バートランド・ラッセルの言葉366

再配信 ラッセル『宗教と科学』第8章 宇宙の目的 n.24

カテゴリー: 2019年02月07日
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
「(ほぼ日刊)バートランド・ラッセルの言葉366」 
   n.1562 (2019年2月7日 木曜日)[2014/1/28創刊] 
 
 バートランド・ラッセルのポータルサイト: https://russell-j.com/index.htm
     同上 スマホ用メニュー        : https://russell-j.com/index.html
 公式メールマガジン: https://archive.mag2.com/0000220241/index.html  
「(ほぼ日刊)ラッセルの英語」: https://archive.mag2.com/0001623960/index.html
「ラッセルの言葉366(Word Press 版)」: https://russell-j.com/wp/
「ラッセルの言葉(facebook 版)」: https://www.facebook.com/russellian.j
「ラッセルの言葉366_画像版」:
             https://russell-j.com/smart_r366/br366g-j_home.html
             https://russell-j.com/smart_r366/r366g_j-today.html
「ラッセルの言葉366(短文篇)」:
              https://russell-j.com/beginner/sp/BR-KAKUGEN.HTM
  Twitter : https://twitter.com/russellian2
 ラッセル関係電子書籍一覧: https://russell-j.com/cool/rbook-kindle.htm
 Rポータルサイト支援ストア: https://russell-j.com/SUPPORT-BRJSITE.HTM
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
  
  本メルマガは,「バートランド・ラッセルの英語」の姉妹誌です。 
  出勤時間にあわせて,原則,毎朝6時に自動配信します!  

 「ラッセルの英語」では,英語の学習に参考になりそうな例文をラッセルの著作からご紹介していますが,「ラッセルの言葉366」では,日本語にした時の'内容'に注目して,ラッセルの発言をご紹介していきます。
 読者と一緒に育てていきたいと思っていますので,誤訳や不適切な訳等がありましたら,お知らせいただければ幸いです。

 ◆◆◆
◆お願い◆ アマゾンで買い物をしている方も多いと思われます。
 ◆◆◆  ラッセルのポータルサイト(トップページ)の検索ボックス経由,あるいは,ポータルサイトに掲載した個々のアマゾン商品広告のリンク経由でご購入いただければ幸いです。
(PCを起動した後,最初にクリックしたアマゾンの広告が,ラッセルのポータルサイト上のアマゾンの個別商品のリンクであれば,(PCを再起動しなければ,)アマゾンのどの商品を購入されても,ラッセルのポータルサイト経由での購入と判定されます.) 
 収益はラッセルのホームページのメンテナンス費用や早稲田大学のラッセル関係資料コーナ寄贈資料の購入に充当させていただきます。]
                                    
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 再配信 ラッセル『宗教と科学』第8章 宇宙の目的 n.24
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ★漢字を一つミスタイプしていました。念の為、再配信します。
  × 善い意図を保障する証拠 → ◯ 善い意図を保証保障する証拠
 ==============================

 今や私は,宇宙の目的に関する議論における最後の問い -即ち「これまで
に起きてきたことは宇宙の善い意図を保証する証拠だろうか?(という問い)」
- (をする段階)にやってきている(やってきた)。それ(宇宙の善い意図)
を信ずる根拠として主張されていることは,既にこれまで見てきたように,宇
宙が「(心を持った)我々人間」を生み出したということである。私はそのこ
とを否定することはできない。しかし,(人類誕生までの)そんなに長いプロ
ローグを正当化するほど,我々はそんなに素晴らしい存在だろうか? 哲学者
(たち)は価値(というもの)を強調する。(即ち)我々はある一定の物事を
善いと考えていると言い,そうして,我々(人間)は善良であるに違いないので
そう考える(=そう考えるためには我々(人間)は善良でなければならない),
と言う。しかし,これは循環した議論である。(これとは違う)他の価値観を
持った存在者は,我々(人間)はきわめて残酷な存在であり,その残酷さは我
々が悪魔によって鼓舞されている証拠であるほどである,と考えるかも知れな
い。自分の前に鏡をかざし,宇宙の目的はずっとそれ(人間の誕生)を目指し
てきたことを証明するほど,自分たちは優れていると考える人間の光景のなか
に,ささいで馬鹿げたものはないのだろうか? いずれにせよ,どうしてこれ
が人間の栄光なのだろうか? ライオンや虎についてはどうだろうか? 彼ら
は我々人間ほど,動物や人間の生命を滅ぼすことは少ないし,また,人間より
もずっと美しい。蟻についてはどうだろうか? 彼らはいかなるファシスト
たちよりもずっとよく全体主義国家を管理運営する(訳注:ラッセルは蟻の
社会を全体主義国家にたとえている)。ナイチンゲール(サヨナキドリ),
ひばり,鹿等の世界は,人類の残酷,不正,戦争(があふれる)社会よりもも
っと優れてるのではないだろうか? 宇宙の目的(の存在)を信ずる人々は,
人間がもっているとされる知性(our supposed intelligence)を重視するが
(make much of),彼らの著述は人間の知性について人に疑いをもだせる(their
 writings make one doubt it)。仮に,私に全能の力及び実験のための数百万
年の時間を与えられたとしたら,私の全努力の最終結果として人間(の誕生)
を大いに自慢すること(自慢できること)とは,私は考えないであろう。

