バートランド・ラッセルの言葉366

n.1383 ラッセル『権力』 第18章 権力を手懐けること n.10


カテゴリー: 2018年05月16日
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
      「(ほぼ日刊)バートランド・ラッセルの言葉366」
      n.1383 (2018年5月16日  水曜日)[2014/1/28創刊] 
 
 バートランド・ラッセルのポータルサイト: http://russell-j.com/
 公式メールマガジン: http://archive.mag2.com/0000220241/index.html  
「(ほぼ日刊)ラッセルの英語」: http://archive.mag2.com/0001623960/index.html
「ラッセルの言葉366(Word Press 版)」: http://russell-j.com/wp/
「ラッセルの言葉(facebook 版)」: http://www.facebook.com/russellian.j
「ラッセルの言葉366_画像版」:
             http://russell-j.com/smart_r366/br366g-j_home.html
             http://russell-j.com/smart_r366/r366g_j-today.html
「ラッセルの言葉366(短文篇)」:
              http://russell-j.com/beginner/sp/BR-KAKUGEN.HTM
  Twitter : https://twitter.com/russellian2
 ラッセル関係電子書籍一覧: http://russell-j.com/cool/rbook-kindle.htm
 Rポータルサイト支援ストア: http://russell-j.com/SUPPORT-BRJSITE.HTM
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■  
  本メルマガは,「バートランド・ラッセルの英語」の姉妹誌です。 
  出勤時間にあわせて,原則,毎朝6時に自動配信します!  

 「ラッセルの英語」では,英語の学習に参考になりそうな例文をラッセルの著作
  からご紹介していますが,「ラッセルの言葉366」では,日本語にした時の'内容'
  に注目して,ラッセルの発言をご紹介していきます。
  読者と一緒に育てていきたいと思っていますので,誤訳や不適切な訳等がありま
  したら,お知らせいただければ幸いです。

 ◆◆◆
◆お願い◆ アマゾンで買い物をしている方も多いと思われます。
 ◆◆◆  ラッセルのポータルサイト(トップページ)の検索ボックス経由,あるい
      は,ポータルサイトに掲載した個々のアマゾン商品広告のリンク経由で
      ご購入いただければ幸いです。(PCを起動した後,最初にクリックした
      アマゾンの広告が,ラッセルのポータルサイト上のアマゾンの個別商品
      のリンクであれば,(PCを再起動しなければ,)アマゾンのどの商品を購入
      入されても,ラッセルのポータルサイト経由での購入と判定されます.)
      収益はラッセルのホームページのメンテナンス費用や早稲田大学のラッ
      セル関係資料コーナ寄贈資料の購入に充当させていただきます。]
                                    
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ラッセル『権力』 第18章 権力を手懐けること n.10
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 第18章 権力を手懐けること n.10

 民主主義が存在している場合においても,それでもなお,個人や少数派(マイノリ
ティ)を暴政から保護する必要があるのは,暴政がそれ自体望ましくないからととも
に,暴政はどうしても秩序の破壊へ導きやすいからである。モンテスキューが立法,
行政,司法の三権分立を唱導したこと,チェック&バランス(牽制と均衡)に対する
英国人の伝統的な信念,ベンサムの政治上の諸原理(教説),及び,十九世紀の自由
主義の全ては,権力の恣意的な行使を防止することを意図していた。しかし,そのよ
うなやり方(方法)は,効率性(能率)とは相容れないと(今日)考えられるようにな
ってきている。英国陸軍省と英国陸軍近衛師団(騎兵連隊)とを分離したことは,疑
いもなく,軍部独裁に対する安全措置であったが,それはクリミア戦争で悲惨な結果
を招いた。昔は,立法府と行政府との意見の一致しない場合は,その結果はとても不
都合な行き詰まり状態になった。現在,英国においては,実際上(to all intents 
and purposes 事実上,実際上,どの点から見ても),両方の権力を内閣のなかで結
びつけることによって,効率性(能率)は確保されている。18世紀と19世紀に行われ
た,恣意的な権力を防止する方法は,現代の状況には合わない(そぐわない)ととも
に,また,今日存在しているような新しい方法もまだあまり有効(効果的)とは言え
ない。いろいろな形態の自由を保護し,そうした連合の権力を凌駕する官僚や警察や
治安判事(注:magistrate 軽微な事件を扱う判事)や裁判官に対して迅速な批判を
伝えるための(いろいろな)連合(協会)が必要である。さらにまた,あらゆる重要
な公共サービス部門において,ある一定の政治的均衡が必要である。たとえば,警察
や空軍内部では普通の意見は,国内全般の(一般的/平均的)意見と比べるとはるか
に反動的であるということ(事実)には,民主主義に対する危険が存在している(の
である)。

Chapter 18: The taming of Power, n.10

Where democracy exists, there is still need to safeguard individuals and 
minorities against tyranny, both beause tyranny is undesirable in itself, 
and because it is likely to lead to breaches of order. Montesquieu's 
advocacy of the separation of legislative, exectives, and judiciary, the
 traditional English belief in checks and balances, Bentham's political 
doctrines, and the whole of nineteenth-century liberalism, were designed to
 prevent the arbitrary exercise of power. But such methods have come to be
 considered incompatible with efficiency. No doubt the separation of the War
 Office and the Horse Guards was a safeguard against military dictatorship,
 but it had disastrous results in the Crimean War. When, in former times, 
the legislature and the executive disagreed, the result was a highly 
inconvenient deadlock; now in England, efficiency is secured by uniting both
 powers, to all intents and purposes, in the cabinet. The eighteenth and 
nineteenth century methods of preventing arbitrary power no longer suit our
 circumstances, and such new methods as exist are not yet very effective. 
There is need of associations to safeguard this or that form of liberty, and
 to bring swift criticism to bear upon officials, police, magistrates, and
 judges who exceed their powers. There is need also of a certain political
 balance in every important branch of the public service. For example, there
 is danger to democracy in the fact that average opiniion in the police and
 the air force is far more reactionary than in the country at large.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:http://russell-j.com/beginner/POWER18_100.HTM

====================================

<a target="_blank" href="https://www.amazon.co.jp/gp/search/ref=as_li_qf_sp_sr_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&index=aps&keywords=%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%BB%E3%83%AB%E3%81%AE%E8%A8%80%E8%91%89366&linkCode=ur2&tag=russellj-22">「ラッセルの言葉366」</a><img src="https://ir-jp.amazo
-adsystem.com/e/ir?t=russellj-22&l=ur2&o=9" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" />好評発売中

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集・発行:(松下彰良/まつした・あきよし) 
■ご意見・ご感想・お問合せはお気軽に : matusitaster@gmail.com
■登録・解除・変更はこちら: http://russell-j.com/R3HOME.HTM
■WEBサイト: http://russell-j.com/
     ( top page: http://russell-j.com/index.htm )
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

バートランド・ラッセルの言葉366

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 日刊
最新号 2018/08/22
部数 75部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

バートランド・ラッセルの言葉366

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 日刊
最新号 2018/08/22
部数 75部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング