知的財産と調査

INFOPRO2016のプログラム


カテゴリー: 2016年10月03日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
平成28年10月3日

            知的財産と調査
                            第34号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 本メールマガジンでは、

 弁理士である著者が、知財に関するニュース、セミナーの情報、書籍の
 紹介の他、特許調査等で役立つ実務上のテクニックをお伝えします。

----------------------------------------------------------------------
■弁理士の角田 朗です。本号もよろしくお願いします。

第34号のメニューは以下になります。

■INFOPRO2016のプログラム
■知財の新刊紹介
■知財に関するQ&A
■編集後記
___________________________________

■INFOPRO2016のプログラム
___________________________________

INFOPRO2016(情報プロフェッショナルシンポジウム)のプログラムが公開され
ました。
http://www.infosta.or.jp/symposium/infopro2016program_201609.pdf
12/1(木)、2(金)、都内開催です。

例年通り、アジア関係の特許調査、3i研究会の成果発表の他、特許分析に
関する発表が増えています。

以前に比べて情報分析ツールが進歩し、短時間で特許情報の分析ができるように
なってきました。弊所でも分析ツールの導入を進めています。

現実には、検索で分析の対象となる特許のみを取り出すことは不可能で、検索
リストには、大量のノイズが含まれています。これをそのまま分析した場合に、
意味のある結果は得られるのでしょうか?

実際には人間が公報1件、1件を目視し、必要なもの不要なものを振り分けた
後でないと、正確な特許分析はできません。


そして、分析ツールを使えば、基本特許がすぐ見つかる、他社動向が手に取る
ようにわかるなどと言われる方もいます。

しかし、早期に権利化された特許や出願中の発明については、他人の引用情報
や閲覧請求情報等が十分になく、ツールで得られた結果のみから、基本特許で
あるのか判断することはできません。

結局、然るべき人が特許公報を読んで、請求項の広さ等を評価しないと、
基本特許の評価はできません。

そして上述の通り、ノイズを含んだ特許情報から正確な他社動向を知るのは
困難です。
開発後に営業秘密で秘匿するなど、公開しない技術や、出願後に実用化しない
技術も多数あります。特許情報のみでは十分な動向分析はできません。

時代が変わってツールが進歩しても、重要なのは技術や法律など基礎を身に
つけることと、判断能力を磨くことだと思っています。
___________________________________

■知財の新刊紹介
___________________________________

1.「ジュリスト 2016年11月号(No.1499)」
http://www.yuhikaku.co.jp/jurist/next
10/25発売の近刊です。特集 知財システムの次なる方向性として、著作権の
権利制限規定、拡大集中許諾制度、特許等の証拠収集手続、損害賠償、均等論
などが採り上げられます。

2.「特許出願の中間手続基本書 第4版」
https://www.amazon.co.jp/dp/4827112754
平成27年の特許法等の法律改正を踏まえ、新たな裁判例を加えた最新版です。
特許出願の中間手続に関する事項を網羅しています。 

3.「著作権法 第2版」
http://www.yuhikaku.co.jp/books/detail/9784641144897
著作権法のスタンダードな考え方をコンパクトにまとめたテキストの改訂版です。
日常遭遇しうる身近なケースで具体的なイメージをもちながら読むことができる
とのことです。

4.「著作権法入門 第2版」
http://www.yuhikaku.co.jp/books/detail/9784641144804
具体的事案を多用し、わかりやすく解説。一定のレベルは保ちつつ、入門者にも
ビジネスマンにも役立つ1冊で、初版後の法改正や判例を織り込んだとのこと
です。

5.「グローバルビジネスロー基礎研修2 国際知的財産ビジネスと法」
https://www.amazon.co.jp/dp/490806976X
今月発売の近刊です。グローバルな知的財産取引に必要な戦略・法律問題と
予防策について詳解。

6.「ヒット発明はこうして生まれた シリーズ1 Kindle版」
https://www.amazon.co.jp/dp/B01LXXFH9I
Kindleの電子書籍です。古今東西の発明の中から、重要なものや身近なものを
エピソードを交えて簡明に紹介。
___________________________________

■知財に関するQ&A
___________________________________

Q.知的財産侵害品として、権利者が日本の税関で輸出入の差止申立ができる
のは、どのような物品でしょうか。

A.特許、実用新案、意匠、商標、著作権、著作隣接権、育成者権、不正競争
差止請求権者が、自己の権利を侵害すると認める貨物に対し、差止の申立が可能
です。
http://www.customs.go.jp/mizugiwa/chiteki/pages/b_001.htm

不正競争防止法については、第2条1項1号から3号に規定する商品等表示等、
第11号又は第12号までに規定する技術的制限手段、第10号の営業秘密侵害品が
対象となります。

なお、特許や営業秘密侵害品については、税関で侵害品であることを判断する
ことが難しいです。実効性の面では、税関差止よりも裁判所での仮処分及び
訴訟が有効である場合が多いと考えられます。
___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

10月になり、すっかり肌寒くなって来ました。

INFOPROのほか、これから特許情報フェア、知財の国際会議等、会議や展示会
シーズンとなります。

皆様も体調を崩されないよう、ご自愛下さい。

ご感想・ご意見等、ありましたら、いつでもご連絡下さい。

                              (角田)
___________________________________

メールマガジン「知的財産と調査」

☆発行責任者:角田特許事務所
☆公式サイト:http://www.tsunoda-patent.com/
☆問い合わせ:info@tsunoda-patent.com/
☆登録・解除:http://www.mag2.com/m/0001621127.html

知的財産と調査

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 月刊
最新号 2018/07/05
部数 231部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

知的財産と調査

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 月刊
最新号 2018/07/05
部数 231部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング