バートランド・ラッセルの言葉366

ラッセル『宗教と科学』第8章 宇宙の目的 n.7

カテゴリー: 2019年01月15日
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
「(ほぼ日刊)バートランド・ラッセルの言葉366」 
   n.1545 (2019年1月15日 火曜日)[2014/1/28創刊] 
 
 バートランド・ラッセルのポータルサイト: https://russell-j.com/index.htm
     同上 スマホ用メニュー        : https://russell-j.com/index.html
 公式メールマガジン: https://archive.mag2.com/0000220241/index.html  
「(ほぼ日刊)ラッセルの英語」: https://archive.mag2.com/0001623960/index.html
「ラッセルの言葉366(Word Press 版)」: https://russell-j.com/wp/
「ラッセルの言葉(facebook 版)」: https://www.facebook.com/russellian.j
「ラッセルの言葉366_画像版」:
             https://russell-j.com/smart_r366/br366g-j_home.html
             https://russell-j.com/smart_r366/r366g_j-today.html
「ラッセルの言葉366(短文篇)」:
              https://russell-j.com/beginner/sp/BR-KAKUGEN.HTM
  Twitter : https://twitter.com/russellian2
 ラッセル関係電子書籍一覧: https://russell-j.com/cool/rbook-kindle.htm
 Rポータルサイト支援ストア: https://russell-j.com/SUPPORT-BRJSITE.HTM
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
  
  本メルマガは,「バートランド・ラッセルの英語」の姉妹誌です。 
  出勤時間にあわせて,原則,毎朝6時に自動配信します!  

 「ラッセルの英語」では,英語の学習に参考になりそうな例文をラッセルの著作からご紹介していますが,「ラッセルの言葉366」では,日本語にした時の'内容'に注目して,ラッセルの発言をご紹介していきます。
 読者と一緒に育てていきたいと思っていますので,誤訳や不適切な訳等がありましたら,お知らせいただければ幸いです。

 ◆◆◆
◆お願い◆ アマゾンで買い物をしている方も多いと思われます。
 ◆◆◆  ラッセルのポータルサイト(トップページ)の検索ボックス経由,あるいは,ポータルサイトに掲載した個々のアマゾン商品広告のリンク経由でご購入いただければ幸いです。
(PCを起動した後,最初にクリックしたアマゾンの広告が,ラッセルのポータルサイト上のアマゾンの個別商品のリンクであれば,(PCを再起動しなければ,)アマゾンのどの商品を購入されても,ラッセルのポータルサイト経由での購入と判定されます.) 
 収益はラッセルのホームページのメンテナンス費用や早稲田大学のラッセル関係資料コーナ寄贈資料の購入に充当させていただきます。]
                                    
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ラッセル『宗教と科学』第8章 宇宙の目的 n.7
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 この段階から(From this point),我々は単一の人格から神へと次のステッ
プを歩む準備ができる(できている)。「人格は単に個人的なものではない。
我々が神が存在すること(present 現前する)を認識するのは,このような事
実(人格は単に個人的なものではないという事実)の中にある。(つまり)神
は我々の外部にいる存在(being)として現前する(present)だけでなく,諸
人格(personalities)からなる一つの人格(訳注:Personality 大文字である
ことに注意)として我々の内及び周囲に現前する」。「我々が神の啓示を見出
すのは我々の内,真理,正義,博愛(charity),美等の我々の生きた理想の内,
及びそれらから生じる他者との友好関係の内においてである」。自由や不滅
(不死)は神に属し,いかなる場合にも完全には「実在的」ではない個人には
属していないと言われている。「全人類が消滅しても,永遠からの存在として
(?)>(注:as from all eternity : 「all etenity」(=「永遠」),神はなお唯
一の実在であり続けるであろう。そしてその(神という)存在の中に,我々の
中に実在するものは生き続けるであろう」。

 ひとつの最後の慰めになる内省(One last consoling reflection)がある。
即ち,神だけが唯一の実在であるということから,貧しい者は(自分が)貧し
いことを気にすべきでないという結論が出てくる。「無用の贅沢のような,過
ぎ去りゆく瞬間の実在しない影」にしがみつこうとすることは愚かである。
(また)「貧しい者たちの実質生活水準(The real standard of the poor)は,
富める者たちのそれよりもずっと満足のゆくものかもしれない」。飢えている
者にとっては「唯一の究極の実在は,我々が神の存在によって示す(denote 
by)精神的あるいは人格的存在であることを想起すること(思い出すこと)は慰
めとなるであろう」。

 このような理論(説)によって多くの疑問が生じる。その最も明確なものか
ら取上げてみよう。(即ち)一体,生物学が物理学や化学に,あるいは心理学
が物理学に還元できないというのは -もし還元できないとしたら- どういう
意味においてであろうか?

Chapter 8:Cosmic Purpose , n.7

From this point, we are ready to take the next step, from single 
personalities to God. "Personality is not merely individual. It is in
 this fact that we recognize the presence of God - God present not 
merely as a being outside us, but within and around us as Personality
 of personalities." "It is only within ourselves, in our active ideals
 of truth, right, charity and beauty, and consequent fellowship with
 others, that we find the revelation of God." Freedom and immortality,
we are told, belong to God, not to human individuals, who, in any 
case, are not quite "real." "Were the whole human race to be blotted 
out, God would still, as from all eternity, be the only reality, and 
in His existence what is real in us would continue to live."

One last consoling reflection : from the sole reality of God, it 
follows that the poor ought not to mind being poor. It is foolish to
grasp at "unreal shadows of the passing moment, such as useless luxury
. . . . The real standard of the poor may be far more satisfying than 
that of the rich." For those who are starving, one gathers, it will be
a comfort to remember that "the only ultimate reality is the spiritual
 or personal reality which we denote by the existence of God."

Many questions are raised by this theory. Let us begin with the most 
definite : in what sense, if any, is biology not reducible to physics 
and chemistry, or psychology to biology? 
 出典:Religion and Science, 1935, chapt. 8: Cosmic Purpose
 情報源:https://russell-j.com/beginner/RS1935_08-070.HTM

====================================

 ★「ラッセル英単語熟語1500」(ラッセルの英語シリーズn.18)をアマゾンの電子書籍(Kindle 版)として出版しました。★

https://www.amazon.co.jp/gp/search/ref=as_li_qf_sp_sr_tl?ie=UTF8&tag=russellj-22&keywords=ラッセル英単語熟語1500&index=aps&camp=247&creative=1211&linkCode=ur2&linkId=418d05047c3f7d339ecb8c9fb23fe69f

 アマゾンが自動的に計算して出している紙にした場合のページ数は1752ページになっています。電子書籍だからこそ、ページ数を気にせずに出せるものです。(収録語数は少なくても安価なほうが良い方のために、『同1000』と『同1200』も削除しないで残してあります。ご活用をお願いします。
  https://amzn.to/2zlyS9R

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集・発行:(松下彰良/まつした・あきよし) 
■ご意見・ご感想・お問合せはお気軽に : matusitaster@gmail.com
■登録・解除・変更はこちら: https://russell-j.com/R3HOME.HTM
■WEBサイト: https://russell-j.com/
     ( top page: http://russell-j.com/index.htm )
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

バートランド・ラッセルの言葉366

発行周期: ほぼ 日刊 最新号:  2019/02/22 部数:  70部

ついでに読みたい

バートランド・ラッセルの言葉366

発行周期:  ほぼ 日刊 最新号:  2019/02/22 部数:  70部

他のメルマガを読む