バートランド・ラッセルの言葉366

ラッセル『宗教と科学』第9章 科学と倫理学 n.10

カテゴリー: 2019年02月22日
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
「(ほぼ日刊)バートランド・ラッセルの言葉366」 
   n.1572 (2019年2月22日 金曜日)[2014/1/28創刊] 
 
 バートランド・ラッセルのポータルサイト: https://russell-j.com/index.htm
     同上 スマホ用メニュー        : https://russell-j.com/index.html
 公式メールマガジン: https://archive.mag2.com/0000220241/index.html  
「(ほぼ日刊)ラッセルの英語」: https://archive.mag2.com/0001623960/index.html
「ラッセルの言葉366(Word Press 版)」: https://russell-j.com/wp/
「ラッセルの言葉(facebook 版)」: https://www.facebook.com/russellian.j
「ラッセルの言葉366_画像版」:
             https://russell-j.com/smart_r366/br366g-j_home.html
             https://russell-j.com/smart_r366/r366g_j-today.html
「ラッセルの言葉366(短文篇)」:
              https://russell-j.com/beginner/sp/BR-KAKUGEN.HTM
  Twitter : https://twitter.com/russellian2
 ラッセル関係電子書籍一覧: https://russell-j.com/cool/rbook-kindle.htm
 Rポータルサイト支援ストア: https://russell-j.com/SUPPORT-BRJSITE.HTM
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
  
  本メルマガは,「バートランド・ラッセルの英語」の姉妹誌です。 
  出勤時間にあわせて,原則,毎朝6時に自動配信します!  

 「ラッセルの英語」では,英語の学習に参考になりそうな例文をラッセルの著作からご紹介していますが,「ラッセルの言葉366」では,日本語にした時の'内容'に注目して,ラッセルの発言をご紹介していきます。
 読者と一緒に育てていきたいと思っていますので,誤訳や不適切な訳等がありましたら,お知らせいただければ幸いです。

 ◆◆◆
◆お願い◆ アマゾンで買い物をしている方も多いと思われます。
 ◆◆◆  ラッセルのポータルサイト(トップページ)の検索ボックス経由,あるいは,ポータルサイトに掲載した個々のアマゾン商品広告のリンク経由でご購入いただければ幸いです。
(PCを起動した後,最初にクリックしたアマゾンの広告が,ラッセルのポータルサイト上のアマゾンの個別商品のリンクであれば,(PCを再起動しなければ,)アマゾンのどの商品を購入されても,ラッセルのポータルサイト経由での購入と判定されます.) 
 収益はラッセルのホームページのメンテナンス費用や早稲田大学のラッセル関係資料コーナ寄贈資料の購入に充当させていただきます。]
                                    
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ラッセル『宗教と科学』第9章 科学と倫理学 n.10
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 この説(価値「主観性」説/価値情緒説)の帰結(consequences 結論/結果)
は重大である(considerable かなりの)。第一に、なんらかの絶対的な意味で
「罪」というようなものはまったく存在できなくなる。(即ち)ある人が「罪」
と呼ぶものを他の人は「徳(美徳)」と呼ぶかも知れないし、また、彼らはお
互いにこの(意見の/感情の)相違のために嫌悪し合うかも知れないけれども
、どちらも知的誤謬(の廉で)で相手に有罪判決を宣告することはできない
(注:convict A of B:AをBの廉で有罪とする)。(その説では)処罰(罰を
課すること)は,当該犯罪者が「邪悪である」という理由で正当化することは
できず、他の人々が思い止らせたいと願うやり方で(その人が)行動をしたと
いう理由にもとづいてのみ正当化できる。(この説では)罪人に対する処罰の
場としての地獄は、全く不合理な(非理性的な)ものになる。

 第二に、宇宙の目的(の存在)を信ずる人々の間で一般的である(晋通に行
なわれている)価値について語る方法を支持することは不可能である(不可能
となる)。彼らはこう論ずる。(即ち)(これまで)進化してきたある一定の
ものは「善(善いもの)」であり、従って、世界は倫理的に賞賛すべき目的を
(これまで)持ってきたに違いない(と)。主観的価値(観)の言葉では(価
値は主観的なものであるという観点から言うと),この議論は次のようになる。
「世界に存在するある一定のものは我々(人類)の好みに合っている。従って
、それらのものは我々と同じ好みを持った存在(=我々の神)によって創造さ
れてきたに違いない。それ故、我々と(同様の)好みを持った存在(である神)
(Whom)を我々もまた好むのであり、ゆえに,そういった存在(神)(Who)は善
である」。ここにおいて、もし好き嫌いをもつ被造物(creatures 神によって
創造されたもの)が存在するとすると、それらの被造物が自分たちを取り巻く
環境の「ある(一定の)」ものを好むことはかなり確実であると思われる。
なぜなら、そうでなければ、生きてゆくことは耐えられないであろうからであ
る。我々(人間)の価値(観)は、その他の我々(人間)の構成物(価値観以
外のあらゆるもの)とともに進化してきたのであり、何らか根源的な目的につ
いては、我々の価値観が(現在)どうであるかということ(事実)からは何も推
論することはできない(のである)。

Chapter 9: Science and Ethics, n.10

The consequences of this doctrine are considerable. In the first 
place, there can be no such thing as "sin" in any absolute sense ; 
what one man calls "sin" another may call "virtue," and though they 
may dislike each other on account of this difference, neither can 
convict the other of intellectual error. Punishment cannot be 
justified on the ground that the criminal is "wicked," but only on
 the ground that he has behaved in a way which others wish to 
discourage. Hell, as a place of punishment for sinners, becomes 
quite irrational. 

In the second place, it is impossible to uphold the way of speaking
 about values which is common among those who believe in Cosmic 
Purpose. Their argument is that certain things which have been evolved
 are "good," and therefore the world must have had a purpose which was
 ethically admirable. In the language of subjective values, this 
argument becomes : "Some things in the world are to our liking, and
 therefore they must have been created by a Being with our tastes, 
Whom, therefore, we also like, and Who, consequently, is good." Now it
seems fairly evident that, if creatures having likes and dislikes were
 to exist at all, they were pretty sure to like some things in their 
environment, since otherwise they would find life intolerable. Our 
values have been evolved along with the rest of our constitution, and
 nothing as to any original purpose can be inferred from the fact that
 they are what they are.
 出典: Power, 1935, chapt. 9: Science and Ethics, n.10
 情報源:https://russell-j.com/beginner/RS1935_09-100.HTM

====================================

 ★「ラッセル英単語熟語1500」(ラッセルの英語シリーズn.18)をアマゾンの電子書籍(Kindle 版)として出版しました。★

https://www.amazon.co.jp/gp/search/ref=as_li_qf_sp_sr_tl?ie=UTF8&tag=russellj-22&keywords=ラッセル英単語熟語1500&index=aps&camp=247&creative=1211&linkCode=ur2&linkId=418d05047c3f7d339ecb8c9fb23fe69f

 アマゾンが自動的に計算して出している紙にした場合のページ数は1752ページになっています。電子書籍だからこそ、ページ数を気にせずに出せるものです。(収録語数は少なくても安価なほうが良い方のために、『同1000』と『同1200』も削除しないで残してあります。ご活用をお願いします。
  https://amzn.to/2zlyS9R

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集・発行:(松下彰良/まつした・あきよし) 
■ご意見・ご感想・お問合せはお気軽に : matusitaster@gmail.com
■登録・解除・変更はこちら: https://russell-j.com/R3HOME.HTM
■WEBサイト: https://russell-j.com/
     ( top page: http://russell-j.com/index.htm )
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ついでに読みたい

バートランド・ラッセルの言葉366

発行周期:  ほぼ 日刊 最新号:  2019/03/20 部数:  70部

他のメルマガを読む