バートランド・ラッセル(1872-1970)の英語

R英単語・熟語  prick【(vt) ちくりと刺す;穴をあける;苦しめる 】

カテゴリー: 2018年08月16日
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
   「(ほぼ日刊)バートランド・ラッセル(1872.5.18-1970.2.2)の英語」
      n.1403/3650(2018年8月16日  木曜日) [2013/12/21 創刊]
 バートランド・ラッセルのポータルサイト: https://russell-j.com/index.htm
     同上 スマホ用メニュー        : https://russell-j.com/index.html  
 ポータルサイト公式メマガ: http://archive.mag2.com/0000220241/index.html
  R英単語・熟語_総索引: https://russell-j.com/beginner/reitan-idx.htm
 (ほぼ日刊)ラッセルの言葉366: http://archive.mag2.com/0001626338/index.htm
「ラッセルの言葉366(Word Press 版)」: https://russell-j.com/wp/
「ラッセルの言葉(facebook 版)」: http://www.facebook.com/russellian.j
「ラッセルの言葉366_画像版」:
             https://russell-j.com/smart_r366/br366g-j_home.html
「ラッセルの言葉366(短文篇)」:http://archives.mag2.com/0001626338/20170322060000001.html
 ラッセル関係電子書籍一覧: https://russell-j.com/cool/rbook-kindle.htm
 Rポータルサイト支援ストア: https://russell-j.com/SUPPORT-BRJSITE.HTM 
  Twitter : https://twitter.com/russellian2
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 本メルマガは,「バートランド・ラッセルに関するメルマガ」の姉妹誌です。 
 通勤時間にあわせ原則として毎朝午前6時に自動配信します。(日曜休刊)

 当面,ラッセルが使用している英単語・熟語等について,ラッセルの著書から複数
 の用例(例文)をご紹介していきます。読者と一緒に育てていきたいと思っていま
 すので,誤訳や不適切な訳等がありましたら,お知らせくだされば幸いです。

 ◆◆◆
◆お願い◆ アマゾンで買い物をしている方も多いと思われます。
 ◆◆◆  ラッセルのポータルサイト(トップページ)の検索ボックス経由ある
      いは,ポータルサイトに掲載した個々のアマゾン商品のリンク経由で
      ご購入いただければ幸いです。(PCを起動した後,どのような作業を行
      った後であれ,とにかく最初にクリックしたアマゾンの商品ページが,
      ラッセルのポータルサイト上にあるアマゾンの個別商品のリンクであれ
      ば,アマゾンのどの商品を購入されても大丈夫です。)
       収益はラッセルのホームページのメンテナンス費用や早稲田大学の
      ラッセル関係資料コーナ寄贈資料の購入に充当させていただきます。]
                                    
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 R英単語・熟語  prick【(vt) ちくりと刺す;穴をあける;苦しめる 】  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★ prick【(vt) ちくりと刺す,つく;(ついて)穴をあける;(苦痛などで)苦し
           める | (vi) ちくちく痛む ||(n)(針で)さすこと;うずき;針) 】 

* prick up one's ears :(馬や犬などが)耳をそばだてる;(人が)聞き耳を立てる
   https://russell-j.com/beginner/reitan-p105.htm

<用例1>
What, then, is really happening when a man's conscience pricks him?
[それでは、良心が咎める(とがめる)と言うとき、実際には何が起こっているのだ
ろうか。]
 出典:ラッセル『幸福論』第7章「罪悪感(罪の意識)」
     https://russell-j.com/beginner/HA17-010.HTM

<用例2>
I pricked up my ears and said, 'Is there a lion coming?
[私は耳をそばだててこう言った。「'ライオン'が来るの?」。]
 出典:ラッセル『自伝』第1巻 第1章「幼少時代」
     https://russell-j.com/beginner/AB11-080B.HTM

<用例3>
So far from feeling self-satisfied because of giving, we feel our social 
conscience pricked because we profit by a system which reduces others to 
such want and humiliation.
[喜捨をすることによって自己満足を感ずるどころか、自分たちは他人をこのような
窮乏と屈辱的な状態にしてしまう体制で利益を得ていると感じて、社会的良心が痛む
のを感じる。]
 出典:ラッセル『アメリカン・エッセイ集』の中の「慈善について 」
     https://russell-j.com/CHARITY.HTM

<参考例1>
He pricked up his ears when they began to talk about him.
 出典:Longman Dictionary of Contemporary English, new ed.

<参考例2>
A prick is a small, sharp pain that you get when something pricks you.
 出典:Collins COBUILD English Dictionary for Advanced Learners, new ed.

=================================

 ★「ラッセル英単語熟語1500」(ラッセルの英語シリーズn.18)をアマゾンの電子書籍(Kindle 版)として出版しました。★

https://www.amazon.co.jp/gp/search/ref=as_li_qf_sp_sr_tl?ie=UTF8&tag=russellj-22&keywords=ラッセル英単語熟語1500&index=aps&camp=247&creative=1211&linkCode=ur2&linkId=418d05047c3f7d339ecb8c9fb23fe69f

 アマゾンが自動的に計算して出している紙にした場合のページ数は1752ページになっています。電子書籍だからこそ、ページ数を気にせずに出せるものです。(収録語数は少なくても安価なほうが良い方のために、『同1000』と『同1200』も削除しないで残してあります。ご活用をお願いします。
  https://amzn.to/2zlyS9R

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■編集・発行:(松下彰良/まつした・あきよし)
 ■ご意見・ご感想・お問合せはお気軽に : matusitaster@gmail.com
 ■登録・解除・変更はこちら: http://russell-j.com/R3HOME.HTM
 ■WEBサイト: http://russell-j.com/
     ( top page: http://russell-j.com/index.htm )
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

バートランド・ラッセル(1872-1970)の英語

発行周期: ほぼ 日刊 最新号:  2019/02/21 部数:  104部

ついでに読みたい

バートランド・ラッセル(1872-1970)の英語

発行周期:  ほぼ 日刊 最新号:  2019/02/21 部数:  104部

他のメルマガを読む