バートランド・ラッセル(1872-1970)の英語

R英単語熟語 brute (n) [獣,野獣]

カテゴリー: 2019年02月15日
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
「(ほぼ日刊)バートランド・ラッセル(1872.5.18-1970.2.2)の英語」
  n.1523/3650(2019年2月15日 金曜日) [2013/12/21 創刊]
・バートランド・ラッセルのポータルサイト: https://russell-j.com/index.htm
     同上 スマホ用メニュー        : https://russell-j.com/index.html
・ポータルサイト公式メマガ: https://archive.mag2.com/0000220241/index.html
・R英単語・熟語_総索引: https://russell-j.com/beginner/reitan-idx.htm
 ・(ほぼ日刊)ラッセルの言葉366: https://archive.mag2.com/0001626338/index.htm
・「ラッセルの言葉366(Word Press 版)」:https://russell-j.com/wp/
・「ラッセルの言葉(facebook 版)」: https://www.facebook.com/russellian.j
・「ラッセルの言葉366_画像版」:
    https://russell-j.com/smart_r366/br366g-j_home.html
・「ラッセルの言葉366(短文篇)」:https://archives.mag2.com/0001626338/20170322060000001.html
・ラッセル関係電子書籍一覧: https://russell-j.com/cool/rbook-kindle.htm
・Rポータルサイト支援ストア: https://russell-j.com/SUPPORT-BRJSITE.HTM 
  Twitter : https://twitter.com/russellian2
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 本メルマガは,「バートランド・ラッセルに関するメルマガ」の姉妹誌です。  
 通勤時間にあわせ原則として毎朝午前6時に自動配信します。(土日休刊)

 当面,ラッセルが使用している英単語・熟語等について,ラッセルの著書から複数の用例(例文)をご紹介していきます。読者と一緒に育てていきたいと思っていますので,誤訳や不適切な訳等がありましたら,お知らせくだされば幸いです。

 ◆◆◆
◆お願い◆ アマゾンで買い物をしている方も多いと思われます。
 ◆◆◆  ラッセルのポータルサイト(トップページ)の検索ボックス経由あるいは,ポータルサイトに掲載した個々のアマゾン商品のリンク経由でご購入いただければ幸いです。
(PCを起動した後,どのような作業を行った後であれ,とにかく最初にクリックしたアマゾンの商品ページが,ラッセルのポータルサイト上にあるアマゾンの個別商品のリンクであれば,アマゾンのどの商品を購入されても大丈夫です。) 収益はラッセルのホームページのメンテナンス費用や早稲田大学のラッセル関係資料コーナ寄贈資料の購入に充当させていただきます。
                                    
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 R英単語熟語   brute (n) [獣,野獣] 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ===================================
 昨年12月3日より『究極の英単語SVL<Vol.3〉上級の3000語』(アルク,,2007年
  5月刊)収録の英単語の中で,このメルマガ及び『ラッセル英単語熟語1500』
 で取り上げてなかったものの紹介をしています。(松下彰良)
   https://www.amazon.co.jp/gp/product/4757412207/ref=as_li_qf_asin_il_tl?ie=UTF8&tag=russellj-22&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=4757412207&linkId=ecd955d567651c605668ee28ce4ffcc7   
 ==================================

★ brute (n) [獣,野獣]

* brutal (adj.):残忍な,冷酷な;粗野な;厳しい
* a brutal fact 厳然たる事実
* brutality (n):野蛮,残忍性,無慈悲;残忍な行為
   https://russell-j.com/beginner/reitan-b091.htm

<用例1>
Apart from brute force, the principal factors on the government side 
are tradition, religion, fear of foreign enemies, and the natural 
desire of most men to follow a leader.
[統治する側の主要な要素は,暴力を別とすれば,伝統,宗教,及び外国の敵
(外敵)に対する恐怖心であり,大部分の人々が指導者に従おうとする自然な
欲求である。]
 出典:ラッセル『権力-新しい社会分析』第12章「権力と統治形態」
     https://russell-j.com/beginner/POWER12_200.HTM

<用例2>
A school is like the world: only government can prevent brutal 
violence.
[学校は,(現実の)世界と同じである。即ち,統治(統治機構)だけが野蛮な暴力
行為を防ぐことができる。]
 出典:ラッセル『教育論』第2巻第4章「再婚」
     https://russell-j.com/beginner/AB24-070.HTM

<用例3>
Consider how much brutality has been justified by the rhyme.
[次の詩によって,これまでどれだけ多くの残忍な行為が正当化されてきたか
を考えてみよう。]
 出典:ラッセル「人類に害を与えてきた思想」
     https://russell-j.com/beginner/0861HARM-030.HTM

<参考例1>
Men differ from brutes in that they can think and speak.
[人間は思考し,話すことができる点で,獣とは異なる。]
 出典:宮川幸久『英単語ターゲット1900』, p.437

<参考例2>
Jack is a dangerous man, and can be very brutal and reckless.
[ジャックは危険な男で,非常に残忍で向こう見ずな面もある。]
 出典:『新版完全征服データベース5500 合格 英単語・熟語』p.297]

<参考例3>
Keep away from the dog. It is a brute and growls at anyone.
[その犬に近づかないでください。獣ですから誰にでもうなりますよ。]
 出典:『究極の英単語<SVL> Vol.3 上級の3000語』p.53

<参考例4>
The horse broke its leg when it fell and the poor brute had to be 
destroyed.
 出典:Longman Dictionary of Contemporary English, new ed.

<参考例5>
Brutality is cruel and violent treatment or behaviour.
 出典:Collins COBUILD English Dictonary for Advanced Learners, new
 ed.

=================================

 ★「ラッセル英単語熟語1500」(ラッセルの英語シリーズn.18)をアマゾンの電子書籍(Kindle 版)として出版しました。★

https://www.amazon.co.jp/gp/search/ref=as_li_qf_sp_sr_tl?ie=UTF8&tag=russellj-22&keywords=ラッセル英単語熟語1500&index=aps&camp=247&creative=1211&linkCode=ur2&linkId=418d05047c3f7d339ecb8c9fb23fe69f

 アマゾンが自動的に計算して出している紙にした場合のページ数は1752ページになっています。電子書籍だからこそ、ページ数を気にせずに出せるものです。(収録語数は少なくても安価なほうが良い方のために、『同1000』と『同1200』も削除しないで残してあります。ご活用をお願いします。
  https://amzn.to/2zlyS9R

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■編集・発行:(松下彰良/まつした・あきよし)
 ■ご意見・ご感想・お問合せはお気軽に : matusitaster@gmail.com
 ■登録・解除・変更はこちら: https://russell-j.com/R3HOME.HTM
 ■WEBサイト: https://russell-j.com/
     ( top page: http://russell-j.com/index.htm )
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ついでに読みたい

バートランド・ラッセル(1872-1970)の英語

発行周期:  ほぼ 日刊 最新号:  2019/03/22 部数:  104部

他のメルマガを読む