音楽プロデューサー山口哲一のエンターテック・ニュース・キュレーション

週刊:エンターテック・ニュース・キュレーション vol.205


カテゴリー: 2018年11月19日
◆ ―――――――◆―――――――◆―――――――◆―――――――◆―――――――◆
☆∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴.∴..∴..∴..∴.∴..∴..∴.∴..∴..∴..∴.∴..∴..∴..∴.☆
山口哲一(音楽プロデューサー、コンテンツビジネス・エバンジェリスト)
週刊:エンターテック・ニュース・キュレーション vol.205
☆∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴...∴.∴..∴..∴..∴.∴..∴..∴.∴..∴..∴..∴.∴..∴..∴..∴.☆
◆―――――――◆―――――――◆―――――――◆―――――――◆―――――――◆
◆information
【プロ作曲家育成「山口ゼミ」2019年1月期生募集開始!】 
<結果が出ている4つの理由>
1.一流作曲家と本音ベースで交流 
2.業界標準プロレベルで徹底的に実践 
3.作曲家仲間ができる 
4.コーライティング が学べる 
プロ音楽家を目指す友人知人にご紹介下さい
https://tcpl.jp/openschool/yamaguchi.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【はじめに】
 SNSなどと違って、メルマガは双方向性が低く、どこに届いているか手応えを感じにくいのですが、たまに、お会いした方に「毎週メルマガ読んでます」と言われることはあります。たまたま会った初対面の可愛くて才気を感じる女の子から「メルマガ見てます」と言われて、めちゃめちゃモチベーションあがりましたwww
 これでしばらくは続けられそうです(^^)
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━──━─━─━─━━─━─━─━──━─━─━
【今週の目次】
◆山口的ニュースピックアップ
◇山口関連情報&報告
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━──━─━─━─━─━─━─━──━─━─━─
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
_____________________________________山口的ニュースキュレーション (11月19日付)
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
※先週のニュースから山口が気になったニュースをPick Up!!ディスカッションのきっかけにしたいと思います。

<今週のpick up>
●広告なし視聴できる「YouTube Premium」、日本でもスタートhttp://www.itmedia.co.jp/news/articles/1811/14/news061.html

 欧米では始まっていたYouTubeの有料サービスが日本でも始まりました。業界向けの説明会には行きましたし、GoogleJapanの音楽担当3名は全員友人なので、楽しみに待っていました。
 大まかに言うと、通常のYouTubeとの違いは、広告なし、バックグラウンド再生可能、オフライン再生可能の3つです。
 「YouTubeは無料」に慣れたユーザーがどう受け止めるかですね。僕の周りのSNS反応は好意的でした。コンテンツとして圧倒的な量がありますし、アーティストに還元されるということがあると有料アプリを使うユーザーは一定数はいるでしょうね。僕もさっそくDLして使ってみましたが、流石にUI/UXはよくできているなと思いました。
 僕が期待したいのはこのタイミングでGoogleがStoreから違法アプリ締め出しを強化することです。アプリランキングを見ると、今や日本は世界で一番、違法音楽アプリが普及している国になってしまっています。レコード協会などの曖昧な姿勢も問題ですが、YouTubeの有料アプリが始まることで、違法コンテンツへのリンクを前提にしたアプリをStoreから撲滅する活動が強まることを期待します。
 
 あととても思うのは、YouTubeのネーミングのわかりにくさです。Googleは「エンジニアファースト」が徹底していて、ともかく優秀なプログラマーの素晴らしいプロダクトを大切にするという方針なので、それが理由かもしれません。今回も980円のYouTubeMusicは音楽関連コンテンツ(MVなどの動画も含む)と、1280円のYouTubeプレミアム(音楽以外のYouTuberなどのコンテンツも含む)を正確に理解しているユーザーがどれだけ居るのでしょうか?

 音楽ビジネスにおけるデジタル化の進展を感じるという意味で、こんなニュースもありました。

●SixTONESのMVまでYouTubeに! ジャニーズ、Webサービスの進化が止まらない
https://realsound.jp/tech/2018/11/post-277942.html

 これまであらゆるデジタル化を拒否していて、表紙になった雑誌がウエブサイトに載る際にも制限を掛けていたジャニーズが積極的にインターネットを活用になったのは進歩です。ですが、そう思わされている僕らの感覚は、完全にガラパゴスです。いまだにSixTONESしかネットに出さないジャニーズ事務所の方針は時代錯誤も甚だしいです。新しいユーザーの獲得や、海外での展開では明らかに大きなマイナスになっています。
 ジャニーさん、メリーさんの責任にするだけでなく、現場の幹部社員がきちんとネット活用を始めるべきです。嵐やSMAPなどの楽曲は「究極のJ-POP」であり、海外の日本カルチャーファンに聴いてもらうのはとても大切なことです。

