バートランド・ラッセルの言葉366

ラッセル『宗教と科学』第8章 宇宙の目的 n.8

カテゴリー: 2019年01月16日
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
「(ほぼ日刊)バートランド・ラッセルの言葉366」 
   n.1546 (2019年1月16日 水曜日)[2014/1/28創刊] 
 
 バートランド・ラッセルのポータルサイト: https://russell-j.com/index.htm
     同上 スマホ用メニュー        : https://russell-j.com/index.html
 公式メールマガジン: https://archive.mag2.com/0000220241/index.html  
「(ほぼ日刊)ラッセルの英語」: https://archive.mag2.com/0001623960/index.html
「ラッセルの言葉366(Word Press 版)」: https://russell-j.com/wp/
「ラッセルの言葉(facebook 版)」: https://www.facebook.com/russellian.j
「ラッセルの言葉366_画像版」:
             https://russell-j.com/smart_r366/br366g-j_home.html
             https://russell-j.com/smart_r366/r366g_j-today.html
「ラッセルの言葉366(短文篇)」:
              https://russell-j.com/beginner/sp/BR-KAKUGEN.HTM
  Twitter : https://twitter.com/russellian2
 ラッセル関係電子書籍一覧: https://russell-j.com/cool/rbook-kindle.htm
 Rポータルサイト支援ストア: https://russell-j.com/SUPPORT-BRJSITE.HTM
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
  
  本メルマガは,「バートランド・ラッセルの英語」の姉妹誌です。 
  出勤時間にあわせて,原則,毎朝6時に自動配信します!  

 「ラッセルの英語」では,英語の学習に参考になりそうな例文をラッセルの著作からご紹介していますが,「ラッセルの言葉366」では,日本語にした時の'内容'に注目して,ラッセルの発言をご紹介していきます。
 読者と一緒に育てていきたいと思っていますので,誤訳や不適切な訳等がありましたら,お知らせいただければ幸いです。

 ◆◆◆
◆お願い◆ アマゾンで買い物をしている方も多いと思われます。
 ◆◆◆  ラッセルのポータルサイト(トップページ)の検索ボックス経由,あるいは,ポータルサイトに掲載した個々のアマゾン商品広告のリンク経由でご購入いただければ幸いです。
(PCを起動した後,最初にクリックしたアマゾンの広告が,ラッセルのポータルサイト上のアマゾンの個別商品のリンクであれば,(PCを再起動しなければ,)アマゾンのどの商品を購入されても,ラッセルのポータルサイト経由での購入と判定されます.) 
 収益はラッセルのホームページのメンテナンス費用や早稲田大学のラッセル関係資料コーナ寄贈資料の購入に充当させていただきます。]
                                    
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ラッセル『宗教と科学』第8章 宇宙の目的 n.8
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 生物学の化学や物理学に対する関係についてのホールデン教授(1860-1936)
の見解は,今日では大部分の専門家たちによって支持されてはいない(支持さ
れているものではない)。最近のものではないが,ホールデン教授の見解と反
対の見解を述べたものは,ジャック・ロエブによる「生命の機械論的概念」
(1912年刊)の中に見出されるだろう。その最も興味ある諸章のなかのいくつか
の章で,生殖作用(reproduction)-ホールデン教授は生殖作用は機械的作用
では明らかに説明されえないと考えている- に関する実験の結果について述
べられている。その機械論的視点は,エンサイクロペディア・ブリタニカの最
新版において記載されている視点としてほぼ全面的に受け入れられている。そ
こで,E. S. グッドリッチ氏は「進化」という見出しのもと、次のように述べ
ている。
「従って,科学的観察者の視点から見ると,生体(living organism 生物)は
,自己調節的,自己修復的,及び,物理=化学的な複合機構である。このような
視点から見るとき,我々が「生命」と呼ぶものは,その物理化学的なプロセス
の総体であり,断絶のない連続的な相互依存の連鎖を形作り,何らの神秘的な
外力の干渉を受けないものである」。
 この論述(article)の中に,物理学や化学に還元できない過程が生物(生き
物)の中にあることを暗示する箇所(ヒント)を見出そうとしても,恐らく無駄
であろう。著者は,生物と無生物との間には明確な境界はまったくないと指摘
している(即ち)
「厳格な境界線(hard and fast line 例外を許さない;全体動かせない)を生
物(the living)と無生物(the non-living)との間に引くことはできない。特
別な生きている化学的物質は存在しない。無生物とは異なる特別な生きている
要素はない(訳注:「vital element」には「不可欠な要素」という意味がある
が,この後の「vital force」は「生命力」と考えると「生きている要素」の
ことか?)。また,特別な生命力(vital force)が働いているのを発見する
ことはできない。その過程におけるいかなる段階もそれに先行するものによ
って決定され,また,その段階に続くものを決定する。(訳注:「無生物から
突然生物が生まれることはない」といったところか?)」
 生命の起源についてはこう言っている。
「ずっと以前に,諸条件に恵まれた時(when conditions became favourable
 諸条件が好都合になった時),色々な種類のものの比枚的複雑な化合物(high
 compounds)が形成されたと想定されなければならない(訳注:ちなみに高分
子化合物は「high molecular compound」)。これらのものの多くは全く不安
定であり,形成されると同時にほとんど崩壊し始める。それ以外のあるものは
安定しており,存続し続けるだけかもしれない。しかし,さらに,それら以外
のものは,崩壊するや否や,再形成へと向かう傾向があったり、同化に向った
りする傾向があったかも知れない。成長しゆく複合体あるいは混合物(の形成)
のような軌道を出発するやいなや,必然的に自己保存の方向に向ったであろう
。そうして,自分より複雑さの程度が少ない他のものと結合したかも知れない
し,あるいは,それらを摂取した(feed on 餌にした)かも知れない」。
(注:以上は、E. S. グッドリッチ氏の見解)
 このような(グッドリッチ氏の)見解はホールデン教授の見解より,今日
(訳注:本書が出版された1935年)では生物学者たちにひろく行き渡っている見
解だと考えてよいだろう。彼ら(今日の生物学者)は,生物と無生物との間に
はっきりした境界がないという点で意見が一致するが,ホールデン教授は我々
が無生物と呼ぶものも実際に生きていると考えるのに対し,1生物学者たちの
大部分は,生物も実際には(一種の)物理化学的機構であると考えている。

Chapter 8:Cosmic Purpose , n.8

As regards the relation of biology to chemistry and physics, Professor
Haldane's view is not that now held by most specialists. An admirable,
 though not recent, statement of the opposite point of view will be 
found in The Mechanistic Conception of Life, by Jacques Loeb
 (published in 1912), some of the most interesting chapters of which
 give the results of experiments on reproduction, which is regarded by
 Professor Haldane as obviously inexplicable on mechanical principles.
 The mechanistic point of view is sufficiently accepted to be that set
 forth in the last edition of the Encyclopcedia Britannica, where Mr.
 E. S. Goodrich, under the heading Evolution,” says : 
"A living organism, then, from the point of view of the scientific 
observer, is a self-regulating, self-repairing, physico-chemical 
complex mechanism. What, from this point of view, we call 'life' is
 the sum of its physico-chemical processes, forming a continuous 
interdependent series without break, and without the interference of
 any mysterious extraneous force.” 
You will look in vain through this article for any hint that in living
 matter there are processes not reducible to physics and chemistry. 
The author points out that there is no sharp line between living and 
dead matter ; “No hard-and-fast line can be drawn between the living
 and the non-living. There is no special living chemical substance, no
special vital element differing from dead matter, and no special vital
force can be found at work. Every step in the process is determined by
 that which preceded it and determines that which follows.” 
As to the origin of life, “ it must be supposed that long ago, when 
conditions became favourable, relatively high compounds of various 
kinds were formed. Many of these would be quite unstable, breaking 
down almost as soon as formed ; others might be stable and merely
persist. But still others might tend to reform, to assimilate, as fast
as they broke down. Once started on this track such a growing compound
 or mixture would inevitably tend to perpetuate itself, and might 
combine with or feed on others less complex than itself.” 
This point of view, rather than that of Professor Haldane, may be 
taken as that which is prevalent among biologists at the present day.
They agree that there is no sharp line between living and dead matter,
 but while Professor Haldane thinks that what we call dead matter is
really living, the majority of biologists think that living matter is
 really a physico-chemical mechanism.
 出典:Religion and Science, 1935, chapt. 8: Cosmic Purpose
 情報源:https://russell-j.com/beginner/RS1935_08-080.HTM

====================================

 ★「ラッセル英単語熟語1500」(ラッセルの英語シリーズn.18)をアマゾンの電子書籍(Kindle 版)として出版しました。★

https://www.amazon.co.jp/gp/search/ref=as_li_qf_sp_sr_tl?ie=UTF8&tag=russellj-22&keywords=ラッセル英単語熟語1500&index=aps&camp=247&creative=1211&linkCode=ur2&linkId=418d05047c3f7d339ecb8c9fb23fe69f

 アマゾンが自動的に計算して出している紙にした場合のページ数は1752ページになっています。電子書籍だからこそ、ページ数を気にせずに出せるものです。(収録語数は少なくても安価なほうが良い方のために、『同1000』と『同1200』も削除しないで残してあります。ご活用をお願いします。
  https://amzn.to/2zlyS9R

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集・発行:(松下彰良/まつした・あきよし) 
■ご意見・ご感想・お問合せはお気軽に : matusitaster@gmail.com
■登録・解除・変更はこちら: https://russell-j.com/R3HOME.HTM
■WEBサイト: https://russell-j.com/
     ( top page: http://russell-j.com/index.htm )
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

バートランド・ラッセルの言葉366

発行周期: ほぼ 日刊 最新号:  2019/02/22 部数:  70部

ついでに読みたい

バートランド・ラッセルの言葉366

発行周期:  ほぼ 日刊 最新号:  2019/02/22 部数:  70部

他のメルマガを読む