バートランド・ラッセルの言葉366

ラッセル『宗教と科学』第4章 悪魔研究と医学 n.1

カテゴリー: 2018年09月11日
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
「(ほぼ日刊)バートランド・ラッセルの言葉366」
   n.1465 (2018年9月11日 火曜日)[2014/1/28創刊] 
 
 バートランド・ラッセルのポータルサイト: https://russell-j.com/index.htm
     同上 スマホ用メニュー        : https://russell-j.com/index.html
 公式メールマガジン: https://archive.mag2.com/0000220241/index.html  
「(ほぼ日刊)ラッセルの英語」: https://archive.mag2.com/0001623960/index.html
「ラッセルの言葉366(Word Press 版)」: https://russell-j.com/wp/
「ラッセルの言葉(facebook 版)」: https://www.facebook.com/russellian.j
「ラッセルの言葉366_画像版」:
             https://russell-j.com/smart_r366/br366g-j_home.html
             https://russell-j.com/smart_r366/r366g_j-today.html
「ラッセルの言葉366(短文篇)」:
              https://russell-j.com/beginner/sp/BR-KAKUGEN.HTM
  Twitter : https://twitter.com/russellian2
 ラッセル関係電子書籍一覧: https://russell-j.com/cool/rbook-kindle.htm
 Rポータルサイト支援ストア: https://russell-j.com/SUPPORT-BRJSITE.HTM
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
  
  本メルマガは,「バートランド・ラッセルの英語」の姉妹誌です。 
  出勤時間にあわせて,原則,毎朝6時に自動配信します!  

 「ラッセルの英語」では,英語の学習に参考になりそうな例文をラッセルの著作からご紹介していますが,「ラッセルの言葉366」では,日本語にした時の'内容'に注目して,ラッセルの発言をご紹介していきます。
 読者と一緒に育てていきたいと思っていますので,誤訳や不適切な訳等がありましたら,お知らせいただければ幸いです。

 ◆◆◆
◆お願い◆ アマゾンで買い物をしている方も多いと思われます。
 ◆◆◆  ラッセルのポータルサイト(トップページ)の検索ボックス経由,あるいは,ポータルサイトに掲載した個々のアマゾン商品広告のリンク経由でご購入いただければ幸いです。
(PCを起動した後,最初にクリックしたアマゾンの広告が,ラッセルのポータルサイト上のアマゾンの個別商品のリンクであれば,(PCを再起動しなければ,)アマゾンのどの商品を購入されても,ラッセルのポータルサイト経由での購入と判定されます.) 
 収益はラッセルのホームページのメンテナンス費用や早稲田大学のラッセル関係資料コーナ寄贈資料の購入に充当させていただきます。]
                                    
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ラッセル『宗教と科学』第4章 悪魔研究と医学 n.1
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 第4章 悪魔研究と医学 n.1

 人体及びその病気に関する科学的研究は,かつては -またある程度は今日でも- 
多くの迷信と戦わなければならなかった。それらの迷信は,大部分はキリスト教誕生
以前に起源を持つものであるが,ごく最近まで教会の権威によって全面的に(by the
 whole weight 全力で)支えられていたものである。病気は,時には罪の処罰におけ
る神による天罰であったが,それよりもずっとしばしば悪魔の仕業とされた。それは
,聖人の仲介によって -(存命の)聖人本人かあるいは(聖人の)遺物を通して-
 治療された。あるいは,祈りや巡礼(をすること)によって治された。また,(悪
魔が原因の場合は)悪魔祓い(exorcism 魔除け)や,悪魔(及び患者)が忌み嫌うよ
うな手当(treatment 治療)によって治された。

 これらの多くのものに対する支持を福音書の中に見つけることができる。また(そ
れらを支持する)理論の別のもの(the rest of the theory)は教父たちによって展
開されたかあるいは彼らの教説から成長した(grew 育った)。聖アウグスティヌスは
,「キリスト教徒の全ての病はこれらの悪魔のせいである。主に,悪魔は洗礼を受け
たばかりのキリスト教徒を苦しめ,いや(yea),罪のない生まれたばかりの赤ん坊さ
えも苦しめる」と主張している。教父たちの著作(の中)において,「悪魔」とはキ
リスト教の発展により怒ったと思われる異教徒の神々(heathen deities)を意味して
いることを理解しなければならない。初期キリスト教徒たちは,決して,オリンボス
の神々の存在を否定していなかったが,それらは悪魔の召使い - J. ミルトンは
「失楽園」の中でその見解を採っている。ナジアンゾスのグレゴリオス(注:ギリシ
ア教父のひとりで4世紀の東ローマ帝国のキリスト教神学者)は,医学は役に立たな
いが,聖別された手(consecrated hands 聖別の儀式が行われた手)を(苦しむ者の
体に)置くことはしばしば効果があると主張している。同様の見解が他の教父たちに
よって表明された。

Chapter 4: Eemonology and Medicine, n.1

The scientific study of the human body and its diseases has had to contend 
-- and to some extent still has to contend -- with a mass of superstition, 
largely pre-Christian in origin, but supported, until quite modern times, by
the whole weight of ecclesiastical authority. Disease was sometimes a divine
visitation in punishment of sin, but more often the work of demons. It could
 be cured by the intervention of saints, either in person or through their 
holy relics ; by prayer and pilgrimages ; or (when due to demons) by 
exorcism , and by treatment which the demons (and the patient) found 
disgusting. 

For much of this, support could be found in the gospels ; the rest of the 
theory was developed by the Fathers, or grew naturally out of their d
octrines. St. Augustine maintained that "all diseases of Christians are to
 be ascribed to these demons ; chiefly do they torment fresh-baptized 
Christians, yea, even the guiltless new-born infants." It must be 
understood that, in the writings of the Fathers, "demons" mean heathen 
deities, who were supposed to be enraged by the progress of Christianity. 
The early Christians by no means denied the existence of the Olympian gods, 
but supposed them servants of Satan -- a view which Milton adopted in "
Paradise Lost." Gregory Nazianzen maintained that medicine is useless, but
 the laying on of consecrated hands is often effective ; and similar views
 were expressed by other Fathers.
 出典:Religon and Science, 1935, chapt. 4: 
 情報源:https://russell-j.com/beginner/RS1935_04-010.HTM

====================================

 ★「ラッセル英単語熟語1500」(ラッセルの英語シリーズn.18)をアマゾンの電子書籍(Kindle 版)として出版しました。★

https://www.amazon.co.jp/gp/search/ref=as_li_qf_sp_sr_tl?ie=UTF8&tag=russellj-22&keywords=ラッセル英単語熟語1500&index=aps&camp=247&creative=1211&linkCode=ur2&linkId=418d05047c3f7d339ecb8c9fb23fe69f

 アマゾンが自動的に計算して出している紙にした場合のページ数は1752ページになっています。電子書籍だからこそ、ページ数を気にせずに出せるものです。(収録語数は少なくても安価なほうが良い方のために、『同1000』と『同1200』も削除しないで残してあります。ご活用をお願いします。
  https://amzn.to/2zlyS9R

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集・発行:(松下彰良/まつした・あきよし) 
■ご意見・ご感想・お問合せはお気軽に : matusitaster@gmail.com
■登録・解除・変更はこちら: https://russell-j.com/R3HOME.HTM
■WEBサイト: https://russell-j.com/
     ( top page: http://russell-j.com/index.htm )
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

バートランド・ラッセルの言葉366

発行周期: ほぼ 日刊 最新号:  2019/02/15 部数:  70部

ついでに読みたい

バートランド・ラッセルの言葉366

発行周期:  ほぼ 日刊 最新号:  2019/02/15 部数:  70部

他のメルマガを読む