「BtoBマーケティング」~BtoB企業にマーケティングが絶対必要なわけ~

サンプル誌


☆★☆――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

        「BtoBマーケティング」
   ~BtoB企業にマーケティングが絶対必要なわけ~

――――――――――――――――――――――――――――――――――――― サンプル号


☆★☆――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【1日目】BtoB企業がマーケティングを必要とする背景
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――☆★☆

BtoBは「Business to Business」の略で、企業や自治体などの組織、団体向けの事業を展開する企業を指しています。
ビジネスを対象顧客で分類すると、大きく一般消費者を対象にしたBtoC「Business to Consumer」とBtoBに分けられます。

BtoCを主たる事業領域としている企業がBtoB事業を行うこともありますし、反対にBtoB企業がBtoC事業を行うこともあります。
前者はキユーピーが該当します。キユーピーはマヨネーズやドレッシングなどの加工食品メーカーで対象は一般消費者となりますが、売上の一定割合を喫茶店やレストランに対する食材を提供しているBtoB事業も担っています。意外と知られていないのではないでしょうか?
後者は化学メーカーの東亜合成が当てはまります。基礎化学品、アクリル製品、機能製品、樹脂加工製品を主な
事業領域としていますが、「瞬間接着剤のアロンアルファ」は、一般消費者向けに展開しているBtoC事業です。商品名「アロンアルファ」は有名ですが、メーカー名を知っている方は少ないのではないでしょうか?

BtoB事業の特徴としては大きく以下の4点が挙げられます。
1.顧客が特定少数・・・基本的には顧客の顔が見えていることが多い。
2.組織購買・・・商品やサービスの購買に際して関与者が多く、組織的に購買活動が行われる。
3.合理的な価値判断・・・購買決定要因はコストパフォーマンスの要素が強い。
4.長期的な取引関係・・・意思決定プロセスが長期で関与者も多いことからスイッチングコストが高い。
少数の顧客企業に対して長期的なビジネスを継続できる利点があり、一度取引が始まれば多くのリターン(収益)が見込めるのが一番のメリットです。

・・・続きは本編で・・・


☆★☆――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【2日目】BtoB企業の課題とマーケティングの方向性(その1)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――☆★☆

BtoB企業の経営課題としてどのようなことが挙げられるのか?アンケート調査してみました。
BtoB企業は現在どのような経営課題を抱えており、課題に対する打ち手としてはどのような策を検討しているのか?明らかにしていきたいと思います。本文記述に際しては、BtoBコンソーシアムが2013年3月に実施した「BtoBマーケティング実態調査」を根拠としております。(レポートご希望の方はhttp://b2b.biz21.jp/まで)

1.BtoB企業の業績推移
今回実施したアンケートの回答企業は売上高100億円以上を対象としましたが、2012年度の業績(見通し)は、増収増益企業が意外にも多く42%、減収減益企業は25%に留まっています。絶対額としての売上高、営業利益を聴取したモノではなく、前期と比較してどの程度増加したか?という質問であったために、増収増益の程度は不明ですが、業績推移として、BtoB企業は全体的に、良好になりつつあると判断しても良いと思います。

2.BtoB企業の経営環境の変化
全体としては、「コストダウンの激しくなった顧客が増加」と回答した企業が62%を占めており、大きな環境変化要因として捉えられています。加えて「購買先選定の合理的判断が強まった顧客が増加」や「国内企業だけでなく海外企業との競合が激しい」「これまで自社1社の指名発注からコンペ形式に変更になった顧客が増加」など、これまでBtoB企業の事業特性として言われてきた「相互依存関係を背景にした長期安定取引」が崩壊しつつある現象がみられます。
更に増収増益企業と減収減益企業の差異をみると、減収減益企業は、「コストダウン要請」「海外企業との競合」や「発注単位が減少している顧客が増加」の比率が顕著に高いことが分かります。
増収増益企業は価格以外の差別化ポイントを有しており、競合優位性を築くことができていると解釈することができます。国内景気の長期低迷によってBtoB企業の顧客(企業・組織)も業績が低調であることが推測されます。そういった厳しい環境の中で価格以外の訴求ポイントを有していることが、業績向上へのポイントであると言えます。コモディティ化をいち早く抜け出すことができるかどうか?ということです。

・・・続きは本編で・・・


メールマガジン「BtoBマーケティング」~BtoB企業にマーケティングが絶対必要なわけ~

☆発行責任者:蛭川速
☆問い合わせ:hirukawa@focusmarketing.co.jp
☆登録・解除:http://www.mag2.com/m/0001616223.html 

このメルマガは現在休刊中です

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング