バートランド・ラッセルの言葉366

再配信 ラッセル『宗教と科学』第3章 進化 n.21

カテゴリー: 2018年09月03日
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
「(ほぼ日刊)バートランド・ラッセルの言葉366」
   n.1459 (2018年9月3日 月曜日)[2014/1/28創刊] 
 
 バートランド・ラッセルのポータルサイト: https://russell-j.com/index.htm
     同上 スマホ用メニュー        : https://russell-j.com/index.html
 公式メールマガジン: https://archive.mag2.com/0000220241/index.html  
「(ほぼ日刊)ラッセルの英語」: https://archive.mag2.com/0001623960/index.html
「ラッセルの言葉366(Word Press 版)」: https://russell-j.com/wp/
「ラッセルの言葉(facebook 版)」: https://www.facebook.com/russellian.j
「ラッセルの言葉366_画像版」:
             https://russell-j.com/smart_r366/br366g-j_home.html
             https://russell-j.com/smart_r366/r366g_j-today.html
「ラッセルの言葉366(短文篇)」:
              https://russell-j.com/beginner/sp/BR-KAKUGEN.HTM
  Twitter : https://twitter.com/russellian2
 ラッセル関係電子書籍一覧: https://russell-j.com/cool/rbook-kindle.htm
 Rポータルサイト支援ストア: https://russell-j.com/SUPPORT-BRJSITE.HTM
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
  
  本メルマガは,「バートランド・ラッセルの英語」の姉妹誌です。 
  出勤時間にあわせて,原則,毎朝6時に自動配信します!  

 「ラッセルの英語」では,英語の学習に参考になりそうな例文をラッセルの著作からご紹介していますが,「ラッセルの言葉366」では,日本語にした時の'内容'に注目して,ラッセルの発言をご紹介していきます。
 読者と一緒に育てていきたいと思っていますので,誤訳や不適切な訳等がありましたら,お知らせいただければ幸いです。

 ◆◆◆
◆お願い◆ アマゾンで買い物をしている方も多いと思われます。
 ◆◆◆  ラッセルのポータルサイト(トップページ)の検索ボックス経由,あるいは,ポータルサイトに掲載した個々のアマゾン商品広告のリンク経由でご購入いただければ幸いです。
(PCを起動した後,最初にクリックしたアマゾンの広告が,ラッセルのポータルサイト上のアマゾンの個別商品のリンクであれば,(PCを再起動しなければ,)アマゾンのどの商品を購入されても,ラッセルのポータルサイト経由での購入と判定されます.) 
 収益はラッセルのホームページのメンテナンス費用や早稲田大学のラッセル関係資料コーナ寄贈資料の購入に充当させていただきます。]
                                    
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
再配信 ラッセル『宗教と科学』第3章 進化 n.21
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◆脱字や重複等がありましたので、再配信します。◆
 ========================

 ダーウイン主義(進化論)は、コペルニクス主義(地動説)同様に厳しい一撃を神
学に与えた。(即ち)ダーウィン主義は、種の固定(性)や創世紀が主張していると思
われる(神による)創造の多くの個々の行為を捨てる必要があっただけではなかった。
また、それ(ダーウィン主義)は、生命の起源以降の時間の経過を仮定することが必
要であり,(時間の経過は)キリスト教正統信仰にとってショッキングなものであった。
それ(時間の経過)は、動物の環境への絶妙な適応 -今日ではそれは自然淘汰の働
き(作用)として説明されている- に由来する,神意(摂理)の恩恵を支持する多く
の議論を捨てる必要があっただけではなく,何よりも悪かったのは,進化論者たちが
人間は(人間よりも)下等な動物の子孫であるとあえて主張したことである。神学者
や教育のない人々は進化論のこの一面に飛びついた(fastened upon)。「ダーウイン
は、人間は猿の子孫だと言っている!」と,世界中が恐怖をもって叫んだ。、彼は自
分自身が猿に似ていたのでそう信じたんだと、よく言われた(彼は猿に似てはいなか
ったが)。私が子供(少年)の時、ある家庭教師にとてもまじめくさって「君がダー
ウイン主義者なら,私は君を憐れむよ。ダーウィン主義者であると同時にキリスト教
徒であることはできないからだ」と言われた。今日にいたるまで,(米国の)テネシ
ー州で進化論を教えることは違法である。なぜなら,進化論は神の言葉に反するもの
であると考えられているからである。

Chapter 3: Evolution, n.21

Darwinism was as severe a blow to theology as Copernicanism. Not only was it
 necessary to abandon the fixity of species and the many separate acts of 
creation which Genesis seemed to assert ; not only was it necessary to 
assume a lapse of time, since the origin of life, which was shocking to the
 orthodox ; not only was it necessary to abandon a host of arguments for the
 beneficence of Providence, derived from the exquisite adaptation of animals
 to their environment, which was now explained as the operation of natural 
selection -- but, worse than any or all of these, the evolutionists ventured
 to affirm that man was descended from the lower animals. Theologians and 
uneducated people, indeed, fastened upon this one aspect of the theory. 
"Darwin says that men are descended from monkeys!" the world exclaimed in 
horror. It was popularly said that he believed this because he himself 
looked like a monkey (which he did not). When I was a boy, I had a tutor who
 said to me, with the utmost solemnity : “ If you are a Darwinist, I pity 
you, for it is impossible to be a Darwinist and a Christian at the same 
time.” To this day in Tennessee, it is illegal to teach the doctrine of 
evolution, because it is considered to be contrary to the Word of God.
 出典:Religon and Science, 1935, chapt. 3: Evolution.
 情報源:https://russell-j.com/beginner/RS1935_03-210.HTM

====================================

 ★「ラッセル英単語熟語1500」(ラッセルの英語シリーズn.18)をアマゾンの電子書籍(Kindle 版)として出版しました。★

https://www.amazon.co.jp/gp/search/ref=as_li_qf_sp_sr_tl?ie=UTF8&tag=russellj-22&keywords=ラッセル英単語熟語1500&index=aps&camp=247&creative=1211&linkCode=ur2&linkId=418d05047c3f7d339ecb8c9fb23fe69f

 アマゾンが自動的に計算して出している紙にした場合のページ数は1752ページになっています。電子書籍だからこそ、ページ数を気にせずに出せるものです。(収録語数は少なくても安価なほうが良い方のために、『同1000』と『同1200』も削除しないで残してあります。ご活用をお願いします。
  https://amzn.to/2zlyS9R

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集・発行:(松下彰良/まつした・あきよし) 
■ご意見・ご感想・お問合せはお気軽に : matusitaster@gmail.com
■登録・解除・変更はこちら: https://russell-j.com/R3HOME.HTM
■WEBサイト: https://russell-j.com/
     ( top page: http://russell-j.com/index.htm )
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

バートランド・ラッセルの言葉366

発行周期: ほぼ 日刊 最新号:  2019/02/15 部数:  70部

ついでに読みたい

バートランド・ラッセルの言葉366

発行周期:  ほぼ 日刊 最新号:  2019/02/15 部数:  70部

他のメルマガを読む