バートランド・ラッセルの言葉366

ラッセル『宗教と科学』第5章 魂と肉体 n.10

カテゴリー: 2018年10月26日
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
「(ほぼ日刊)バートランド・ラッセルの言葉366」
   n.1495 (2018年10月26日 金曜日)[2014/1/28創刊] 
 
 バートランド・ラッセルのポータルサイト: https://russell-j.com/index.htm
     同上 スマホ用メニュー        : https://russell-j.com/index.html
 公式メールマガジン: https://archive.mag2.com/0000220241/index.html  
「(ほぼ日刊)ラッセルの英語」: https://archive.mag2.com/0001623960/index.html
「ラッセルの言葉366(Word Press 版)」: https://russell-j.com/wp/
「ラッセルの言葉(facebook 版)」: https://www.facebook.com/russellian.j
「ラッセルの言葉366_画像版」:
             https://russell-j.com/smart_r366/br366g-j_home.html
             https://russell-j.com/smart_r366/r366g_j-today.html
「ラッセルの言葉366(短文篇)」:
              https://russell-j.com/beginner/sp/BR-KAKUGEN.HTM
  Twitter : https://twitter.com/russellian2
 ラッセル関係電子書籍一覧: https://russell-j.com/cool/rbook-kindle.htm
 Rポータルサイト支援ストア: https://russell-j.com/SUPPORT-BRJSITE.HTM
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
  
  本メルマガは,「バートランド・ラッセルの英語」の姉妹誌です。 
  出勤時間にあわせて,原則,毎朝6時に自動配信します!  

 「ラッセルの英語」では,英語の学習に参考になりそうな例文をラッセルの著作からご紹介していますが,「ラッセルの言葉366」では,日本語にした時の'内容'に注目して,ラッセルの発言をご紹介していきます。
 読者と一緒に育てていきたいと思っていますので,誤訳や不適切な訳等がありましたら,お知らせいただければ幸いです。

 ◆◆◆
◆お願い◆ アマゾンで買い物をしている方も多いと思われます。
 ◆◆◆  ラッセルのポータルサイト(トップページ)の検索ボックス経由,あるいは,ポータルサイトに掲載した個々のアマゾン商品広告のリンク経由でご購入いただければ幸いです。
(PCを起動した後,最初にクリックしたアマゾンの広告が,ラッセルのポータルサイト上のアマゾンの個別商品のリンクであれば,(PCを再起動しなければ,)アマゾンのどの商品を購入されても,ラッセルのポータルサイト経由での購入と判定されます.) 
 収益はラッセルのホームページのメンテナンス費用や早稲田大学のラッセル関係資料コーナ寄贈資料の購入に充当させていただきます。]
                                    
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ラッセル『宗教と科学』第5章 魂と肉体 n.10
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 第5章 魂と肉体 n.10

 魂(精神)と肉体の関係を考えることにおいて,現代哲学との調和が困難なのは実
体の概念だけではなかった。(即ち)因果律(の概念)に関しても同様な困難があっ
た。

 原因の概念(観念)は,主とし,て罪(注:キリスト教の原罪)との関連で神学(キ
リスト教神学)の中にに入ってきた(entered into)。罪(原罪)は意志(will)の
属性であり(付きものであり),意志(volition)は行為の原因だった(とされた)。
しかし,意志はそれ自体必ずしも先行する原因の結果ではありえない。なぜなら,も
しそうであったとすると,我々(人間)は自分の行為に対し責任を持たなくてよいこ
とになるからである(注:自分の意志とは関係なく,自分の行為には抵抗できない原
因があるとしたら,人間は自分の行為に責任を持てない=持たなくて良い,というこ
とになってしまう)。従っ,て罪(原罪)の観念を保護するためには,(人間の)意
志は(少なくとも時には)原因ではなく,また,意志は原因でなければならない,とい
うことが等しく必要であった(注:場合によって,意志は原因となったりなかったり
する必要があった)。このことは,精神現象の分析及び両者(心と肉体)の関係に関
する多くの命題を(必然的に)伴った。そうして,これらの命題のいくつかのものは
時代が進むに連れて維持することが極めて困難になった。

Chapter 5: Soul and body, n.10

In considering the relations of soul and body, it was not only the 
conception of substance that was found difficult to reconcile with modern
 philosophy ; there were equal difficulties as regards causality. 

The conception of cause entered into theology chiefly in connection with 
sin. Sin was an attribute of the will, and the will was the cause of action.
 But volition could not itself be always the result of antecedent causes,
 since, if it were, we should not be responsible for our actions ; in order
 to safeguard the notion of sin, therefore, it was equally necessary that
 the will should be (at least sometimes) uncaused, and that it should be a
 cause. This entailed a number of propositions both as to the analysis of
 mental occurrences and as to the relation; of mind and body, and some of
 these propositions, as time went on, became very difficult to maintain.
 出典:Religon and Science, 1935, chapt. 5: 
 情報源:https://russell-j.com/beginner/RS1935_05-100.HTM

====================================

 ★「ラッセル英単語熟語1500」(ラッセルの英語シリーズn.18)をアマゾンの電子書籍(Kindle 版)として出版しました。★

https://www.amazon.co.jp/gp/search/ref=as_li_qf_sp_sr_tl?ie=UTF8&tag=russellj-22&keywords=ラッセル英単語熟語1500&index=aps&camp=247&creative=1211&linkCode=ur2&linkId=418d05047c3f7d339ecb8c9fb23fe69f

 アマゾンが自動的に計算して出している紙にした場合のページ数は1752ページになっています。電子書籍だからこそ、ページ数を気にせずに出せるものです。(収録語数は少なくても安価なほうが良い方のために、『同1000』と『同1200』も削除しないで残してあります。ご活用をお願いします。
  https://amzn.to/2zlyS9R

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集・発行:(松下彰良/まつした・あきよし) 
■ご意見・ご感想・お問合せはお気軽に : matusitaster@gmail.com
■登録・解除・変更はこちら: https://russell-j.com/R3HOME.HTM
■WEBサイト: https://russell-j.com/
     ( top page: http://russell-j.com/index.htm )
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

バートランド・ラッセルの言葉366

発行周期: ほぼ 日刊 最新号:  2019/01/24 部数:  71部

ついでに読みたい

バートランド・ラッセルの言葉366

発行周期:  ほぼ 日刊 最新号:  2019/01/24 部数:  71部

他のメルマガを読む