「BtoBマーケティング」~BtoB企業にマーケティングが絶対必要なわけ~

3日目「BtoBマーケティング」~BtoB企業にマーケティングが絶対必要なわけ~


☆★☆――――――――――――――――――――――――

「BtoBマーケティング」
~BtoB企業にマーケティングが絶対必要なわけ~

――――――――――――――――――――――――3日目

【3日目】
BtoB企業の課題とマーケティングの方向性(その2)

4.新商品新市場関連の課題

新商品について「競合優位性のある新商品が開発
できていない」はかなり高い比率を示しています。
特に減収減益企業では約5割が、そのように回答して
います。

減収減益企業で次に高い課題は、「付加価値の高い商品
・サービスの企画ができていない」です。
新商品が開発できないのは「企画」ができていない
ことが主因で、さらには「ニーズの先取り対応が
できていない」ことが本質的な課題であると類推
することができます。

事業環境の要素として、3Cというフレームワーク
があります。Competitor(競合)よりも自社商品の
価値を感じていただき、より多くの商品を購入
いただくにはCustomer(顧客)のニーズを捉えた
商品であることが必須条件となります。

減収減益企業にとって「新商品開発」は大きな課題
と捉えられます。現在取引している顧客企業の
潜在ニーズは何か?どのような課題を認識している
のか?探索していくことが、まず大事だと考えます。

5.競争力の源泉
BtoB企業の競争力の源泉は、「健全な財務体質」と
並んで「企画提案力」と挙げた企業が最も多く回答
しています。

増収増益企業と減収減益企業との差異が大きかった
ものとして「基礎技術の研究開発力」「製品設計力」
「マーケティング力」の3つが挙げられます。

マーケティングに基づいたニーズを満たす製品を
設計していくという現在のビジネスと、次世代の
新技術開発をしていくという長期視点、両面を
持ち合わせることが求められているということです。

ところが減収減益企業は、マーケティング力は弱く、
企画提案力は高いと回答しています。
マーケティングではなく顧客企業からの要望に
応えると言う意味での企画提案と捉えると、
収益構造を健全化するためには、特定企業からの
要望によって造られた商品をいかに量産し、水平展開
できるか、標準化できるかという課題が浮かび上がって
きます。
そのためのマーケティングが不足していると考えることができます。

6.マーケティングに対する取組
BtoB企業のマーケティングに対する取組を見ると、
「マーケティング諸施策の効果を測定することができる」
「マーケティング知識・スキル習得のための教育体制が
整っている」「人的営業活動とマーケティング・
ブランド戦略が連携している」といった要素が著しく
低く、実質的にマーケティングが組織に定着している
企業は少ないと類推することができます。

ただ戦略レベルでは、セグメンテーション、
ターゲティング、ポジショニングは構築されており、
その運用が課題と言えるのではないでしょうか。
即ちポジショニングを実現する(維持する)ために、
どのような商品を開発しプロモーションしていったら
よいかということです。

減収減益企業の課題をみると、まず致命的なのは
「ターゲットとする顧客セグメントを明確に設定
している」が低率であること、

さらに「顧客ニーズを捉えた商品・サービスの企画が
成されている」に至っては1割存在しないという状況
です。

その場の状況に合わせて臨機応変に対応することも
必要ですが戦略性の低さが業績低迷に起因している
のではないかと推察されます。

次回は「BtoB企業の課題とマーケティングの方向性」
その3として、課題のまとめとマーケティング展開
についてお話していきたいと思います。

☆発行責任者:蛭川速
☆問い合わせ:hirukawa@focusmarketing.co.jp
☆登録・解除:http://www.mag2.com/m/0001616223.html

BtoBマーケティング実態調査については、
BtoBコンソーシアムHPまで:http://b2b.biz21.jp/

オフィスクリエイティブズ:http://office-creatives.jimdo.com/
フォーカスマーケティング:http://www.focusmarketing.co.jp/

このメルマガは現在休刊中です

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング