かみさまとのやくそく

~祝・アップリンク上映延長!~


カテゴリー: 2018年08月28日
━★ かみさまとのやくそく ★ ━━
     2018.8.29発刊   Vol.0196
※明日の上映情報があるので一日早く発刊いたします。

★-- 監督・荻久保則男の「自主上映会レポート」 
いつも大変お世話になっております。
おかげさまで 東京アップリンクでの
アンコール上映の上映週が再々延長となりました。
9月7日(金)まで上映していただけることとなりました。

22万部突破、すみれさんの「かみさまは小学5年生」(サンマーク出版)
の大きな追い風もいただき、
多くの方々に池川先生の胎内記憶の叡智が広がっております。
ひたすら感謝申し上げます。
ありがとうございます。

アップリンクでの舞台挨拶には、当メルマガの編集をしている
加藤あいさんもご登壇されます。
なぜかと申しますとあいさんは、映画の中で羽生すみれさんと一緒に
池川先生、大門先生から聞き取り調査を受けている
加藤姉妹のお母さんだからです。

ご主人の加藤よしひろさんとともに
何度か舞台挨拶にご登壇経験があるのですが
お二人のお話はとても評判が良いのです。
舞台挨拶のあと、ご夫妻と直接お話をしたいお客様が
毎回行列を作ってお二人をお待ちくださっておられます。

胎内記憶を活かした独自の出産、子育てについての体験談はとても興味深く、
思わず時間を忘れてしまいます。
実は加藤ご夫妻のお子さんは3姉妹で、聞き取り調査を受けたのは
次女と三女のお嬢様だったのですが、
当日風邪を引いて参加できなかった長女さんにも
明確な胎内記憶と過去生記憶があります。
三姉妹それぞれの胎内記憶を話してくれたきっかけなど、興味は尽きません。

9月にも加藤さんがアップリンクの上映後舞台挨拶に立たれますので、
ご興味ある方はぜひ 直接加藤さんご夫妻の
スピリチュアルな子育て体験談を楽しくお聴きくださいませ。

ご家族だけの素敵な秘密のお話をシェアしてくださった
加藤さんご夫妻にひたすら感謝です。

アップリンク様 大阪シアターセブン様
劇場公開を本当にありがとうございます。
全国の上映会主催者様、お運びくださいますお客様、
いつも本当にありがとうございます。

いつもメールマガジンをお読みくださり、ありがとうございます。
「かみさまとのやくそく」監督:荻久保 則男

★-- 映画の感想 
この映画を人に勧めたいとおもいますか?
1.そう思う
理由:人はなぜ生まれてきたのか、その答えが描かれているから
映画の感想:
ずっと思っていたことが、たくさん描かれていました。
いのちは目的を持って生まれてきた、ということ。
人を幸せにするために、役割があって。
自分は胎内記憶があるかな?と思い返してみました。
少しありました。
赤い、ぼこぼこした狭い空間。
上の方がとんがっている。
「怖さ」が満ちている。
「怖さ」って痛い。体が痛い。
あまり心地よくない。
そんな記憶。
逆に、息子がおなかに入ったときの記憶があります。
空の上からひらひらと降りてきて、おなかに入りました。
(50代女性)

映画の感想:
胎内記憶、前世、以前から興味のあるテーマでした。
上映会があるのを知ったのは当日でしたが、
どうしても行かなくては!!という気持ちになり参加しました。
1人目の出産の後、二度の流産、その後2人出産しましたが
下2人はきっと二回、私を選んできてくれたのだろう、と
確信しました。
”自分を好きになって、自分を大切にする”
とてもシンプルなメッセージですが、
世界中の人々がそうなれば、本当に戦争も無くなるでしょう。
想像したよりも、はるかに深いメッセージが込められている映画でした。
一人でも多くの方に観て欲しい、とおもいます。(40代女性)

☆彡劇場公開☆彡

渋谷・アップリンクにて上映 
連日ほぼ満席御礼にて、さらに延長となりました!
ぜひ足をお運びくださいませ。

 http://www.uplink.co.jp/movie/2018/51898

★8月29日(水)10:45~12:23【上映後舞台挨拶】登壇者:加藤よしひろ、あい(加藤姉妹両親)
★9月1日(土)10:15~11:53【上映後舞台挨拶】登壇者:加藤あい(加藤姉妹母親)
★9月2日(日)10:30~12:08【上映後舞台挨拶】登壇者:加藤よしひろ(加藤姉妹父親)
★9月3日(月)10:30~12:08【上映後舞台挨拶】登壇者:荻久保則男(本作品監督)
★9月4日(火)10:30~12:08【上映後舞台挨拶】登壇者:荻久保則男(本作品監督)
★9月7日(金)10:45~12:23【上映後舞台挨拶】登壇者:加藤あい(加藤姉妹母親)

 ****************************

大阪・シアターセブンにて上映!

  9/7(金)、8(土)、9(日)

 全日程 11:00~
 http://www.theater-seven.com/2016/movie_kami-oya.html

9/7(金)は、乳幼児・子ども連れ歓迎 親子上映回です
 ・会場の照明を少し点けたまま上映いたします
 ・通常よりも少し小さめの音量で上映いたします

****************************


★-- 「かみさまとのやくそく」自主上映会情報

    http://norio-ogikubo.info/?p=13026

●8月30日(木)神奈川県・横浜市/栄進ビル

●8月30日(木)31日(金)9月1日(土)福岡県・福岡市/アミカス高宮

●9月1日(土)熊本県・阿蘇市/阿蘇プラザホテル☆羽生すみれさんお話し会☆【満席御礼】

●9月1日(土)東京都・調布市/シェアプレイス調布多摩川

●9月2日(日)埼玉県・北葛飾郡/杉戸町生涯学習センター

●9月2日(日)東京都・杉並区/保護猫カフェふしぎねこんち☆W上映会☆

●9月2日(日)福岡県・福岡市/博多市民センターホール

   ☆羽生すみれちゃん・ゆきさんお話会【満席御礼】☆

●9月2日(日)埼玉県・越谷市/株式会社関根エンタープライズ本社3階会議室

●9月4日(火)愛知県・名古屋市/日本文化レクリエーション協会☆3作品上映会☆

●9月6日(木)愛知県・名古屋市/日本文化レクリエーション協会☆W上映会☆

●9月7日(金)東京都・葛飾区/虹のへや【通常版・エデュケーショナル版】

●9月7日(金)神奈川・横浜桜木町/横浜市市民活動支援センター4階

●9月8日(土)静岡県・静岡市/グランシップ会議室

●9月9日(日)東京都・杉並区/保護猫カフェふしぎねこんち☆W上映会☆

●9月9日(日)高知県・高知市/ミニシアターメフィストホール

  ☆荻久保監督トーク☆【エデュケーショナル版】

●9月9日(日)鹿児島県・鹿児島市/JEWNEListサロンPONTE


★-- 「ひかりの国のおはなし」自主上映会情報

  http://bit.ly/2du1pfs

●9月4日(火)愛知県・名古屋市/日本文化レクリエーション協会☆3作品上映会☆

●9月6日(木)愛知県・名古屋市/日本文化レクリエーション協会☆W上映会☆

●9月9日(日)東京都・杉並区/保護猫カフェふしぎねこんち☆W上映会☆

●9月9日(日)静岡県・伊東市/伊豆高原ホテル五つ星 多目的ホール

  ☆どいしゅうさんお話し会☆

●9月10日(月)静岡県・伊東市/伊東市健康福祉センター 中ホール

●9月11日(火)愛知県・名古屋市/日本文化レクリエーション協会☆3作品上映会☆


★-- 「介護講談」自主上映会情報

  http://bit.ly/2dtZVlb

●9月2日(日)東京都・杉並区/保護猫カフェふしぎねこんち☆W上映会☆

●9月4日(火)愛知県・名古屋市/日本文化レクリエーション協会☆3作品上映会☆

●9月11日(火)愛知県・名古屋市/日本文化レクリエーション協会☆3作品上映会☆

●9月16日(日)東京都・杉並区/保護猫カフェふしぎねこんち☆W上映会☆

●9月17日(月)鹿児島県・鹿児島市/JEWNEListサロンPONTE☆三作品上映会☆


≪お知らせ≫
配送料金の改訂に伴い、2018年9月1日より、送料を変更します。
ご不便をおかけしますが、何卒ご了承くださいませ。

●「クリックポスト」ご請求送料 170円→190円に変更。
●ポスター5枚以上ご注文の場合、送料無料→通常通りの送料。

もし、ポスター5枚以上ご注文で、送料無料をご希望のお客様は
早めにご検討くださいませ(8月31日受付分までとなります)。
何卒宜しくお願い申し上げます。

★-- 編集後記
今回のアップリンク上映に際し、
なるべく多くのご来場者の方と双方向コミュニケーションを取りたい、
映画をより落とし込んでいただきたい、という思いで、
監督も私も出来る限り、舞台挨拶やトークに伺っております。

先日「虐待を受けたお子さんも、親を選んできたのですか?」という
ご質問が出ました。
これは多くの方が疑問に思っていらっしゃることだと思います。

2017年2月22メルマガに掲載しました
監督のエッセイが、ひとつの考え方を示しているのではないか、
と思いましたので、再度ここに引用いたします。
少し長いですが、お付き合いくださいませ。

「かみさまとのやくそく」新バージョンのサブタイトルは
「~あなたは親を選んで生まれてきた~」
と命名させていただきました。
どんなに考えてもなぜか、他のサブタイトルが思いつきませんでした。

新バージョンが公開された後、
「サブタイトルは変えたほうが良いのではないか?」と、
アドバイスをいただいたこともありましたが、
映画を通してお伝えしたいメッセージの象徴が
「あなたは親を選んで生まれてきた」
であるということは感じておりました。

ただ、それは具体的にどういうことなのか?
はっきりと私自身が言葉にまとめたことはありませんでした。

先日、ある方がブログで「かみさまとのやくそく」をご紹介くださいました。
その中で「『子供がママを選んで生まれてきた…って言える人はシアワセです』
とのご意見をいただき、ドキッとしました」ということが綴られておりました。
少々長くなりますが、ブログ筆者様のご了解をいただき、引用させていただきます。

###
胎内記憶を語る子供達のドキュメンタリー映画です。
”みんな、ママを選んで生まれてきたんだよ~”
っていうメッセージを伝えてくれる内容です。

私自身、長女のなっちゃんがダウンちゃんであることも含め
この映画の趣旨には非常に感動した一人でもあります。
3人の子供が私の元へ来てくれた…選んでくれてありがとう:*:・( ̄∀ ̄)・:*:
私の中でストンと腑に落ちた内容だったからこそ、
一人でも多くの方に観て頂きたいと願っています。

ところが、先日、全く真逆のご意見を聞く機会を頂きました。

「子供がママを選んで生まれてきた…って言える人はシアワセですね」

ドキッとしました。
そして、いろんな想いがあることに気づき
一方的に「いいよ~、見てね~」って
気楽に薦めていた自分に喝をいれました。

その方の想いも一理あるんです。
全否定しているのでキツイと感じられるかもしれませんが
私には反論できませんでした。

「この親の元に生まれて来なければ、
もっとこの子は違う人生だっただろうに…って
不憫に思える子がいるじゃないですか?」
「それでも、そのひどいことをする親を
その子が選んで生まれて来たって言えるんですか?」

過去に聞いてきたたくさんの事例が頭をよぎりました。

虐待されている子、親に殺された子、愛されずに育った子…
その子達も選んだのです。
胎内記憶を語る子供達の言うことを信じるならば
自分を殺すかもしれない親を自分で選んだのです。。。

私には何も答えられませんでした。

どんな言葉を並べてみても憶測でしかありませんもの。。。

悲しい現実を前にしてきれいごとを並べて説明することほど
むなしいことはありません。
全てに意味があるのかもしれないけれど
その言葉では納得できないくらいに
辛い現実を背負っている人もたくさんおられます。
全て自分が選んできたこと…と言いきれない辛さがあります。

うまく説明できないけれど
命の重さと人生の深さを教えられた気がします。

本当に様々な受け取り方があるのだと知らされました。
ショックではありましたが、片方の側面しか見ていなかった私の目を
違う方向にも向けてくれるきっかけになったことを感謝しています。

それでもね、私は「かみさまとのやくそく」の映画が
必要な人に届くように祈ります。

ショックな人もいるかもしれないけれど
私のようにこの映画のメッセージで救われる人もいるはずですから。

必要な人に必要なタイミングで大切なメッセージが届きますように。

その子はママを幸せにするためにママを選んだんだよ…って。
(引用ここまで)

###

拝読させていただき、映画への温かなご声援が心に染みますと同時に
私(荻久保)もショックを受けました。
でも、そのときなぜか、私の心の中からこんな声が聞こえてきたのです。
「自分に都合の悪いことを他人のせい、環境のせいにして生きている限り、
人は幸せになれないのかもしれない」と。
びっくりしました。

