクリエーション協会

●12月23日(日)東京都・杉並区/保護猫カフェふしぎねこんち☆W上映会☆

●12月25日(火)愛知県・名古屋市/一般社団法人日本文化レクリエーション協会


★-- 編集後記
先日、NY在住の上映主催者様が一時帰国された際に、
関係者で集まりましょう、という会に参加してきました。
そこでお会いしたのが、NYにて「ドゥーラ」をやっています、というKさん。

「ドゥーラ」って、聞いたことあるけど、具体的に何をやっている方なのか?
と聞いてみますと、
出産時に付きそう「出産ドゥーラ」と、産後のママのサポートをしてくれる
「産後ドゥーラ」があるそうなのですが、
Kさんは「出産ドゥーラ」なんだそうです。
出産の現場に立ち会い、寄り添うのが役目とのこと。
ただ、日本ではドゥーラというとほとんどが「産後ドゥーラ」になるそうです。

出産直後のお母さんは、ホルモンバランスの変化や
夜中2.3時間おきの授乳など、生活が激変して
産後うつや体調を崩す人も出てくるので
そのサポートをしてくれる存在とのこと。

里帰り出産など頼れる環境がまわりにない、という方には
心強い存在!と思いました。

他にも自治体で、産後のママ&赤ちゃんがステイできる施設などが
設けられているところもありますね。
私が住んでいるのは世田谷区ですが「産後ケアセンター」というのがあり
ショートステイ(宿泊)、デイケア(日帰り)が利用できるそうです。

赤ちゃんがやって来てからの時間が、お母さんにとって
「つらい、大変」「こんなはずじゃなかった」と感じてしまうと
その後の子育てにも影響が出てくるかもしれません。
笑顔で赤ちゃんとの生活が送れるように、
精神面、体力面、家事をおまかせ、など、
頼れるところは頼ってしまっていいんだよね、と感じました。

参加者の池川先生とお話していたら
「火星とか金星は違うらしいけど、地球は女性性の星。
女性が笑顔でいないと地球でなくなっちゃう。」
とお話してくれました。
女性の皆さん、今日も笑顔で過ごしましょうね~。
(あっ、もちろん男性も笑顔で(^▽^)/

実行委員 加藤あい

━━━
 ◇映画「かみさまとのやくそく」HP  http://norio-ogikubo.info/
 ◇公式facebook   https://www.facebook.com/kamisamatonoyakusoku/?fref=ts
 ◇お問い合わせ先  kamisamatono@gmail.com

 発行:株式会社 熊猫堂
   「かみさまとのやくそく」実行委員会 

★------------------------------------------------------------- 
 当メールマガジンの内容については、発行者・執筆者に
 著作権がございます。転載・複写に関しましては
 「かみさまとのやくそく」実行委員会にお問い合わせください。
   kamisamatono@gmail.com

ついでに読みたい

かみさまとのやくそく

発行周期:  ほぼ 週刊 最新号:  2019/03/20 部数:  1,586部

他のメルマガを読む