児童精神科医きょうもぼちぼち

児童精神科医きょうもぼちぼち Vol.60

カテゴリー: 2016年04月28日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆児童精神科医きょうもぼちぼち 2016.4.28 Vol.60◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
きょうです。
今週は、東京の某出版社で二日間、缶詰めで執筆作業をしていました。
二年前に倒れる直前まで動いてた企画です。
倒れてから放置されていたので、再起動できて心が少しスッキリしてきました。

他に、いろんな著者さんと共同で出版する本が二冊動いており、
また学会関係の様々な手続きなどもあり、
年度始めのバタバタもあり、で
結構「詰んでいる」状態でした……。

今回缶詰めになった本は、単著。
僕ひとりが著者です。
おとなの発達障害の人や周囲の人向けの、生活術・思考術などをまとめたもの。
書く前は「これが最後の単著の執筆になるかもしれないな……」と思っていたのですが、いざ書いてみるとやはり楽しいですね。
一日で18,000字も進んでしまいました。

で、楽しく書きすすめていたのですが、二日目。
編集さんから、「まるで先生のブログを読んでいるみたいで、もうちょっとまとまりと分かりやすさが欲しいです。」とのことで、
まず主訴、いわゆる「よく見られる悩み」をずばっと書いた上で、診察場面でのやりとりを再現し、解説でじっくりと本当に僕が伝えたい生活術や思考術、「生きる力」を蓄えるためにすべきこと、をまとめました。

いわゆる「リライト」ってやつで、さすがに二日目はペースが落ちて5,000字ほどしか書けませんでしたが、充実しました。
リライトする前は「このままでええんちゃうん~」って面倒くささ半分、ちっぽけなプライド半分、ってところだったんですが、やっぱり、プロの編集さんに指摘していただいたところは的確で、自分でもリライトしたほうが分かりやすい!って思った次第です。

モノを書くというのは、自己満足ではいけません。
そんなことをまたまた思い知らされましたし、奥の深さを味わいました。
やっぱり、執筆業からまだまだ離れられないかもしれません。
発売が決まったら、共著の二冊共々、このメルマガやブログでしっかり告知しますね!

そうそう、7月には去年参加した「沖縄フォーラム」にまたまた講師として参加します。
前後には親睦のゴルフなんかしちゃったりして?
まあ、忙しくも楽しく、そして何より健康と命を大切に、これからもぼちぼち生きていく所存です。

今回はこの辺で、ではまたみなさま次回のメルマガでお会いしましょう。
次回メルマガはGW明け、5/12木曜に配信予定です!

==========================================================
いつもこころにぼちぼちを。
□発行者:きょう まさのり
□感想・質問:tokyo556r@gmail.com
□ブログ:http://blog.livedoor.jp/kyoclinic/
□オフィシャルサイト:http://kyo556.com/
□登録・解除:http://www.mag2.com/m/0001601510.html
==========================================================

このメルマガは現在休刊中です

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む