バートランド・ラッセルの言葉366

ラッセル『宗教と科学』第6章 決定論 n.4

カテゴリー: 2018年11月26日
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
「(ほぼ日刊)バートランド・ラッセルの言葉366」 
   n.1515 (2018年11月26日 月曜日)[2014/1/28創刊] 
 
 バートランド・ラッセルのポータルサイト: https://russell-j.com/index.htm
     同上 スマホ用メニュー        : https://russell-j.com/index.html
 公式メールマガジン: https://archive.mag2.com/0000220241/index.html  
「(ほぼ日刊)ラッセルの英語」: https://archive.mag2.com/0001623960/index.html
「ラッセルの言葉366(Word Press 版)」: https://russell-j.com/wp/
「ラッセルの言葉(facebook 版)」: https://www.facebook.com/russellian.j
「ラッセルの言葉366_画像版」:
             https://russell-j.com/smart_r366/br366g-j_home.html
             https://russell-j.com/smart_r366/r366g_j-today.html
「ラッセルの言葉366(短文篇)」:
              https://russell-j.com/beginner/sp/BR-KAKUGEN.HTM
  Twitter : https://twitter.com/russellian2
 ラッセル関係電子書籍一覧: https://russell-j.com/cool/rbook-kindle.htm
 Rポータルサイト支援ストア: https://russell-j.com/SUPPORT-BRJSITE.HTM
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
  
  本メルマガは,「バートランド・ラッセルの英語」の姉妹誌です。 
  出勤時間にあわせて,原則,毎朝6時に自動配信します!  

 「ラッセルの英語」では,英語の学習に参考になりそうな例文をラッセルの著作からご紹介していますが,「ラッセルの言葉366」では,日本語にした時の'内容'に注目して,ラッセルの発言をご紹介していきます。
 読者と一緒に育てていきたいと思っていますので,誤訳や不適切な訳等がありましたら,お知らせいただければ幸いです。

 ◆◆◆
◆お願い◆ アマゾンで買い物をしている方も多いと思われます。
 ◆◆◆  ラッセルのポータルサイト(トップページ)の検索ボックス経由,あるいは,ポータルサイトに掲載した個々のアマゾン商品広告のリンク経由でご購入いただければ幸いです。
(PCを起動した後,最初にクリックしたアマゾンの広告が,ラッセルのポータルサイト上のアマゾンの個別商品のリンクであれば,(PCを再起動しなければ,)アマゾンのどの商品を購入されても,ラッセルのポータルサイト経由での購入と判定されます.) 
 収益はラッセルのホームページのメンテナンス費用や早稲田大学のラッセル関係資料コーナ寄贈資料の購入に充当させていただきます。]
                                    
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ラッセル『宗教と科学』第6章 決定論 n.4
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 第6章 決定論 n.4

 もし,我々は(が)検証可能な理論を持つべきだとするなら,自然の全過程が因果律
(因果法則)によって決定されなければならないと言うだけでは充分ではない。これ
(自然の全過程が因果律によって決定されていること)は真実であるかも知れないが
 -例えば,もし,より遠隔にあるものの方がより近くにあるものよりもいっそう強
い影響力を持っているとするなら- いまだ確かめることができない(discoverable
 発見できない)ことである。というのは,我々は,地上で何が起ろうとしているかを
予測(予見)できるようになる前に,最も遠いところにある星々(恒星群)に関する
詳細な知識を必要とするからである。もし(我々の)理論は検証可能なものでなけれ
ばならないとするなら,(我々は)その理論を宇宙のある限定された部分との関係に
おいて述べることができなければならないし,また,法則はそれ(その理論)によっ
て計算可能なほど充分単純なものでなければならない。我々は宇宙の全てを知ること
はできないし,またとても複雑なためにその結論を出す(the working out of their
 consequences)のに我々が持っていると思われる以上の技能を必要とするような法則
を検証することもできない。必要な計算能力は現時点で可能な程度を超えているかも
知れない。しかしそれは遠くない将来多分獲得される可能性のある能力を超えるもの
ではないかも知れない。この点はかなり明らかであるが,しかし,我々の持っている
データが宇宙の有限な部分に限られている場合(注:宇宙のほんの少しの部分に関す
るデータしか持っていない時に),我々の原理を適用可能な形で述べることは(データ
が少ない分)いっそう困難である。(我々の視野の)外側にあるものが常にぶつかっ
てきて(crash in 衝突する;中に押し入る)予想外の影響を与えるかもしれない。時
々(時には),新しい星(恒星)が天空に現れる(が),この出現は太陽系だけに限
定されたデータからは予測することはできない。そうして,光より速く動くものはな
いので,新しい星(恒星)が現われつつあることを告げるメッセージを事前に得る方
法が存在しない。

Chapter 6 Determinism, n.4

If we are to have a doctrine that can be tested, it is not enough to say 
that the whole course of nature must be determined by causal laws. This
 might be true, and yet undiscoverable - for example, if what is more 
distant had more effect than what is nearer, for we should then need a 
detailed knowledge of the most distant stars before we could foresee what
 was going to happen on earth. If we are to be able to test our doctrine,
 we must be able to state it in relation to a finite part of the universe,
 and the laws must be sufficiently simple for us to be able to make 
calculations by their means. We cannot know the whole universe, and we 
cannot test laws which are so complicated as to require more skill than we
 can hope to possess for the working out of their consequences. The powers
 of calculation involved may exceed what is possible at the moment, but not
 what may probably be acquired before long. This point is fairly obvious, 
but there is more difficulty in stating our principle so as to be 
applicable when our data are confined to a finite part of the universe. 
Things from outside may always crash in and have unexpected effects. 
Sometimes a new star appears in the heavens, and these appearances cannot
 be predicted from data confined to the solar system. And as nothing travels
 faster than light, there is no way by which we can get an advance message 
telling us that a new star is going to appear.
 出典:Religion and Science, 1935, chapt. 6: 
 情報源:https://russell-j.com/beginner/RS1935_06-040.HTM

====================================

 ★「ラッセル英単語熟語1500」(ラッセルの英語シリーズn.18)をアマゾンの電子書籍(Kindle 版)として出版しました。★

https://www.amazon.co.jp/gp/search/ref=as_li_qf_sp_sr_tl?ie=UTF8&tag=russellj-22&keywords=ラッセル英単語熟語1500&index=aps&camp=247&creative=1211&linkCode=ur2&linkId=418d05047c3f7d339ecb8c9fb23fe69f

 アマゾンが自動的に計算して出している紙にした場合のページ数は1752ページになっています。電子書籍だからこそ、ページ数を気にせずに出せるものです。(収録語数は少なくても安価なほうが良い方のために、『同1000』と『同1200』も削除しないで残してあります。ご活用をお願いします。
  https://amzn.to/2zlyS9R

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集・発行:(松下彰良/まつした・あきよし) 
■ご意見・ご感想・お問合せはお気軽に : matusitaster@gmail.com
■登録・解除・変更はこちら: https://russell-j.com/R3HOME.HTM
■WEBサイト: https://russell-j.com/
     ( top page: http://russell-j.com/index.htm )
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

バートランド・ラッセルの言葉366

発行周期: ほぼ 日刊 最新号:  2018/12/10 部数:  71部

ついでに読みたい

バートランド・ラッセルの言葉366

発行周期:  ほぼ 日刊 最新号:  2018/12/10 部数:  71部

他のメルマガを読む