マスターの「タイ古式マッサージ」

【号外】お陰さまで18周年!【お礼と49なるご案内】笑



★究極のタイマッサージの技「人気店の技」

今までDVDでしか学べなかったものをオンラインで学べるようにしました。
http://dhyan.shop-pro.jp/?pid=133712466


□■--------------------------------------------------------------□■

マスターの「タイ古式マッサージ」号外「お陰さまで18周年!【お礼と49なるご案内】笑」

□■--------------------------------------------------------------□■
マスターのプロフィールはこちら ⇒ http://samadhi-master.com/profile
---------------------------------------------------------------------

お元気さま。

マスターです。


お陰さまで、「サマディー」をオープンして

18周年を迎えることが出来ました。

ありがとうございます。



1999年の7月26日に

イギリスにあるストーンヘンジを見に行くためだけに

会社を辞めました。


その後、インドに行くことになり

カルチャーショックで脳みそがぐちゃぐちゃになりながら

半年間ほどインドで生きていました。(笑)


そんな時、

たまたま学ぶことになった「オイルマッサージ」。

それが仕事になると思う発想もなく

瞑想とオイルマッサージの日々を過ごしました。



その後、帰国して、

インド式オイルマッサージのお店

「サマディー」をオープンすることになりました。


それが、2000年7月26日。


19年前の今日、ストーンヘンジを見るために、日本を飛び出し、

18年前の今日、「サマディー」をオープンしたのです。



その時までの話は、本になっていますので

興味ある方は、アマゾンでチェックして下さい。

■自由への旅
http://amzn.to/1101nxx



まだまだ日本には、リラクゼーション、アロマ、ボディケア

という名前は市民権を得ていなくて

得も分からぬ、このぼくのオイルマッサージを受けてくれる人など

ごくわずかであり、先の見えぬ毎日を生きていました。



+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

そんな時、出会ったのが「タイ古式マッサージ」でした

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

この話、またそれからの話は、長くなるので割愛しますが、

色々なことがありました。(笑)


ちょっと前に、スタッフからこんなことを聞かれました。

「ここまで(18年)やってこれた秘訣は何ですか?」



食事会の席で、いつもは冗談ばかり言っているのに

この時はなぜか、真剣な顔つきでした。


いつもと違う調子に、ぼくは顔を見て、

思わず聞き返しました。

「それ、マジトーク?」(笑)

「はい!」


いつかは独立しようとしている彼女、

宮崎でもそれ系のお店がオープンしては無くなっていく様子をみて

サマディーは、なぜそここまでこれたのか?

その秘訣を聞きたかったようです。



せっかくなので、ぼくも真剣に考えました。

なぜかな?

そして彼女に伝えました。

「運だね。運がよかったとしか思えない」


彼女は、こけてました。(笑)



+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

タイマッサージに出会ったのも、単に「運がよかった」だけです

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+


タイマッサージを学ぶために、初めてタイに飛びました。

そして、タイに着いたから、初めて気づきました。

それは、

「ぼくは、タイマッサージ受けてこともなければ、

見たこともない」と。(笑)



そうなんです。

これ事実です。(笑)

何を根拠にタイマッサージに惹かれたのか?

タイまで飛んだのか?

その時の生活は、ギリギリだったのに、

飛行機代を捻出できたのも奇跡くらいの状況でした。(笑)


今だから笑える話です。(笑)



+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

タイでは、運のいいことばかりが待っていた

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

それからタイという国、タイマッサージにはまりまくりました。

そして、今のぼくがあります。

話が、飛びすぎですね。(笑)



初めは、バンコクのワットポーで学んだのですが

街中のマッサージ店では、全然違う技を使っていることに気づきました。

そして、上手い人を見つけては、徹底的に通い詰めました。

それが、後にぼくがまとめた「人気店の技」というDVDです。

https://youtu.be/5fpXkurOCr0



たくさんのお姉さまたちから、

タイマッサージの究極の技を色々教えてもらいました。

それは、「ワットポー式」でも「チェンマイ式」

でもありませんでした。



知らない人も多いのですが、

タイのマッサージ店では、そのどちらの技も

ほとんど使われていません。



日本のお店のほとんどが、

そのどちらか、もしくはミックス技を使っていますが、

タイでは、チェンマイ式ほどゆっくり行う

タイマッサージ屋さんもありません。



+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

ぼくの思う究極のタイマッサージ「人気店の技」

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

この人気店の技の凄いところは、

やる側がほとんど動くことなく

色々な技を繰り広げていくことです。


何もかもが理に適ってて、今でも感動を覚えます。



この人気店の技は、今までDVDでしか発売してなかったのですが

先日オンラインでも学べるように作りました。


映像に字幕で解説が付いています。

https://youtu.be/lQZ3T2kMomY




それで、今日は創業18周年なので、

今日の日を記念して、

特別価格で販売することにしました。


通常9,800円ですが、1週間限定で

49(よくなるように)笑

まさかの半額の4,900円です!(~8/2)

お申込みは、こちらからだけです↓

http://dhyan.shop-pro.jp/?pid=133712466





お申込み頂くと

オンライン講座のページとそのパスワードを

メールでお送りします。






───────────────────────────────
 
編集後記

──────────────────────────────

今月の大半、今まで行きたかった場所を一人旅してきました。


名古屋で講習会が終わった後

7月1日の伊勢神宮で、朔日餅を食べたのを皮切りに

熊野古道を歩き、

その後、東北仙台で講習会を行い、

岩手、秋田、青森をレンタカーで回り、

本州最北端からフェリーで函館に渡りました。


函館から札幌へは電車。札幌で講習会。

その後、富良野、美瑛町、十勝、上士幌町と

またレンタカーで広大な北海道を回りました。



ほとんどがノープランで、風まかせの旅です。

宿も観光地も決めずに、自由気ままに旅しました。


伝統の旅館に恐怖の素泊まり、24時間の温泉に泊まったり、車中泊したり。

何もかもその時、その時で決めたエキサイティングな旅でした。


ずっとやりたかった旅でした。

たくさんの夢がいっぺんに叶ったような旅でした。


また同時に

自分とトコトン向き合う旅でもありました。


全国にいるご縁のある仲間たちにも

たくさん会えました。



書きたいこともいっぱいありますが

旅の様子をインスタにあげていますので

見てもらえると分かりやすいと思います。

https://www.instagram.com/thaimaster0614/




新しい何かが始まる前の

みそぎの一人旅だった気がします。



多くの感動と全身で広い広い日本を感じることが出来ました。

とてもとても大きなものをいっぱい頂いた気がします。



これからも少しでも世の中の返していけるように

がんばっていきます。



これからもよろしくお願いします。




マスター(*^_^*)




□■--------------------------------------------------------------□■

☆マスターの「タイ古式マッサージ」(公式ブログ)
http://samadhi-master.com/

☆厳選!タイ古式マッサージDVD
http://samadhi-master.com/?page_id=1781

☆YouTube「タイ古式マスターチャンネル」
https://www.youtube.com/user/36voice

☆サマディー
http://samadhi.jp/

☆著書「自由への旅」
http://amzn.to/1101nxx

☆【facebook】マスターの「タイ古式マッサージ」
https://www.facebook.com/master.thaimassage

□■--------------------------------------------------------------□■







マスターの「タイ古式マッサージ」

発行周期: 週刊 最新号:  2018/12/10 部数:  281部

ついでに読みたい

マスターの「タイ古式マッサージ」

発行周期:  週刊 最新号:  2018/12/10 部数:  281部

他のメルマガを読む