しかし、 そのとき初めて「あなたは親を選んで生まれてきた」
とサブタイトルをつけた理由が
我ながら腑に落ちた気がいたしました。 
そうか!自分にしか、自分を幸せにすることはできないんだ。 
幸せとは目に見える物質や状態ではなくて、
それぞれ個人の心の中の思いの状態を指すのですから。

そのための、自分自身を肯定するための第一歩が、
「自分で自分を選んで生まれてきた」
ことを認めることなのかもしれません。

他人や環境といった外側に目が向いているうちは、心も揺れ動きますが、
心の目を内側に向けることができたら、人は自分を幸せにできる。
頑張っている自分を認めてあげることができるから。

そう思い、お叱りを受ける覚悟で
ブログの筆者様に上記のメッセージを差し上げましたところ、
以下の内容で、ご返信をいただきました。

###

長女がダウン症です。
 私自身は「かみさまとのやくそく」を観て救われた一人でもあります。 
私を選んでくれてありがとう~心の中に温かな灯が灯ったような気持ちでした。
そして、先日、私の感想とは全く逆の想いをお聞きして、
正直ショックだったのです。

ひどい親を選んで来たことを
説明することができないモヤモヤがあのブログを書かせました。
書いた後も答えが見つからないままモヤモヤのまま…でした。
今日、荻久保様からこの温かなメッセージを読ませていただき、
実は涙が止まりません。 
そうなんですよね。 
自分で自分を認めてあげないと誰がOKを出してくれるというのでしょうか。。。 

ありがとうございます。このご縁に感謝いたします。
私の中のモヤモヤとした霧が一気に晴れた気持ちです。

この映画は観た人、一人一人が感じるモノだと思います。
正解のないストーリー。
それぞれの生き方の中に答えを探していくきっかけになる映画だと思います。 
素晴らしい映画に出会えた奇跡に感謝いたします。

####
「自分で自分を認めてあげないと誰がOKを出してくれるというのでしょうか。。。 」
果てしなく前向きな気持ちになれます。

「あなたは親を選んで生まれてきた」ということは、
人生の主役は他でもない、
あなたご自身なのですよという意味なのだと、改めて感じました。

人生という舞台で得たい目的、経験のために、
主役自ら自由にシナリオを書いて、
最高の時代背景とキャスティングを選んで舞台の幕をあける。

それは冒険物語かもしれません、
愛憎の末に結ばれる魂の壮大な愛のドラマかもしれません。
その大事なドラマの第一幕の核が、
親を選んで生まれてくるということではないかと、腑に落ちたのです。

もちろんこれは、私個人の考えでしかありません。
受け止め方は人それぞれであり、
すべてのご感想を尊重させていただく考えでおります。
タイトルおよびサブタイトルについてご不快な思いをされる方には
あらかじめお詫びさせていただきます。

ブログをシェアさせていただきました榎本様、ありがとうございます。
〈2017.2.22メルマガより〉

私はこの映画は、人類の普遍的なテーマを扱っていると思っています。
ですので、今後も必要な方に、必要なタイミングでお届けすることに
コミットしております。
多くの方が、生きていく中で感じる疑問ややり場のない虚しさ、悲しみ…。
「かみさまとのやくそく」をご覧になって、それらを、
実は人生で後生大事に抱え込まなくても良いものを手放し、
自分を大切にするきっかけになれば、本当に嬉しく思います。

そのために、またアップリンクへ上映後あいさつに伺いますので
お話できる方は、ぜひいらして下さいませ。

実行委員 加藤あい

━━━
 ◇映画「かみさまとのやくそく」HP  http://norio-ogikubo.info/
 ◇公式facebook   https://www.facebook.com/kamisamatonoyakusoku/?fref=ts
 ◇お問い合わせ先  kamisamatono@gmail.com

 発行:株式会社 熊猫堂
   「かみさまとのやくそく」実行委員会 

★------------------------------------------------------------- 
 当メールマガジンの内容については、発行者・執筆者に
 著作権がございます。転載・複写に関しましては
 「かみさまとのやくそく」実行委員会にお問い合わせください。
   kamisamatono@gmail.com

かみさまとのやくそく

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 週刊
最新号 2018/10/17
部数 1,605部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

かみさまとのやくそく

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 週刊
最新号 2018/10/17
部数 1,605部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング