バートランド・ラッセルの言葉366

ラッセル『宗教と科学』第2章 コペルニクス革命 n.17

カテゴリー: 2018年07月31日
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
      「(ほぼ日刊)バートランド・ラッセルの言葉366」
      n.1435 (2018年7月31日 火曜日)[2014/1/28創刊] 
 
 バートランド・ラッセルのポータルサイト: http://russell-j.com/
 公式メールマガジン: http://archive.mag2.com/0000220241/index.html  
「(ほぼ日刊)ラッセルの英語」: http://archive.mag2.com/0001623960/index.html
「ラッセルの言葉366(Word Press 版)」: http://russell-j.com/wp/
「ラッセルの言葉(facebook 版)」: http://www.facebook.com/russellian.j
「ラッセルの言葉366_画像版」:
             http://russell-j.com/smart_r366/br366g-j_home.html
             http://russell-j.com/smart_r366/r366g_j-today.html
「ラッセルの言葉366(短文篇)」:
              http://russell-j.com/beginner/sp/BR-KAKUGEN.HTM
  Twitter : https://twitter.com/russellian2
 ラッセル関係電子書籍一覧: http://russell-j.com/cool/rbook-kindle.htm
 Rポータルサイト支援ストア: http://russell-j.com/SUPPORT-BRJSITE.HTM
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■  
  本メルマガは,「バートランド・ラッセルの英語」の姉妹誌です。 
  出勤時間にあわせて,原則,毎朝6時に自動配信します!  

 「ラッセルの英語」では,英語の学習に参考になりそうな例文をラッセルの著作
  からご紹介していますが,「ラッセルの言葉366」では,日本語にした時の'内容'
  に注目して,ラッセルの発言をご紹介していきます。
  読者と一緒に育てていきたいと思っていますので,誤訳や不適切な訳等がありま
  したら,お知らせいただければ幸いです。

 ◆◆◆
◆お願い◆ アマゾンで買い物をしている方も多いと思われます。
 ◆◆◆  ラッセルのポータルサイト(トップページ)の検索ボックス経由,あるい
      は,ポータルサイトに掲載した個々のアマゾン商品広告のリンク経由で
      ご購入いただければ幸いです。(PCを起動した後,最初にクリックした
      アマゾンの広告が,ラッセルのポータルサイト上のアマゾンの個別商品
      のリンクであれば,(PCを再起動しなければ,)アマゾンのどの商品を購入
      入されても,ラッセルのポータルサイト経由での購入と判定されます.)
      収益はラッセルのホームページのメンテナンス費用や早稲田大学のラッ
      セル関係資料コーナ寄贈資料の購入に充当させていただきます。]
                                    
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ラッセル『宗教と科学』第2章 コペルニクス革命 n.17
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 『宗教と科学』第2章 コペルニクス革命(コペルニクス的転回) n.17

 神学者たちは,ガリレオに対する悲惨な「勝利」の後,この例で示したような公的
に明確な態度をとること(official definiteness)は避けた方が賢明である(分別
がある)と気づいたけれども,科学に対して敢えて蒙昧主義をとることに反対し続け
た。
(注:「they continued to oppose obscurantism to science as far as they 
dared」のところを,荒地出版社刊の訳書で津田氏は「できるだけ科学に対し非教科
主義をとることをやめなかった」と訳出している。津田氏は「非教科主義」をどうい
った意味で使っているかわからないが,そのままとれば意味が逆であろう。この一文
は,「神学者たちが民衆に知識を与えずに無知のままにしておこうという「蒙昧主義
をとることには反対し続けた」ととるべきであろう。因みに,obscruntism 蒙昧主義
とは,「意図的に曖昧な言い方をしたり,またある問題を明るみにすることを妨げる
ような態度のこと」であり「啓蒙思想に対するカウンターとしての反啓蒙主義とは異
なる」 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%92%99%E6%98%A7%E4%B8%BB%E7%BE%A9。
即ち,神学者たちはコペルニクス説には反対したが,蒙昧主義の立場をとらなかった
ということを言っていると解釈すべきであろう。)
これは(このことは),彗星の問題に対する彼ら神学者たちの態度によって例証され
るかも知れない。現代の人々には彗星の問題は宗教と余り関係がないことのように思
われるだろう。けれども,中世の神学は,-それ(中世の神学)は不変・不易である
(immutable)と意図された唯一の論理体系であるという理由だけから- 必然的に,
ほとんど全てのことに関して明確な見解をもつことは避けることができず(注:あい
まいな見解や態度を示すことができず,従って,科学の最前線の全てにおいて(最前
線の全てにおいて)闘いに従事する傾向があった(しがちであった)その(神学の)
古さのせいで,神学の多くは単に組織化された無知であるに過ぎず,神学はその多く
は文明開化の時代に生き残り続けてくるべきではなかった(いろいろな)誤謬に神聖
な香り(the odor of sanctity 聖者のおもかげ,高徳の誉れ)を与えている。彗星
に関して,(キリスト教の)聖職者たちの見解には2つの源泉があった。一つは,法
則の支配は,我々(現代人)がそれを考えるようには考えられなかったことである
(注:科学的な自然法則ではなく,神の定めた法則)。もう一つは,地球の大気のよ
り上にあるものは全て不滅で(indestructible)なければなならいと考えられていた
ことである。

Chapter 2: The Copernician Revolution, n.17

Although the theologians, after their disastrous "victory" over Galileo, 
found it prudent to avoid such official definiteness as they had shown in 
that instance, they continued to oppose obscurantism to science as far as 
they dared. This may be illustrated by their attitude on the subject of 
comets, which, to a modern mind, do not seem very intimately connected with
 religion. Mediaeval theology, however, just because it was a single logical
 system intended to be immutable, could not avoid having definite opinions 
about almost everything, and was therefore liable to become engaged in 
warfare along the whole frontier of science. Owing to the antiquity of 
theology, much of it was only organized ignorance, giving an odour of 
sanctity to errors which ought not to have survived in an enlightened age.
 As regards comets, the opinions of ecclesiastics had two sources. On the 
one hand, the reign of law was not conceived as we conceive it ; on the 
other hand, it was held that everything above the earth's atmosphere must
 be indestructible. 出典:Religon and Science, 1935, chapt. 2.
 情報源:http://russell-j.com/beginner/RS1935_02-170.HTM

====================================

 ★「ラッセル英単語熟語1500」(ラッセルの英語シリーズn.18)をアマゾンの電子書籍(Kindle 版)として出版しました。★

https://www.amazon.co.jp/gp/search/ref=as_li_qf_sp_sr_tl?ie=UTF8&tag=russellj-22&keywords=ラッセル英単語熟語1500&index=aps&camp=247&creative=1211&linkCode=ur2&linkId=418d05047c3f7d339ecb8c9fb23fe69f

 アマゾンが自動的に計算して出している紙にした場合のページ数は1752ページになっています。電子書籍だからこそ、ページ数を気にせずに出せるものです。(収録語数は少なくても安価なほうが良い方のために、『同1000』と『同1200』も削除しないで残してあります。ご活用をお願いします。
  https://amzn.to/2zlyS9R

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集・発行:(松下彰良/まつした・あきよし) 
■ご意見・ご感想・お問合せはお気軽に : matusitaster@gmail.com
■登録・解除・変更はこちら: http://russell-j.com/R3HOME.HTM
■WEBサイト: http://russell-j.com/
     ( top page: http://russell-j.com/index.htm )
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

バートランド・ラッセルの言葉366

発行周期: ほぼ 日刊 最新号:  2018/12/18 部数:  71部

ついでに読みたい

バートランド・ラッセルの言葉366

発行周期:  ほぼ 日刊 最新号:  2018/12/18 部数:  71部

他のメルマガを読む