 淀み(backwater 逆流;淀み)の中における興味深い偶然の出来事(a curious
accident)としての人間(の出現)は理解できる(intelligible 理解しやすい)。
人間の美徳と悪徳との混合(物)は,偶然の起源から生じると予想されるよう
なものである。底知れない自己満足(うぬぼれ)(abysmal self-complacency)
のみが 全能者(神)が創造主にとっての動機として十分だと考えることがで
きる(ひとつの)理由(a reason)を人間(の誕生)のなかに見ることができ
る。コペルニクス的革命は,人間を宇宙の目的(の存在)の十分な証拠だと考
えている人々の間に今日見出される以上の謙虚さを教えるまでは,その効果は
もたないであろう。

Chapter 8:Cosmic Purpose , n.24

I come now to the last question in our discussion of Cosmic Purpose, 
namely : is what has happened hitherto evidence of the good intentions
 of the universe? The alleged ground for believing this, as we have 
seen, is that the universe has produced US. I cannot deny it. But are
 we really so splendid as to justify such a long prologue? 
The philosophers lay stress on values ; they say that we think certain
 things good, and that since these things are good, we must be very 
good to think them so. But this is a circular argument. A being with
 other values might think ours so atrocious as to be proof that we were
 inspired by Satan. Is there not something a trifle absurd in the
 spectacle of human beings holding a mirror before themselves, and 
thinking what they behold so excellent as to prove that a Cosmic 
Purpose must have been aiming at it all along? Why, in any case, this
 glorification of Man? How about lions and tigers? They destroy fewer
 animal or human lives than we do, and they are much more beautiful 
than we are. How about ants? They manage the Corporate State much 
better than any Fascist. Would not a world of nightingales and larks 
and deer be better than our human world of cruelty and injustice and 
war? The believers in Cosmic Purpose make much of our supposed 
intelligence, but their writings make one doubt it. If I were granted
 omnipotence, and millions of years to experiment in, I should not 
think Man much to boast of as the final result of all my efforts. 

Man, as a curious accident in a backwater, is intelligible : his 
mixture of virtues and vices is such as might be expected to result 
from a fortuitous origin. But only abysmal self-complacency can see in
Man a reason which Omniscience could consider adequate as a motive for
 the Creator. The Copernican revolution will not have done its work 
until it has taught men more modesty than is to be found among those
 who think Man sufficient evidence of Cosmic Purpose.
 出典: Power, 1935, chapt. 8: Cosmic Purpose
 情報源:https://russell-j.com/beginner/RS1935_08-240.HTM

====================================

 ★「ラッセル英単語熟語1500」(ラッセルの英語シリーズn.18)をアマゾンの電子書籍(Kindle 版)として出版しました。★

https://www.amazon.co.jp/gp/search/ref=as_li_qf_sp_sr_tl?ie=UTF8&tag=russellj-22&keywords=ラッセル英単語熟語1500&index=aps&camp=247&creative=1211&linkCode=ur2&linkId=418d05047c3f7d339ecb8c9fb23fe69f

 アマゾンが自動的に計算して出している紙にした場合のページ数は1752ページになっています。電子書籍だからこそ、ページ数を気にせずに出せるものです。(収録語数は少なくても安価なほうが良い方のために、『同1000』と『同1200』も削除しないで残してあります。ご活用をお願いします。
  https://amzn.to/2zlyS9R

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集・発行:(松下彰良/まつした・あきよし) 
■ご意見・ご感想・お問合せはお気軽に : matusitaster@gmail.com
■登録・解除・変更はこちら: https://russell-j.com/R3HOME.HTM
■WEBサイト: https://russell-j.com/
     ( top page: http://russell-j.com/index.htm )
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

バートランド・ラッセルの言葉366

発行周期: ほぼ 日刊 最新号:  2019/02/15 部数:  70部

ついでに読みたい

バートランド・ラッセルの言葉366

発行周期:  ほぼ 日刊 最新号:  2019/02/15 部数:  70部

他のメルマガを読む