バートランド・ラッセルの言葉366

ラッセル『宗教と科学』第5章 魂と肉体 n.11

カテゴリー: 2018年10月29日
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
「(ほぼ日刊)バートランド・ラッセルの言葉366」
   n.1496 (2018年10月29日 月曜日)[2014/1/28創刊] 
 
 バートランド・ラッセルのポータルサイト: https://russell-j.com/index.htm
     同上 スマホ用メニュー        : https://russell-j.com/index.html
 公式メールマガジン: https://archive.mag2.com/0000220241/index.html  
「(ほぼ日刊)ラッセルの英語」: https://archive.mag2.com/0001623960/index.html
「ラッセルの言葉366(Word Press 版)」: https://russell-j.com/wp/
「ラッセルの言葉(facebook 版)」: https://www.facebook.com/russellian.j
「ラッセルの言葉366_画像版」:
             https://russell-j.com/smart_r366/br366g-j_home.html
             https://russell-j.com/smart_r366/r366g_j-today.html
「ラッセルの言葉366(短文篇)」:
              https://russell-j.com/beginner/sp/BR-KAKUGEN.HTM
  Twitter : https://twitter.com/russellian2
 ラッセル関係電子書籍一覧: https://russell-j.com/cool/rbook-kindle.htm
 Rポータルサイト支援ストア: https://russell-j.com/SUPPORT-BRJSITE.HTM
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
  
  本メルマガは,「バートランド・ラッセルの英語」の姉妹誌です。 
  出勤時間にあわせて,原則,毎朝6時に自動配信します!  

 「ラッセルの英語」では,英語の学習に参考になりそうな例文をラッセルの著作からご紹介していますが,「ラッセルの言葉366」では,日本語にした時の'内容'に注目して,ラッセルの発言をご紹介していきます。
 読者と一緒に育てていきたいと思っていますので,誤訳や不適切な訳等がありましたら,お知らせいただければ幸いです。

 ◆◆◆
◆お願い◆ アマゾンで買い物をしている方も多いと思われます。
 ◆◆◆  ラッセルのポータルサイト(トップページ)の検索ボックス経由,あるいは,ポータルサイトに掲載した個々のアマゾン商品広告のリンク経由でご購入いただければ幸いです。
(PCを起動した後,最初にクリックしたアマゾンの広告が,ラッセルのポータルサイト上のアマゾンの個別商品のリンクであれば,(PCを再起動しなければ,)アマゾンのどの商品を購入されても,ラッセルのポータルサイト経由での購入と判定されます.) 
 収益はラッセルのホームページのメンテナンス費用や早稲田大学のラッセル関係資料コーナ寄贈資料の購入に充当させていただきます。]
                                    
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ラッセル『宗教と科学』第5章 魂と肉体 n.11
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 第5章 魂と肉体 n.11

