バートランド・ラッセル(1872-1970)の英語

R英単語熟語 parrot【 (vt) 機械的に繰り返す;オウム返しに言う 】

カテゴリー: 2018年10月11日
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
「(ほぼ日刊)バートランド・ラッセル(1872.5.18-1970.2.2)の英語」
  n.1440/3650(2018年10月11日  木曜日) [2013/12/21 創刊]
・バートランド・ラッセルのポータルサイト: https://russell-j.com/index.htm
     同上 スマホ用メニュー        : https://russell-j.com/index.html
・ポータルサイト公式メマガ: https://archive.mag2.com/0000220241/index.html
・R英単語・熟語_総索引: https://russell-j.com/beginner/reitan-idx.htm
 ・(ほぼ日刊)ラッセルの言葉366: https://archive.mag2.com/0001626338/index.htm
・「ラッセルの言葉366(Word Press 版)」:https://russell-j.com/wp/
・「ラッセルの言葉(facebook 版)」: https://www.facebook.com/russellian.j
・「ラッセルの言葉366_画像版」:
    https://russell-j.com/smart_r366/br366g-j_home.html
・「ラッセルの言葉366(短文篇)」:https://archives.mag2.com/0001626338/20170322060000001.html
・ラッセル関係電子書籍一覧: https://russell-j.com/cool/rbook-kindle.htm
・Rポータルサイト支援ストア: https://russell-j.com/SUPPORT-BRJSITE.HTM 
  Twitter : https://twitter.com/russellian2
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 本メルマガは,「バートランド・ラッセルに関するメルマガ」の姉妹誌です。 
 通勤時間にあわせ原則として毎朝午前6時に自動配信します。(土日休刊)

 当面,ラッセルが使用している英単語・熟語等について,ラッセルの著書から複数の用例(例文)をご紹介していきます。読者と一緒に育てていきたいと思っていますので,誤訳や不適切な訳等がありましたら,お知らせくだされば幸いです。

 ◆◆◆
◆お願い◆ アマゾンで買い物をしている方も多いと思われます。
 ◆◆◆  ラッセルのポータルサイト(トップページ)の検索ボックス経由あるいは,ポータルサイトに掲載した個々のアマゾン商品のリンク経由でご購入いただければ幸いです。
(PCを起動した後,どのような作業を行った後であれ,とにかく最初にクリックしたアマゾンの商品ページが,ラッセルのポータルサイト上にあるアマゾンの個別商品のリンクであれば,アマゾンのどの商品を購入されても大丈夫です。) 収益はラッセルのホームページのメンテナンス費用や早稲田大学のラッセル関係資料コーナ寄贈資料の購入に充当させていただきます。
                                    
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 R英単語熟語 parrot【 (vt) 機械的に繰り返す;オウム返しに言う 】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
★ parrot【 (n) オウム;わけのわからない他人の言葉を繰り返す人 || (vt) 機
           械的に繰り返す;オウム返しに言う | (vi) 機械的に繰り返して言う 】 

* parrot fashon / parrot-fashon :オウム返しに,猿真似して;丸暗記で
   https://russell-j.com/beginner/reitan-p106.htm

<用例1>
He maintains that what is called 'wrong thinking' is simply thinking, and 
what is called 'right thinking' is repeating words like a parrot .
[彼は「誤った思考」と言われるものは単なる「思考」にすぎず,また「正しい思考」
というのは鸚鵡(おうむ)のように言葉をくりかえすことだ,と主張する。(注:
ラッセルは論理学者らしく、A = A は常に正しいが、それは同じことを繰り返してい
るだけだということを鸚鵡をたとえとして冗談ぽく言っている。逆に言えば、A = A 
でないことを言うことが思考である、ということになる。]
 出典:ラッセル「善人が為す害悪」
     https://russell-j.com/beginner/0393_HGMD-040.HTM

<用例2>
They are subjected to such psychological pressure that they emerge broken 
men, able only to repeat, parrot fashiont, the jejune formulas handed down 
by their official superiors. 
[彼らは,上級の役人から手渡された無味乾燥な公式(決まり文句)をオウム返しにた
だ繰返すだけの,失意の人として身を現すような、心理的圧迫にさらされている。]
 出典:ラッセル「オーウェルの『1984年』の徴候」
     https://russell-j.com/beginner/1070_SoO-080.HTM

<用例3>
The beliefs are instilled, not by giving any reason for supposing them true,
 but by parrot-like repetition, by mass hysteria and mass suggestion. parrot
[こうした信念は、その信念が真実だと想えるような理由を与えることによってでは
なく,オウムのような繰返しや集団ヒステリーや集団的な暗示によって注入される。]
 出典:ラッセル『権力-新しい社会分析』第18章「権力を手懐けること」
     https://russell-j.com/beginner/POWER18_320.HTM
 
<参考例1>
The children learnt the poem parrot fashon.
 出典:Longman Dictionary of Contemporary English, new ed.

<参考例2>
A parrot is a tropical bird with a curved beak and brightly-coloured or grey
 feathers.
 出典:Collins COBUILD English Dictionary for Advanced Learners, new ed.

=================================

 ★「ラッセル英単語熟語1500」(ラッセルの英語シリーズn.18)をアマゾンの電子書籍(Kindle 版)として出版しました。★

https://www.amazon.co.jp/gp/search/ref=as_li_qf_sp_sr_tl?ie=UTF8&tag=russellj-22&keywords=ラッセル英単語熟語1500&index=aps&camp=247&creative=1211&linkCode=ur2&linkId=418d05047c3f7d339ecb8c9fb23fe69f

 アマゾンが自動的に計算して出している紙にした場合のページ数は1752ページになっています。電子書籍だからこそ、ページ数を気にせずに出せるものです。(収録語数は少なくても安価なほうが良い方のために、『同1000』と『同1200』も削除しないで残してあります。ご活用をお願いします。
  https://amzn.to/2zlyS9R

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■編集・発行:(松下彰良/まつした・あきよし)
 ■ご意見・ご感想・お問合せはお気軽に : matusitaster@gmail.com
 ■登録・解除・変更はこちら: https://russell-j.com/R3HOME.HTM
 ■WEBサイト: https://russell-j.com/
     ( top page: http://russell-j.com/index.htm )
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

バートランド・ラッセル(1872-1970)の英語

発行周期: ほぼ 日刊 最新号:  2018/12/10 部数:  106部

ついでに読みたい

バートランド・ラッセル(1872-1970)の英語

発行周期:  ほぼ 日刊 最新号:  2018/12/10 部数:  106部

他のメルマガを読む