 アメリカでも老舗音楽メディアで、こんな時代錯誤な記事がありました。

●CDアルバムは絶滅してしまうのか? 売上減に響く「アルバム相当単位」の影響
https://rollingstonejapan.com/articles/detail/29401

 CDアルバムとストリーミングをイコールで比較するのは、ビジネス都合で、供給者の論理だという事に気付くべきと思います。
 ユーザーにとっては、両者はかなり違う体験です。音楽を聴く「だけ」ならわざわざCDを買うよりもストリーミングサービスが手軽で便利です。しかし、アーティストが精魂込めて作った、その順序、曲間、ジャネットなど含めて体験するというファンの行動自体が無くなったわけではありません。その証拠にこの記事にはありまさんが、フィジカル全体は落ちる中で、アメリカのレコードの売上は前年比10パーセント以上で増加しています。
 ストリーミングかパッケージかという二律背反で捉えるのではなく、新しいテクノロジーやコミュニケーションの変化の中で楽曲や音楽家の役割を総合的に見直す視点が大切だと思います。ファンとのエンゲージメントを軸に考えると様々な可能性があるはずです。

 音楽ファンは、特に年齢が行けばいくほど、懐かしい体験と音楽消費を重ね合わせて、センチメンタルにデジタル化を捉えがちです。ユーザーが個人的な体験で感傷的になるのは自由ですが、音楽ビジネスに関わる者は、クールに現状を把握して、新しい作品作り、マーケティング、そして音楽ビジネス生態系の再構築に真剣に取り組みべきだと僕は思っています。

※ここから先は、FBグループの「ニューミドルマンコミュニティ」で議論しましょう!お申込みはこちらから
http://tcpl.jp/archives/3229


<And more>
●YouTubeのCEOがEUの改正著作権指令案を「公正ではない」と強く非難 https://gigazine.net/news/20181113-youtube-ceo-eu-copyright-directive/
→YouTubeコンテンツIDがデファクトになるのには抵抗感ありますね。DB自体をオープン化してくれないと納得できない。

●米レコード会社の敏腕スカウトはこうしてヒットを「予測」する | 100万枚の売り上げを見出した手法とは
https://courrier.jp/news/archives/143028/
→以前からある手法が「スマホアプリ」を使うことによって手軽に、精度高くできるようになったということですね / 

●K-POPの世界的ヒットの裏には、北欧プロデューサーの存在がある https://fika.cinra.net/article/201811-kpop 
→どちらも輸出を前提にしているという共通点があります。

●入場料のある本屋「文喫」 2018年12月11日 六本木にオープン https://www.nippan.co.jp/news/bunkitsu_20181115/
→行ってみたい。

●Z世代の若者はAI時代を楽観--ITリテラシーに自信、ソフトスキルには不安も https://japan.cnet.com/article/35128772/
→日本でアンケートを取ったらどうなるのだろう? 

●DeNA、2Q決算は減収減益。ゲーム苦戦もスポーツ事業は「右肩上がりの成長が続く」 https://japan.cnet.com/article/35128358/ 
→横浜ベイスターズの事業化は見事ですね。

●目の動きでiOSアプリを操作。「ARKit」と「Face ID」の技術を使う新機能、Netflixが公開
 https://japan.cnet.com/article/35128428/
→面白い。映像PF事業者がここまでやる時代なんですね。

●日本公開映画のうち「全米が泣いている」のは何%なのか? ~映画キャッチコピーの栄枯盛衰調べてみた~
https://note.mu/maishilo/n/n10a551ada82e
→我らが城ちゃんの絶好調コラム。相変わらず、テーマがバカバカしくて、分析手法がプロ。

●あらゆる条件下での自動運転は今後も実現しない。WaymoのCEO https://japan.cnet.com/article/35128626/ 
→社会からの期待値を下げる作戦なんですかね?取締役会で問題にならないのかしら?

●自動運転車の車内でやりたい5つのこと 
https://japan.cnet.com/article/35128640/ 
→エンタメコンテンツにふれる機会が増えると。 

●歌詞が浮かび上がるスピーカ「Lyric Speaker」に部屋を彩る新モデル https://japan.cnet.com/article/35128736/ 
→しっかり進化させてますね。エンタメIoT商品として勉強になります。

●ファミマ、ドローンで日用品を配送 岡山で実証実験http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1811/16/news127.html
→地方都市でも実験に意味ありますね。Amazonが来る前に日本の仕組みはコンビニがやるというのは良いと思います。

●SPORTS TECH TOKYOにかける思いとSports Tech最新事例https://jp.techcrunch.com/2018/11/16/sports-tech-tokyo-2/
→SportsTechもBeautyTechもエンターテックの範疇と思っています。

●あと数年でドローンによる”空飛ぶクルマ”は実現
→注目しています。大都市の渋滞解消の決め手は空になるのでは?

●中国が国産アニメを求めるいま、制作スタジオ「彩色鉛筆動漫」が日本に進出した理由
https://wired.jp/2018/11/11/colored-pencil-animation-japan/
→良い形で日中提携進むとよいのですが。

●「高専生は技術立国の宝」https://www.nikkei.com/article/DGXMZO37752760U8A111C1000000/
→情報化時代に合っていたと。

●ガーナで『よさこい踊り』が独自の変化を遂げ、超クールなダンスへと進化していた「完全にアフリカンナイズされている」
 https://togetter.com/li/1287106
→面白い。

●ソケッツ、12月に音楽×AIカンファレンスを開催~ 新プロダクトサービスの発表も予定 ~
 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000021.000023398.html
→注目ですね、行きたいです。

●BTSの謝罪、SWC、被団協ともに受け入れhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181114-00010002-bfj-ent
→感情的に対応するのではなく、日韓で理解とコミュニケーションの機会になればよいですね。 

●PerfumeファンのDJ住職が語る「寺離れ」と「テクノ法要」http://bunshun.jp/articles/-/9589 
→面白いですよね。TECHSの仲間が関わっています。

●「音楽業界が衰退」は過去の話。音楽市場は完全に復活しつつある! https://kntr.world-scape.net/?p=1004
→海保くんのブログ。日本のレコード業界はデジタル化で欧米に5〜6年遅れましたが、やっと上向きなりました。海外市場はすでに上昇機運です。

●「高齢者は75歳以上」に定義し直す時が来た 「未来の年表」著者・河合雅司氏に聞く https://toyokeizai.net/articles/-/247387
→人生100年時代。


● 海外でクレジットカードを使う際に注意すべきこと。「日本円か現地通貨どっちにするか」と聞かれたら
https://note.mu/suzukyuin/n/n48c6602adf99
→為替手数料をカード会社に払うのはナンセンス。


●69歳男性、20歳の若返り求め裁判所に申し立て オランダ http://www.afpbb.com/articles/-/3196822 
→オランダらしいアグレッシブな話ですね。戸籍の年齢を変えるとは新しい!

●国産「エッジコンピューティング」技術は世界に通用するかhttps://newspicks.com/news/3454294?ref=user_144987&u=1nw9kv&from=twitter
→興味あり。PFに関与できることは大切ですね。 

●2分で約1600億円(100億元)の取扱高、アリババ「独身の日」は2017年を上回る超ハイペース https://newspicks.com/news/3452554?ref=user_144987&u=j2w9kv&from=twitter
→すごい金額ですね。

●ソニー「アイボ」は次の飯のタネになれるか? 担当役員が語る「ベンチャー投資」の狙い
https://toyokeizai.net/articles/-/248435
→ソニーには、イノベーティブな商品を生み出して、世界市場で活躍してほしいですね。

※ 気になるニュースはツイートでキュレーションをしていますので、Twitterもチェックして下さい!
https://twitter.com/yamabug
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
________________________________________________山口的活動情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●【関西エリアの方に!】 大阪イベント第2弾です! 11/30(金)19時〜グランフロントタワーです。是非いらしてください! 入場無料!! 関西音楽シーンにおける「ニューミドルマン」
 https://nmm1130.peatix.com/

●【タワークリエイティブ・アカデミー】新講座『スマホdeかんたん作曲法』
iPhone1つで簡単にプロ仕様の音楽を作ってみよう!タワー・クリエイティブ・アカデミーの新講座は。
 https://eggs.mu/music/article/18006 
→僕がオーガナイザーなので、当日も司会やります。

●【プロ作曲家育成「山口ゼミ」2019年1月期生募集開始!】 
<結果が出ている4つの理由>
1.一流作曲家と本音ベースで交流 
2.業界標準プロレベルで徹底的に実践 
3.作曲家仲間ができる 
4.コーライティング が学べる 
プロ音楽家を目指す友人知人にご紹介下さい
https://tcpl.jp/openschool/yamaguchi.html

●ニューミドルマンコミュニティ活動本格化!
 有益な情報共有、意見交換など、日本の音楽、エンタメビジネスを活性化する場としていきたいです。FBグループでのディスカッションと月1回MeetUpそして、様々な分科会活動があります。「ネット上の人気アーティスト発掘プロジェクト」をビクターエンタテインメントと連携して分科会の一つして始めました!
 http://tcpl.jp/archives/3229
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
__________________________________________________________山口的活動報告
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●山口ゼミゲスト講師に灰野一平さん登場
21期ex22期exの合同講義に、CWFメンバーも多数聴講していました。事前にJ☆Dee'Zのコンペを出していただいて、当日コメントをいただきました。1曲キープもでました。その後は高田馬場で深夜まで飲み楽しかったです。
https://www.instagram.com/p/BqR6x7bjn_3/

●CWFスウェーデンキャンプ報告会
CWFメンバー有志6人で行ったストックホルムでの現地作家とのコーライティングキャンプの様子が報告されました。貴重な経験になったようで、オーガナイザーのYokoさんに感謝です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

________________________________________________Post Script
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 11月14日にピアニストの佐山雅弘さんが亡くなられました。僕が20代の頃から15年以上マネージメントをさせていただいました。いろんなことを教わったし、いろんな体験をしました。アルバムも作りました。独自のライブ企画もやりました。胃癌が末期と知って、病院にお見舞いに行きました。その後、抗がん剤が効いてライブをやられていたので、一度観に行こうと思っている内に今回の訃報。痛恨です。もう一度あのピアノを生で聴いて、一緒に飲んで話したかった。
 そんなことで、先週は「佐山雅弘ロス」でした。大切な人を亡くした時の喪失感。普段接してない距離感の人だからこそ感じる感覚ですね。自分の自律神経が狂っているのがわかります。まっすぐ歩けているのが不思議。追悼しながら、慣れていくしか無いですね。

 https://youtu.be/vyq2KmS2Wj4
 今年の8月に行われたライブの映像がありました。行けばよかったと悔やみながら観ました。夜中に映像を観ながらyeah!とか唸るように叫んでました。
 佐山さんらしいリリシズムに溢れた名演です。ハードなアップテンポの曲で、自分のイメージに筋力が付いていかない時があるようで、その時に笑っている佐山さんが最高に素敵です。「思った音量が出せないことも含めて、これが音楽だよ」って言ってるようです。
 音色が素敵な最高のピアニストでした。もう会えないことが、本当に本当に寂しいです。
 佐山さん自身は自由に楽しく生きた方で、闘病中に本人もおっしゃっていましたが、悔いはないと思います。それが救いですね、僕らが勝手に寂しいだけです。今頃、天国のエントランスでアップライトピアノを独占して引き続けている子でしょう。天使でも悪魔でも誰の歌にでも合わせられるスキルとマインドを佐山さんは持っています。

 そして、その翌日にnetIRD社長の白石さんも逝ってしまいました。まぐまぐ草創期の立役者で、天才肌のエンジニアでした。1週間くらい前にメッセージのやり取りをして、今度、京都でご飯食べましょうと話したいたところでした。

 Billy Joelで早死するのは善人だけ「Only the good die young」という歌がありますが、本当にそうだなと思います。
https://open.spotify.com/track/2xabqm0YNQCTcPteQjJ22K?si=lecHv0qPTrWkZiwv8h-Q-Q
 先週はこの歌を聞きながら、泣いてました。俺は悪人になっても良いので100歳まで生きます。
______________________________________________________________________
<著書>
●アマゾン著者ページはこちら。
http://www.amazon.co.jp/%E5%B1%B1%E5%8F%A3-%E5%93%B2%E4%B8%80/e/B0050GYFFK/
『ミュージシャンが知っておくべきマネージメントの実務』(リットーミュージック/監修)
『新時代ミュージックビジネス最終講義』(リットーミュージック)
『10人に小さな発見を与えれば1000万人が動き出す』(ローソンHMV)
『最先端の作曲法・コーライティングの教科書』(リットーミュージック/共著)
『とびきり愛される女性になる。恋愛ソングから学ぶ魔法のフレーズ』(ローソンHMV/共著(ラブソングラボ名義))
『プロがDAWで曲を』(リットーミュージック/監修)
『世界を変える80年代生まれの起業家』(スペースシャワーブックス)
『プロ直伝!職業作曲家への道』(リットーミュージック)
『ソーシャル時代に音楽を"売る"7つの戦略』(リットーミュージック/共著)
『ソーシャルネットワーク革命がみるみるわかる本』(ダイヤモンド社/共著)
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━──━─━─━─━─━─━─━─━─
___________________________週刊:エンターテック・ニュース・キュレーション
___________________________WEEKLY:ENTER-TECH NEWS CURATION 

【まぐまぐ ID:0001620824】

発行     山口 哲一
編集     Bug corporation [ http://yamabug.blogspot.jp/ ]
Copyright(C) Bug corporation All rights reserved.
毎週月曜日発行

ご意見ご感想は[ mailto:yamabug7@gmail.com]まで

◎バックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://archive.mag2.com/0001620824/index.html

このメールマガジンは、『まぐまぐ』を利用して発行しています。
http://www.mag2.com/
 


このメルマガを購読する

ついでに読みたい

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング