音多秀茂の【富と成功の5つのタネ】

「富と成功の5つのタネ」 【自己啓発】メルマガ発行頻度変更のお知らせ

☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆★

   ◆音多秀茂の【富と成功の5つのタネ】◇
      
   ~すべてのビジネスマンへ!一歩先の成功スキルをお届け!!~

    ”まぐまぐ大賞四年連続受賞メルマガ~since 2014-2017 ”

    ┃━ 第1152号 ━ ┃ http://hide-wonda.com/

☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆★


おはようございます!音多 秀茂(おんだ ひでしげ)です。


弊誌、「音多秀茂の【富と成功の5つのタネ】」では、私たちが富を築き、自
身を成功へ導くノウハウを、「お金・健康・人間関係・ビジネススキル・幸運
」の各カテゴリーに分けた「5つのタネ」 として発信しています。


高い志を持ったビジネスマンや学生のあなた、また今後の起業や自立を目指し
ている方へ平日刊で役に立つタネ(ヒント)をお届けしていきます。


。°+°。°+ °。°。°+°。°+ °。°。°+°。°+ °。°+ °。°


☆ 無料プレゼント「35冊の必読書リスト~偉大な先人との出会い~」
  http://hide-wonda.com/page4.html


☆ facebook!友達申請で秘密のグループへご招待
  https://goo.gl/4xiW1c



■ 本文前のお立ち寄り♪~前回のバックナンバーはこちらから~


 第1151号【健康】目の最適化習慣~種々の光~
  https://goo.gl/Tnvt9z



★【自己啓発のタネ】メルマガ発行頻度変更のお知らせ


さて、今日は配信時間が少し遅くなりました。理由は・・・読者の皆様には突
然の話しで申し訳ございませんが、当メールマガジン「富と成功の5つのタネ」
は私音多の諸事情により次回から発行頻度を大幅に下げて配信させて頂く事に
決めました。


何でこんなに急なのか、といえばこれはサラリーマンの逃れられない宿命の人
事話が突然降って来たからでありまして、実は先週からその準備に追われて海
外にいました。


当メルマガは5年目になり、一度の休刊期間を挟みながらも発行漏れなく継続
してきましたが、ここ一番、全力で取り組みたい本業のプロジェクトへ自分の
力を集中する為、メルマガを一時中断する事に決めました。


よってこれは廃刊では無く計画運休なので、不定期発行もしますし、状況が落
ち着けば元に戻す予定です。発行頻度の設定は


 ◆ 「季刊」


へ変更して運用して行きます。


当メルマガ発行は私のライフワークで非常に大事な私の一部となっています。
たった5年間「5つのタネ」という視点で人生の必要スキルの情報発信をしただ
けで、様々な情報が私に流入して来ましたし、何と言っても今回のチャンスが
私の下に転がり込んできたのももこのメルマガ無しには語れません。


お金の情報発信をすればお金が入って来るようになるし、健康の情報発信をす
れば健全な心身が手に入ります。出世の話しをすれば出世します。


これまで具体的な話しは避けて来ましたが、皆さんにハッパをかけるつもりで
私がこの5年間で得た物を少し公開しましょう。


メルマガ発行以降、私はビジネス面では二段階出世して現在では部長クラスで
す。健康面ではアラフォーの節目を迎えて心身のバランスが難しくなる中、ど
んな環境に置かれても自分を崩さない技術を獲得しましたし、人間関係面では
ご存知当、当メルマガ読者さんだけでも三千人近くと繋がる事が出来ました。
そして何より皆さんが富と成功と聞いて真っ先に思い浮かぶであろう「お金」
においては暗号通貨によって公には言えない程の富を経験させてもらいました。


正直私自身、実力も伴わないのに出世したりして不思議なのですが、なぜこう
なったのか原因を考えると、それは私が情報発信をする事で常にその分野のア
ーリーアダプターゾーンに身を置いていたからのようです。


情報発信する為の情報収集をし、他人より早く情報を握っているだけで実力が
無くても立身出世できてしまうという、これも一つの成功法則でしょう。


私がメルマガを始めて以降、富と成功を得るスキルを再現性のあるノウハウと
して情報発信し続けています。ですから皆さん自身も得たい物があれば、それ
についての情報発信を「継続的に」行う事を強烈にお勧めします。


もちろん私の真似をして「5つのタネ」を情報発信頂いても構いません(笑)。
私はこのメルマガを千回連続発行する事で上記成功を手にしました。


・・・・

さて、では私はどんなプロジェクトに参加するのか。場所は日本から出て中国
広州で仕事をする事になります。ここは日系企業も沢山出ている港湾都市であ
り大都市です。「中国の工場」と言われる場所でありGDPも極めて高い場所で
すし、気候も最高。


が、実際に現地で働く場合にはとてつもない労力がかかります。新しい職場で
働くには新たな人との出会いに気苦労する物ですが、海外となるとそれに加え
て「文化と言葉」という二大ツールを理解する所から始まるからです。


この辺を概ね理解し、地場に馴染むまで大体二年はかかってしまうと思います。
言葉だけに集中すれば3ヶ月もあれば何とかなると思いますが、本業が有りま
すからそれだけ頑張るわけにもいきません。


仕事は速攻で結果を出さなきゃつまはじきされますし、その中で新しい顧客を
覚え、人を覚え、言葉も覚え、文化も覚え、地理も覚え、人付き合いや接待活
動も圧倒的に増えるでしょうから、色々体力と思考力を奪われるんですね。私
は以前他の海外勤務経験もあるので今回はもう少し早くなるといいのですが。


・・・・

最後に、一応当メルマガの発行頻度を下げるわけですから、私なりのけじめを
付けたいと思います。


私は当メルマガで「富と成功」を手に入れる方法論を語って来ましたが、その
内容は結局の所、自分の望みを叶える「願望実現手法」に尽きます。富と成功
は人それぞれ描く形が違いますから、それを、望むままに欲しい物を手に入れ
る方法論をお伝えする事にポイントを置いてきました。


そうした意味で私はその力の証明をしなければいけないわけです。ですから今
回、具体的に私が欲しい「富と成功」を挙げて、それを手に入れる姿をお見せ
しようと思います。


ここで私が掲げるのは


 ◆ 2年以内に中国語をマスターする事


です。じゃあ「マスター」ってどの程度かというと、中国語に「HSK」という
試験があるそうなので(全6級)、この4級レベルを目指そうと思っています。
ちなみに私の現在の中国語レベルは完全な「ゼロ」です。知ってる単語はニー
ハオ、シェイシェイ、ウォーアイニーくらいで、それも正しい発音は知りませ
ん。


4級は大学の第二外国語の履修レベルなので、仕事をしながらこれを2年でな
らそこそこの難易度でしょう。中国のどこで試験を受ければ良いのか全く分り
ませんが見切り発車で行きます。2年というと2020年の9月末がリミット
です。誰か広州市で良い先生の見つけ方を知っていたら教えて下さい。


もちろん、これ以外にも様々な目標をセットして行きます。季刊(1月、4月、
7月、10月)ではそれらの進捗状況具合、私が中国生活で得た富と成功の話
し、それらを得る方法を皆さんにお伝えしたいと思います。


といわけで突然のご連絡で申し訳ありませんが、私も日々自分なりの富と成功
の形を手に入れる為にもがいてます。皆さんも現状に不満があればそれをエネ
ルギーに変え、一緒にもがいて前に進みましょう!皆さんがこのメルマガによ
って富と成功を掴めていたら、その話しも沢山聞かせて下さいね。


ではひとまずこれにて。



┌┌┌┌┌ 当メールマガジンの内容は著作権により保護されています。
┌┌┌┌  掲載されている内容の無断使用・転載・複写はご遠慮下さい。



この瞬間にあなたが世界で一番幸せになることを心よりお祈りしております。
本日も最後までおつきあい頂きありがとうございました。


以下のメールアドレスにて、ご意見、ご感想もお待ちしています。   


音多秀茂(おんだひでしげ)

Copyright (c) 音多秀茂の【富と成功の5つのタネ】 All Rights Reserved.

┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏
┏┏┏
┏┏  メールマガジン「音多秀茂の【富と成功の5つのタネ】」
┏   発行責任者:音多秀茂(おんだひでしげ)
┌    MAIL:info@hide-wonda.com 
┌    HP:http://hide-wonda.com/
┌    facebook:https://goo.gl/4xiW1c
┌    発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
┌    配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0001625468.html
┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌

音多秀茂の【富と成功の5つのタネ】

RSSを登録する
発行周期:  ほぼ 季刊
最新号:  2018/09/26
部数:  2,826部

もしくは
※各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

ついでに読みたい

音多秀茂の【富と成功の5つのタネ】

RSSを登録する
発行周期:  ほぼ 季刊
最新号:  2018/09/26
部数:  2,826部

もしくは
※各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。
他のメルマガを読む