かみさまとのやくそく

~おかあさん笑ってね~

━★ かみさまとのやくそく ★ ━━
     2018.1.24発刊   Vol.0166

★-- 監督・荻久保則男の「自主上映会レポート」 

いつも大変お世話になっております。

20日(土)神奈川県川崎市のチューリップルームの上映会にお伺いして
お話をさせていただきました。
以前ご紹介させていただきました、仔犬と子どもたちが触れ合う「命の授業」に
ご協力してくださった幼稚園です。
☆彡「命の授業」をテーマとしたチャリティーカレンダーおかげさまで大好評発売中です☆彡

http://amzn.asia/621JUw5 

保護者のみなさんは前日の上映会でご覧になったとのことで
映画の上映後は、平日に来られないお父さんを中心とした保護者のみなさんと
園関係者、一般のお客様が語り合うシェア会となりました。

「私の記憶の中の母は笑顔ではなくて、気が張った真面目な表情しか思い浮かばないのです」
と、お話くださった女性のお客様。
「映画の中で 池川先生が『子どもたちが求めているのは お母さんの笑顔なんです』
っておっしゃっていたのを聞いて、私自身も(自分の母親のように)
厳しい表情で子育てしているなって、思い当たるところがありました」
とお話になると「私も そうです」という声がちらほらとあがりました。

子育てに一生懸命になって、子どもには険しい顔で向き合ってしまう。
子どもは『お母さん笑って』って言ってくれているのに、耳に入らない。
「自宅で一人で子育てしてらっしゃるお母さんたちがたくさんおられて、
懸命に子どもと向き合うのだけれど、余裕がなくてどんどん追い詰められてしまう。
そんなお母さんたちにぜひこの映画を観て笑顔になってほしいと思います」
とおっしゃっておられました。

熊猫堂の上映会作品「田辺鶴瑛の『介護講談』」(「爆笑!野生のかいご」)は、
いざ自分や家族に介護が必要となったとき、何をすれば良いか?どんな心構えが必要か?
が爆笑とともに心に染み込んでくる映画ですが、
まさしく本質は同じなんだ!と、納得しました。

笑顔が大切ということ。
「してあげる」とか、「こなす」ではなく、
ともに幸せを分かち合うための接点=「笑顔」を探すことが
私たちの日常で実は最も大切なことなのだ、と。

だから、「かみさま との やくそく」をご覧いただいた方に、
「田辺鶴瑛の『介護講談』」(「爆笑!野生のかいご」)を
続けてご覧になっていただきたい・・・と、改めて感じました。

http://kaigo-kodan-movie.net/

そして、「ひかりの国のおはなし」では、その笑顔を探すための方法が、
どいしゅうさんによって「歓喜」というキーワードで語られています。

http://hikarinokuni.link/

「かみさま との やくそく」をご覧くださった方にはぜひ、
「田辺鶴瑛の『介護講談』」(「爆笑!野生のかいご」)、
「ひかりの国のおはなし」もご覧いただけたらと思います。

あなたが笑顔で生きることが幸せであり、それが安心とともに続きますことを
心からお祈りさせていただきます。
そんな思いで各作品をご提供させていただいております。

塩沢園長先生はじめ、チューリップルームのスタッフの皆様、
おはこびくださったお客様、素敵なお時間をご一緒させていただきました。
本当にありがとうございます。

いつもメールマガジンを読んでいただき、ありがとうございます。

「かみさま との やくそく」 監督:荻久保 則男


★-- 映画の感想 

本当かな、と始めは思っていたけれど、見ていくうちに
子どもたちが言っていることに、信じない理由なんてないなぁ、
と思いました。
うちの子にも聞いたら”宇宙”と言ってました。
もっとよく耳を傾けていきたいです。(40代女性)


息子が2.3歳の頃、おなかの中にいたころの話を聞いてみました。
お空の上、宇宙にいて、噴水のある公園にいたそうです。
私のことを選んで、生まれてきた、と言っていました。

理由は「かか(私のこと)に会いに来た」
「優しいから選んだ」だそうです。

おなかの中はあったかくて暗くて赤かった、
産まれたらまぶしくて、寒かった、と言っていました。(40代女性)


はじめて上映を観ました。
主人と子づくりしたとき、「青い光」がパーッとみえて、
あ、赤ちゃん来るな、と分かるときがありました。
(3回あり、やはり3回とも赤ちゃんが来ました!)

映画の中でも赤ちゃんが降りてくるときに、「青い光」と言っていたので、
そうだったんだな~、と思いました。

上の子は、お腹に赤ちゃんが来ると、「来たよ!ここにいる!」と
検査薬より早く教えてくれるのですが、3人目の子が来て、おそらく
お腹で心音が消えたとき、「あれ、一回帰っちゃったのかな」
「なかなか帰ってこないね。」と話していて、その後胎児死亡を知りました。

(赤ちゃんを出す)手術の時に「どうして、赤ちゃんはもういないのに
お腹から出すの?いないのに。」と言われいました。
とても印象的で、魂をみているのであって、物質や体が透けてみえて
いるわけではないのだな~、と感じました。(30代女性)


★-- オーダーメイドのリクエスト上映会受付中!!

<皆様のご都合のよい日時にて上映会を行います。>
 場所は ◆世田谷区 千歳烏山(千歳船橋からも行けます)
     ◆奈良県・大阪府の一部 (ご相談ください)
    
 対象作品:世田谷区/奈良県・大阪府の一部
     「かみさまとのやくそく」
     「ひかりの国のおはなし」
     「田辺鶴瑛の介護講談」 の3作品全部です。
  
 ご質問やお申込みは以下URLへお願いします。

 世田谷区 … http://norio-ogikubo.info/?p=10032
 奈良県・大阪府 … http://norio-ogikubo.info/?p=10220


★-- 「かみさまとのやくそく」上映情報

☆彡劇場公開

【大阪・十三】シアターセブン
2018年も引き続き、熊猫堂作品の上映が予定されています。
月は「かみさまとのやくそく」を上映します。  
  
◆◆2月の上映は、2/23(金)、25(日)です◆◆
12:30~『かみさまとのやくそく』

http://www.theater-seven.com/2016/movie_kami-oya.html


★-- 「かみさまとのやくそく」上映情報

・:,。゚・:,。定期上映情報…東京・杉並区「保護猫カフェ」・:,。゚・:,。

https://www.facebook.com/neco.chitei/

通常「かみさまとのやくそく」+「ひかりの国のおはなし」又は「介護講談」
の二本立て上映となります。
又は3作品上映する日もございます。

映画1本だけでも鑑賞できますが、続けてご覧になりますと
かなり優遇料金となりますので、お時間許せば2本・3本立てで
ご覧いただければお得です。


★-- 「かみさまとのやくそく」自主上映会情報

http://bit.ly/1qTzpiq

●1月24日(水)岐阜県・郡上市/日本まん真ん中センター

●1月26日(金)鹿児島県・鹿児島市/JEWNEListサロンPONTE ☆3作品上映会☆

●1月27日(土)28日(日)29日(月)神奈川県・海老名市/イオン海老名店1階「整体ゆらねこ」

●1月27日(土)埼玉県・さいたま市/てらこや新都心

●1月27日(土)奈良県・奈良市/アルコイリス

●1月27日(土)愛知県・岡崎市/cafe碧いテラス

●1月28日(日)東京都・杉並区/保護猫カフェふしぎねこんち ☆W上映会☆

●1月29日(月)東京都・渋谷区/NEOビジョンスタジオ

●1月30日(火)愛知県・名古屋市/大須多幸屋☆3作品上映会☆

●2月2日(金)愛知県・名古屋市/大須多幸屋☆ W上映会☆

●2月3日(土)東京都・練馬区/夢未来カフェ☆3作品上映会☆

●2月2日~4日(金~日)長野県・安曇野市/安曇野市内

●2月4日(日)東京都・杉並区/保護猫カフェふしぎねこんち☆W上映会☆

●2月4日(日)兵庫県・神戸市/神戸市産業振興センター


★-- 「ひかりの国のおはなし」自主上映会情報

  http://bit.ly/2du1pfs

●1月26日(金)鹿児島県・鹿児島市/JEWNEListサロンPONTE☆3作品上映会☆

●1月28日(日)東京都・杉並区/保護猫カフェふしぎねこんち☆W上映会☆

●1月30日(火)愛知県・名古屋市/大須多幸屋☆3作品上映会☆

●2月1日(木)東京都・渋谷区/NEOビジョンスタジオ☆W上映会☆

●2月2日(金)愛知県・名古屋市/大須多幸屋☆ W上映会☆

●2月3日(土)東京都・練馬区/夢未来カフェ☆3作品上映会☆


★-- 「介護講談」自主上映会情報

  http://bit.ly/2dtZVlb

●1月26日(金)鹿児島県・鹿児島市/JEWNEListサロンPONTE☆3作品上映会☆

●1月30日(火)愛知県・名古屋市/大須多幸屋☆3作品上映会☆

●2月1日(金)東京都・渋谷区/NEOビジョンスタジオ☆W上映会☆

●2月3日(土)東京都・練馬区/夢未来カフェ☆3作品上映会☆

●2月4日(日)東京都・杉並区/保護猫カフェふしぎねこんち☆W上映会☆


━━━
 ◇映画「かみさまとのやくそく」HP  http://norio-ogikubo.info/
 ◇公式facebook   https://www.facebook.com/kamisamatonoyakusoku/?fref=ts
 ◇お問い合わせ先  kamisamatono@gmail.com

 発行:株式会社 熊猫堂
   「かみさまとのやくそく」実行委員会 

★------------------------------------------------------------- 
 当メールマガジンの内容については、発行者・執筆者に
 著作権がございます。転載・複写に関しましては
 「かみさまとのやくそく」実行委員会にお問い合わせください。
   kamisamatono@gmail.com

かみさまとのやくそく

発行周期: ほぼ 週刊 最新号:  2018/12/12 部数:  1,603部

ついでに読みたい

かみさまとのやくそく

発行周期:  ほぼ 週刊 最新号:  2018/12/12 部数:  1,603部

他のメルマガを読む