バートランド・ラッセル(1872-1970)の英語

R英熟語 under fire【under atack/砲火を浴びて;攻撃を受けて,非難されて

カテゴリー: 2014年11月13日
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
   「(ほぼ日刊)バートランド・ラッセル(1872.5.18-1970.2.2)の英語」
      n.0284/3650(2014年11月13日 木曜日) [2013/12/21 創刊]
                  !
 バートランド・ラッセルのポータルサイト: http://russell-j.com/
 ポータルサイト公式メマガ: http://archive.mag2.com/0000220241/index.html
 (ほぼ日刊)ラッセルの言葉366: http://archive.mag2.com/0001626338/index.html
 ラッセル格言集: http://russell-j.com/R6HOME.HTM
 ラッセル関係電子書籍一覧: http://russell-j.com/cool/rbook-kindle.htm
 Rポータルサイト支援ストア: http://russell-j.com/SUPPORT-BRJSITE.HTM 
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 本メルマガは,「バートランド・ラッセルに関するメルマガ」の姉妹誌です。
 通勤時間にあわせ原則として毎朝午前6時に自動配信します。(日曜休刊)

 当面,ラッセルが使用している英単語・熟語等について,ラッセルの著書から複数
 の用例(例文)をご紹介していきます。読者と一緒に育てていきたいと思っていま
 すので,誤訳や不適切な訳等がありましたら,お知らせくだされば幸いです。

 ◆◆◆
◆お願い◆ アマゾンで買い物をしている方も多いと思われます。
 ◆◆◆  ラッセルのポータルサイト(トップページ)の検索ボックス経由ある
      いは,ポータルサイトに掲載した個々のアマゾン商品のリンク経由で
      ご購入いただければ幸いです。(PCを起動した後,最初にクリックし
      たのがラッセルのポータルサイト上のアマゾンの個別商品のリンクで
      あれば,アマゾンのどの商品を購入されても大丈夫です。)
      収益はラッセルのホームページのメンテナンス費用や早稲田大学のラ
      ッセル関係資料コーナ寄贈資料の購入に充当させていただきます。]
                                    
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
R英熟語 under fire【under atack/砲火を浴びて;攻撃を受けて,非難されて】  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★ under fire 【under atack/砲火を浴びて;攻撃を受けて,非難されて】
   http://russell-j.com/beginner/reitan-u009.htm

<用例>  
I have remarked upon these charges at such length not only because I dislike
being thought to be silly, but because it exasperates me to have my 
arguments and statements flouted, unread or unlistened to, on such grounds.
I also dislike my colleagues coming under fire for doing, most generously,
 what I have asked them to do.
* exasperate (v): (人を)怒らせる,憤慨させる
* flout (v):(法律・規則などを)馬鹿にする;無視する
[私は長々と私に対する批判に言及してきたが,それは,私が愚かな人間であると考え
られるのが嫌であるばかりでなく,そういった理由で,私の議論や声明が嘲られたり,
読まれなかったり,耳をかされなかったりすることに,腹が立つからである。それに
また私は,同志たちが,私が依頼したことをやったために批判を受けることが嫌だから
である。
(出典:ラッセル『自伝』第3巻第4章「ラッセル平和財団」)]
     http://russell-j.com/beginner/AB34-180.HTM

<参考1>
The Government's decision to cut defence links with South Africa will come
under heavy fire this week.
[南アフリカとの防衛上の連携を打ち切るという政府の決定は,今週,はげしい非難を
受けることになるだろう。
 (出典:『研究社-ロングマン イディオム英和辞典』p.171.]

<参考2>
Under fire he learned the meaning of fear, hate, hunger and pain.
[砲火を浴びながら,恐怖・憎悪・空腹・苦痛の意味がわかった。
 (出典:Shogakukan Random House English-Japanese Dictionary, 1982.]

<参考3>
We were under fire (= being shot at) from all sides.
[出典:Longman Dictionary of Contemporary English, new ed.

<参考4>
The president's plan first come under fire from critics who said he hadn't
included enough spending cuts.
[出典:Collins COBUILD English Dictionary for Advanced Learners, 3rd ed.]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集・発行:(松下彰良/まつした・あきよし)
■ご意見・ご感想・お問合せはお気軽に : matusitaster@gmail.com
■登録・解除・変更はこちら: http://russell-j.com/R3HOME.HTM
■WEBサイト: http://russell-j.com/
     ( top page: http://russell-j.com/index.htm )
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

バートランド・ラッセル(1872-1970)の英語

発行周期: ほぼ 日刊 最新号:  2019/01/22 部数:  106部

ついでに読みたい

バートランド・ラッセル(1872-1970)の英語

発行周期:  ほぼ 日刊 最新号:  2019/01/22 部数:  106部

他のメルマガを読む