 最初の困難は力学の諸法則の発見によって生じた。17世紀の間に,実験や観察が真
理であることを示すように思われた(力学の)諸法則は全ての物質の運動を完璧に示
しているように思われるということが明らかになった。動物や人間の肉体のために例
外を設ける理由はまったく存在しないように思われた。デカルトは「動物」は自動機
械(automata オートマタ=オートマトン)であるという推論結果(推断)を引き出
したが,なおも「人間」については意志は身体運動を引き起こすことができると考え
た。(しかし)物理学の進歩はすぐに彼の折衷案(compromise 妥協案)は不可能であ
ることを示し(物理学の進歩によって示され),また,彼の後継者たちは,心(精神)
は物(物質)に何らかの影響を与えることができるという見解を放棄した。彼らは,
逆に,物質もまた心(精神)にまったく影響を与えることはできないとを主張するこ
とによって天秤(scales てんびん)(の釣り合い)を維持しようとした(注:荒地出版
社刊の津田訳では「物質もまた心に影響を与ええないことを主張することにより公平
な裁きをしようとした」と訳出されており,ニュアンスが異なってしまっている)。
このことは,彼らを,精神と物質はいずれもそれぞれの法則に従い,お互いに影響し
あわないという心身並行説(の主張)へと導いた。(たとえば)あなたがある人に会
い,「今日はお元気ですか?」と言おうと決意すると,あなたのその決意は精神の系
列に属する。しかし,その決意から生じると人間には)思われる唇や下の動きは,本
当は(実際は)純粋に力学的な原因(要因)を持っている。彼ら(デカルトの後継者
たひ)は,心(精神)と肉体(身体)とを,両者とも完全な時間を刻む,2つの時計
と対照させた(compared ~ to)。(即ち)一方の時計がある(特定の)時刻に達す
ると,一方は他方にまったく影響を与えないけれども、両方の時計は(同時に)時を
告げる(同時に鳴る)。もしあなたがどちらか一方の時計を見ることができるが他の
時計はその時計の音でだけ知ることができるとしれば,あなたは見ることが出来る時
計がその(時刻を告げる)音の原因だと思うだろう(注:つまり,心と物は独立しお
り,両者はお互いを知ることはできないということ)。

Chapter 5: Soul and body, n.11

The first difficulty arose through the discovery of the laws of mechanics. 
During the seventeenth century it became apparent that the laws which 
experiment and observation seemed to show to be true were such as to 
determine completely all the motions of matter. No reason appeared for 
making an exception in favour of the bodies of animals or men. Descartes 
drew the inference that animals are automata, but still thought that in men
 the will could cause bodily movements. The progress of physics quickly 
showed his compromise to be impossible, and his followers abandoned the view
 that mind could have any effect on matter. They tried to hold the scales 
even by maintaining that, conversely, matter could have no effect on mind. 
This led them to the theory of two parallel series, mental and physical, 
each with its own laws. When you meet a man and decide to say "how do you
 do," your decision belongs to the mental series ; but the movements of 
lips and tongue and larynx which seem to result from it really have purely
 mechanical causes. They compared mind and body to two clocks which both 
keep perfect time : when one reaches the hour, both strike, though the one
 has no influence on the other. If you could see one of the clocks, but only
 knew the other through its strike, you would think that the one you could
 see caused the strike.
 出典:Religon and Science, 1935, chapt. 5: 
 情報源:https://russell-j.com/beginner/RS1935_05-110.HTM

====================================

 ★「ラッセル英単語熟語1500」(ラッセルの英語シリーズn.18)をアマゾンの電子書籍(Kindle 版)として出版しました。★

https://www.amazon.co.jp/gp/search/ref=as_li_qf_sp_sr_tl?ie=UTF8&tag=russellj-22&keywords=ラッセル英単語熟語1500&index=aps&camp=247&creative=1211&linkCode=ur2&linkId=418d05047c3f7d339ecb8c9fb23fe69f

 アマゾンが自動的に計算して出している紙にした場合のページ数は1752ページになっています。電子書籍だからこそ、ページ数を気にせずに出せるものです。(収録語数は少なくても安価なほうが良い方のために、『同1000』と『同1200』も削除しないで残してあります。ご活用をお願いします。
  https://amzn.to/2zlyS9R

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集・発行:(松下彰良/まつした・あきよし) 
■ご意見・ご感想・お問合せはお気軽に : matusitaster@gmail.com
■登録・解除・変更はこちら: https://russell-j.com/R3HOME.HTM
■WEBサイト: https://russell-j.com/
     ( top page: http://russell-j.com/index.htm )
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

バートランド・ラッセルの言葉366

RSSを登録する
発行周期:  ほぼ 日刊
最新号:  2018/11/21
部数:  71部

もしくは
※各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

ついでに読みたい

バートランド・ラッセルの言葉366

RSSを登録する
発行周期:  ほぼ 日刊
最新号:  2018/11/21
部数:  71部

もしくは
※各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。
他のメルマガを読む