児童精神科医きょうもぼちぼち

児童精神科医きょうもぼちぼち Vol.58

カテゴリー: 2016年03月24日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆児童精神科医きょうもぼちぼち 2016.3.24 Vol.58◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
きょうです。

診療とゴルフのことばかり考えている毎日です。
きょうクリも移転して一年たちました。

今まで院長をしていた来田先生が六本木で開業して遠隔診療に取り組むことになり、僕は1月から院長に復帰しました。森副院長に加え、4月から村尾先生も常勤となってチーム医療の中核を担ってくれることになったので、「院長」という名前はともかく、だいぶ働きやすくなるなあとホッとしています。
非常勤のドクターも、4月からひとり、7月からひとりと増える予定です。
また、臨床心理士の先生も二名増えます。
ドクターは11名、心理士は14名もの体制になり、その他事務スタッフ、看護師さんも増えるので、院長としてはともかく、理事長としても管理が大変です。
いろいろ考えているのですが、今後は「診療の最前線に立つ」ところから、「クリニック全体をみわたす管理業務」のほうに軸足をもっとおいていく必要性があると痛感しています。
診療をやめるつもりは無いのですが、ちょっといっぱいいっぱいなところがあります。
自分自身「こうするぞ!」という方向性をきちんと立てて動いていかないと、本当に日々の診療に忙殺されたまま日々が過ぎていってしまうので、しっかり方向性を考えて、スタッフや患者さんに「これから僕が目指すもの」を示していきたいと思っています。

具体的には、しばらく止めていた集団療法、マインドフルネス認知行動療法やペアレントトレーニングを復活させたいですね。
あと、倒れる前から企画していた本の執筆を、再開して仕上げるつもりです。

二年前に倒れ、去年はクリニック二つを統合移転して、この二年、本当にめまぐるしく過ぎ去り、それはそれで良かったとは思っているのですが、今になってようやく自分の身体との折り合いや、今後の人生について考えられるようになってきました。

心臓の方はおかげさまで経過良好で、昨年フォローアップカテーテルしたのですが、今年のカテーテルは見送る方向でいけそうです!

あんまり欲張らず、生きてるだけでええか、ってことを日々思っています。
診療の技術も突き詰めると本当にキリが無くて、このあたりも、「あるがままの自分の現在の診療態度」で患者さんに向き合っていくしかないな、って感じています。
どんなにしんどい状態の患者さんでも救える魔法のような技術は、存在しないのですから。

精神科医は神じゃないし、僕は万能の技術を持つつもりも無いし、もちろん神になるつもりも、カリスマになるつもりもありません。
自分は自分でしかないし、どんな自分であっても、自分を褒めて、愛せるようになりたい、それだけ思ってます。

ブログには書けない、今の自分の心境を、メルマガだからこそ綴らせていただきました。
お読みいただきありがとうございます。

ではまた次回、お会いしましょう〜!


==========================================================
いつもこころにぼちぼちを。
□発行者:きょう まさのり
□感想・質問:tokyo556r@gmail.com
□ブログ:http://blog.livedoor.jp/kyoclinic/
□オフィシャルサイト:http://kyo556.com/
□登録・解除:http://www.mag2.com/m/0001601510.html
==========================================================

このメルマガは現在休刊中です

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む