バートランド・ラッセル(1872-1970)の英語

サンプル誌

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

         バートランド・ラッセル(1872-1970)の英語
               n.0001/3650 (2013/12/**) 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

  本メルマガは,「バートランド・ラッセルに関するメルマガ」の姉妹誌です。
  当面,ラッセルの著書で使用されている英単語・熟語等について,その英単語等が
  使用されている例文を複数ご紹介していきます。(ほぼ毎日,10年間発行予定)

=======================================
★ derive (v) [to obtain (esp. something non-material) from; to come
 from; have as an origin/(他のもの・本源から)引きだす,得る;(語・慣習など
 の)由来を尋ねる;
(・・・に)起源をもつ,由来(派生)する;(化学)・・・を誘導する]
* derivation (n):引き出すこと;由来,起源;派生物;(語の)派生,語源;派生語
* derivative (adj.): 派生的な;独創性のない || (n) 派生語;派生物;金融派生商品
* 森一郎『試験に出る英単語』p.110の説明: de = from ; rive = river →「川から水
 をひいてくる → 引き出す」 。
* 『東工大英単-科学・技術例文集』p.66説明:「水源や河の本流から細い流れを引き
 出して水路に導きいれる」というのが原義。

A man who is full of kindliness in all personal dealings may derive his
income from incitement to war or from the torture of children in 'backward'
countries. All these familiar phenomena are due to the fact that sympathy
is not stirred, in most people, by a merely abstract stimulus.
[個人的な交際においては常に非常に思いやりのある人も,戦争を扇動したり,「後進」国
の子供たちを虐待することによって,収入を得ているかもしれない。このようなお馴染み
の現象はすべて,大部分の人は単なる抽象的な刺激では共感(同情)をかきたてられない,
という事実によっている。
 (出典:ラッセル『教育論』第2章「教育の目的」)]
  http://russell-j.com/beginner/OE02-170.HTM

You may, if you are an old-fashioned schoolmaster, wish to consider yourself
full of universal benevolence, and at the same time derive great pleasure from
caning boys. In order to reconcile these two desires you have to persuade 
yourself that caning has a reformatory influence.
[かりに古風な教師であるとして,あなたが誰に対しても博愛心でいっぱいであるものと
自認しながらも,同時に,子供たちをむち打つことに大きな喜びを得ていることもあるで
あろう。この2つの欲望を両立させようとすれば,どうしても,むち打つことには矯正効
果がある,と自ら思いこまなくてはならない。
 (出典:ラッセル『ヒューマン・ソサエティ-倫理学から政治学へ』の「 まえがき」]
  http://russell-j.com/cool/47T-PREF.HTM

Anthropologists surmise that we are all derived from a common ancestor.
[人類学者は,人類が共通の祖先から出ていると推論している。
   出典:『東工大英単-科学・技術例文集』p.66より]

He derives a lot of pleasure from meeting new people. / His
powerderives mainly from his popularity wiht the army.
[出典:『Longman Dictionary of Contemporary English』より]
==============================================================================

[コメント] 書いたり書かなかったり。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集・発行:(松下彰良/まつした・あきよし)
■ご意見・ご感想・お問合せはお気軽に : matusitaster@gmail.com
■登録・解除・変更はこちら: 申請が受理されたら追加します。
■WEBサイト: http://russell-j.com/
     ( top page: http://russell-j.com/index.htm )
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

バートランド・ラッセル(1872-1970)の英語

発行周期: ほぼ 日刊 最新号:  2018/12/13 部数:  107部

ついでに読みたい

バートランド・ラッセル(1872-1970)の英語

発行周期:  ほぼ 日刊 最新号:  2018/12/13 部数:  107部

他のメルマガを読む