バートランド・ラッセルの言葉366

ラッセル『宗教と科学』第8章 宇宙の目的 n.20

カテゴリー: 2019年02月01日
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
「(ほぼ日刊)バートランド・ラッセルの言葉366」 
   n.1558 (2019年2月1日 金曜日)[2014/1/28創刊] 
 
 バートランド・ラッセルのポータルサイト: https://russell-j.com/index.htm
     同上 スマホ用メニュー        : https://russell-j.com/index.html
 公式メールマガジン: https://archive.mag2.com/0000220241/index.html  
「(ほぼ日刊)ラッセルの英語」: https://archive.mag2.com/0001623960/index.html
「ラッセルの言葉366(Word Press 版)」: https://russell-j.com/wp/
「ラッセルの言葉(facebook 版)」: https://www.facebook.com/russellian.j
「ラッセルの言葉366_画像版」:
             https://russell-j.com/smart_r366/br366g-j_home.html
             https://russell-j.com/smart_r366/r366g_j-today.html
「ラッセルの言葉366(短文篇)」:
              https://russell-j.com/beginner/sp/BR-KAKUGEN.HTM
  Twitter : https://twitter.com/russellian2
 ラッセル関係電子書籍一覧: https://russell-j.com/cool/rbook-kindle.htm
 Rポータルサイト支援ストア: https://russell-j.com/SUPPORT-BRJSITE.HTM
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
  
  本メルマガは,「バートランド・ラッセルの英語」の姉妹誌です。 
  出勤時間にあわせて,原則,毎朝6時に自動配信します!  

 「ラッセルの英語」では,英語の学習に参考になりそうな例文をラッセルの著作からご紹介していますが,「ラッセルの言葉366」では,日本語にした時の'内容'に注目して,ラッセルの発言をご紹介していきます。
 読者と一緒に育てていきたいと思っていますので,誤訳や不適切な訳等がありましたら,お知らせいただければ幸いです。

 ◆◆◆
◆お願い◆ アマゾンで買い物をしている方も多いと思われます。
 ◆◆◆  ラッセルのポータルサイト(トップページ)の検索ボックス経由,あるいは,ポータルサイトに掲載した個々のアマゾン商品広告のリンク経由でご購入いただければ幸いです。
(PCを起動した後,最初にクリックしたアマゾンの広告が,ラッセルのポータルサイト上のアマゾンの個別商品のリンクであれば,(PCを再起動しなければ,)アマゾンのどの商品を購入されても,ラッセルのポータルサイト経由での購入と判定されます.) 
 収益はラッセルのホームページのメンテナンス費用や早稲田大学のラッセル関係資料コーナ寄贈資料の購入に充当させていただきます。]
                                    
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ラッセル『宗教と科学』第8章 宇宙の目的 n.20
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 とにかく,この議論(注:神性が将来現われて来ることを擁護するための進
化論的議論)は,とても(並外れて)貧弱である。進化には三つの段階 -即ち)
物質,生命,心の三段階- があると主張されている(彼らは主張している)。
我々は世界が進化を完了したと考えるべき理由をまったく持たない。従って,
後の時代に第四の段階がありそうでる。また,第五段階,第六段階等々がある
と想定した人も(これまでに)いたであろう。しかし,そうではなく,第四段
階(注:神性の発現)で進化は完成される(と彼らは考える)。さて(Now と
ころで)物質は生命を予見することができず,生命は心を予見することができ
なかったが,心は -特にそれがパプア人かブッシュマンの心であるなら- ぼ
んやりと次の段階を予見ができる(と彼らは考える)。このようなことは全て
全くのあて推量(the merest guesswork)であることは明らかである。それは
真理であるかも知れないが,そう想定する(そのように考える)合理的根拠
(理由)はまったくない。発現(創発)の哲学が未来は予言できないというこ
とは全く正しいが,そう言ったあとすぐに,発現(創発)の哲学は未来を予言
することに進む。人々は「神」という言葉がこれまで表してきた観念を捨てる
(使うのをやめる)よりも,「神」という「言葉」の使用をやめることのほう
がもっと気が進まない。発現的(創発的)進化論者たちは,神はこの世界を創
造しなかったと信ずるようになり,世界は神を創造しつつあると言うことで満
足している。しかし,そのような神は,名称以外には(beyond the name 名称
を越えて/名称が同じだけで),ほとんど伝統的な崇拝の対象と共通している
ものは有していない。

Chapter 8:Cosmic Purpose , n.20

The argument, in any case, is extraordinarily thin. There have been, 
it is urged, three stages in evolution ; matter, life, and mind. We 
have no reason to suppose that the world has finished evolving, and 
there is therefore likely, at some later date, to be a fourth phase -
 and a fifth and a sixth and so on, one would have supposed. But no, 
with the fourth phase evolution is to be complete. Now matter could 
not have foreseen life, and life could not have foreseen mind, but 
mind can, dimly, foresee the next stage, particularly if it is the 
mind of a Papuan or a Bushman. It is obvious that all this is the 
merest guesswork. It may happen to be true, but there is no rational
 ground for supposing so. The philosophy of emergence is quite right
 in saying that the future is unpredictable, but, having said this, 
it at once proceeds to predict the future. People are more unwilling 
to give up the word "God" than to give up the idea for which the word 
has hitherto stood. Emergent evolutionists, having become persuaded 
that God did not create the world, are content to say that the world 
is creating God. But beyond the name, such a God has almost nothing in
 common with the object of traditional worship.
 1935, chapt. 8: Cosmic Purpose
 情報源:https://russell-j.com/beginner/RS1935_08-200.HTM

====================================

 ★「ラッセル英単語熟語1500」(ラッセルの英語シリーズn.18)をアマゾンの電子書籍(Kindle 版)として出版しました。★

https://www.amazon.co.jp/gp/search/ref=as_li_qf_sp_sr_tl?ie=UTF8&tag=russellj-22&keywords=ラッセル英単語熟語1500&index=aps&camp=247&creative=1211&linkCode=ur2&linkId=418d05047c3f7d339ecb8c9fb23fe69f

 アマゾンが自動的に計算して出している紙にした場合のページ数は1752ページになっています。電子書籍だからこそ、ページ数を気にせずに出せるものです。(収録語数は少なくても安価なほうが良い方のために、『同1000』と『同1200』も削除しないで残してあります。ご活用をお願いします。
  https://amzn.to/2zlyS9R

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集・発行:(松下彰良/まつした・あきよし) 
■ご意見・ご感想・お問合せはお気軽に : matusitaster@gmail.com
■登録・解除・変更はこちら: https://russell-j.com/R3HOME.HTM
■WEBサイト: https://russell-j.com/
     ( top page: http://russell-j.com/index.htm )
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

バートランド・ラッセルの言葉366

発行周期: ほぼ 日刊 最新号:  2019/02/15 部数:  70部

ついでに読みたい

バートランド・ラッセルの言葉366

発行周期:  ほぼ 日刊 最新号:  2019/02/15 部数:  70部

他のメルマガを読む