バートランド・ラッセル(1872-1970)の英語

R英単語熟語 fatherhood (n)【父であること,父性】

カテゴリー: 2019年02月04日
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
「(ほぼ日刊)バートランド・ラッセル(1872.5.18-1970.2.2)の英語」
  n.1515/3650(2019年2月4日 月曜日) [2013/12/21 創刊]
・バートランド・ラッセルのポータルサイト: https://russell-j.com/index.htm
     同上 スマホ用メニュー        : https://russell-j.com/index.html
・ポータルサイト公式メマガ: https://archive.mag2.com/0000220241/index.html
・R英単語・熟語_総索引: https://russell-j.com/beginner/reitan-idx.htm
 ・(ほぼ日刊)ラッセルの言葉366: https://archive.mag2.com/0001626338/index.htm
・「ラッセルの言葉366(Word Press 版)」:https://russell-j.com/wp/
・「ラッセルの言葉(facebook 版)」: https://www.facebook.com/russellian.j
・「ラッセルの言葉366_画像版」:
    https://russell-j.com/smart_r366/br366g-j_home.html
・「ラッセルの言葉366(短文篇)」:https://archives.mag2.com/0001626338/20170322060000001.html
・ラッセル関係電子書籍一覧: https://russell-j.com/cool/rbook-kindle.htm
・Rポータルサイト支援ストア: https://russell-j.com/SUPPORT-BRJSITE.HTM 
  Twitter : https://twitter.com/russellian2
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 本メルマガは,「バートランド・ラッセルに関するメルマガ」の姉妹誌です。  
 通勤時間にあわせ原則として毎朝午前6時に自動配信します。(土日休刊)

 当面,ラッセルが使用している英単語・熟語等について,ラッセルの著書から複数の用例(例文)をご紹介していきます。読者と一緒に育てていきたいと思っていますので,誤訳や不適切な訳等がありましたら,お知らせくだされば幸いです。

 ◆◆◆
◆お願い◆ アマゾンで買い物をしている方も多いと思われます。
 ◆◆◆  ラッセルのポータルサイト(トップページ)の検索ボックス経由あるいは,ポータルサイトに掲載した個々のアマゾン商品のリンク経由でご購入いただければ幸いです。
(PCを起動した後,どのような作業を行った後であれ,とにかく最初にクリックしたアマゾンの商品ページが,ラッセルのポータルサイト上にあるアマゾンの個別商品のリンクであれば,アマゾンのどの商品を購入されても大丈夫です。) 収益はラッセルのホームページのメンテナンス費用や早稲田大学のラッセル関係資料コーナ寄贈資料の購入に充当させていただきます。
                                    
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 R英単語熟語   fatherhood (n)【父であること,父性】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ====================================
  12月3日より『究極の英単語SVL<Vol.3〉上級の3000語』(アルク,2007年5月
 刊)収録の英単語の中で,このメルマガ及び『ラッセル英単語熟語1500』で取り
 上げてなかったものの紹介をしています。(松下彰良)
   https://www.amazon.co.jp/gp/product/4757412207/ref=as_li_qf_asin_il_tl?ie=UTF8&tag=russellj-22&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=4757412207&linkId=ecd955d567651c605668ee28ce4ffcc7   
 ==================================

★ fatherhood (n)【父であること,父性】

* motherhood (n):母であること,母性
   https://russell-j.com/beginner/reitan-f076.htm

<用例1>
Christianity is a patriarchal religion, and cannot be made emotionally
 or intellectually intelligible to people who do not recognize 
fatherhood.
[キリスト教は、家父長的な宗教であるから、父性(fatherhood)というものを
認めない人びとには、感情的にも知的にもキリスト教(の考え方)を理解させ
ることができないのである。]
* 古代の母権社会(母系制社会)においては,子供が生まれてくるには女性
(母親)が必要なのは明らかであったが,父親が母親を妊娠させなければ子供
は生まれないとは知られていなかった。この一文の意味をよく理解するために
はそういう事実を知っている必要がある。
 出典:ラッセル『結婚論』第2章「母系社会」
     https://russell-j.com/beginner/MM02-050.HTM

<用例2>
It is only among human beings, after the fact of fatherhood has become
 known, that the sentiment of paternity can assume the form with which
 we are familiar.
[父性の事実が知られてから後に、父親の感情が我々がよく知っている形態を
とりうるのは、人間の間に限られるのである。]
 出典:ラッセル『結婚論』第2章「母系社会」
     https://russell-j.com/beginner/MM02-070.HTM

<用例3>
Hence the discovery of fatherhood led to the subjection of women as 
the only means of securing their virtue - a subjection first physical
 and then mental, which reached its height in the Victorian age.
[このため、父性の発見は、女性の貞操を確保する唯一の手段として、女性の
隷属 -それは,最初は肉体的なものであり,その後精神的なものとなり,
(英国の)ヴィクトリア朝時代に頂点に達した。]
 出典:ラッセル『結婚論』第3章「家父長制度」
     https://russell-j.com/beginner/MM03-010.HTM

<参考例1>
the responsibilities of fatherhood
 出典:Longman Dictionary of Contemporary English, new ed.

<参考例2>
Fatherhood is the state of being a father. / the joys of fatherhood 
 出典:Collins COBUILD English Dictionary for Advanced Learners, new
 ed.

=================================

 ★「ラッセル英単語熟語1500」(ラッセルの英語シリーズn.18)をアマゾンの電子書籍(Kindle 版)として出版しました。★

https://www.amazon.co.jp/gp/search/ref=as_li_qf_sp_sr_tl?ie=UTF8&tag=russellj-22&keywords=ラッセル英単語熟語1500&index=aps&camp=247&creative=1211&linkCode=ur2&linkId=418d05047c3f7d339ecb8c9fb23fe69f

 アマゾンが自動的に計算して出している紙にした場合のページ数は1752ページになっています。電子書籍だからこそ、ページ数を気にせずに出せるものです。(収録語数は少なくても安価なほうが良い方のために、『同1000』と『同1200』も削除しないで残してあります。ご活用をお願いします。
  https://amzn.to/2zlyS9R

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■編集・発行:(松下彰良/まつした・あきよし)
 ■ご意見・ご感想・お問合せはお気軽に : matusitaster@gmail.com
 ■登録・解除・変更はこちら: https://russell-j.com/R3HOME.HTM
 ■WEBサイト: https://russell-j.com/
     ( top page: http://russell-j.com/index.htm )
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

バートランド・ラッセル(1872-1970)の英語

発行周期: ほぼ 日刊 最新号:  2019/02/15 部数:  106部

ついでに読みたい

バートランド・ラッセル(1872-1970)の英語

発行周期:  ほぼ 日刊 最新号:  2019/02/15 部数:  106部

他のメルマガを読む